ShopDD

Now Loading

Now Loading

RSS Article

Now Loading

Article

デュアルSIMで4G&3G同時待受可能なMotorolaのMoto Z Playを買ってみた!

moto_z_play_000.png

過去に当ブログでもDualSIMで4G&3Gが同時待ち受け(デュアルスタンバイ)のDSDS端末であるMoto G4 PlusASUS ZenFone3 ZE520KLを紹介しましたが、今回はその2つよりも少し価格が高いMotorolaのMoto Z Playを購入したのでレビューを書きたいと思います。

Moto Z Playを実際に購入したのは11月だったのですが、当時は日本での販売価格は代理店のボッタクリ価格だったため輸入することにしました。イタリアから輸入で購入価格はEUR414,49(1ユーロ118円時購入)で48900円でしたが、インポートデポジットでEUR38,05ほど返金されたので実質約44000円でした。今では日本のAmazonでもだいぶ価格がお安くなっているのでそっちで購入するのが良いでしょう。

デュアルSIMで4G&3G同時待受可能なASUS ZenFone3 ZE520KLを買ってみた!

ZenFone3_ZE520KL_000.png

先日の記事で日本初のDualSIMで4G&3Gが同時待ち受け(デュアルスタンバイ)のDSDS端末であるモトローラ Moto G4 Plusを紹介しましたが、今回はASUSのDSDS端末であるZenFone3 ZE520KLの海外版である台湾版を購入したのでレビューを書きたいと思います。

ZenFone3は私のようにデータ通信は格安SIMで、音声はdocomoのように分けて使っているユーザーが待ちわびていた端末です。購入価格は31800円とMoto G4 Plusより少しお安く、スペック自体もZenFone3国内版とほぼ同一なので少しでも安く買いたい場合は海外版がおすすめです。

デュアルSIMで4G&3G同時待受可能なモトローラ Moto G4 Plusを買ってみた!

moto_G4_plus_001.png

ついに2台持ちユーザー待望の日本初のDualSIMで4G&3Gが同時待ち受け(デュアルスタンバイ)のDSDS端末であるモトローラ Moto G4 Plusを購入しました!Moto G4 Plusがあれば今まで2台持ちをしていた端末を切り替えなどを必要とせずに1台にまとめることができます。

Moto G4 Plusは私のようにデータ通信は格安SIMで、音声はdocomoのように分けて使っているユーザーが待ちわびていた端末です。購入価格は38980円とそこそこお高めではありますが、Moto G4 Plusは日本の技適を取得して販売しているので安心です。

dTVターミナル(dTV 01)を買ってみた!

docomo_dTV_terminal_000.png

先日d-videoがdTVにリニューアルした際に同時発売されたテレビ用Android端末のdTVターミナル(dTV 01)ですが、docomoポイントが余っていたこともあってさっそく注文してみました。購入はドコモオンラインショップで販売価格は6980円で送料は無料でした。

dTVターミナルは、dTVやdアニメストアの約12万作品から、話題の注目作品を自宅のテレビで簡単に視聴することができるAndroid端末です。dTVやdアニメストアの作品を見ること以外にもDLNA機能やYouTube閲覧、Miracastなどの機能を搭載しています。

Nexus端末のデータを残したままでFactory Imageでアップデートする方法!

google_nexus4_51_000.png

先日Nexus4のAndroid 5.1 (LMY47O)のFactory Imageが公開されたので、さっそくアップグレードしてみました。気長にOTAアップデートを待ってもよかったのですが、いつ降って来るかわからないOTAを待つより、せっかくのNexus端末なのですからFactory Imageからアップデートしてみました。

ちなみにですが、普通にFactory Imageを焼くとAndroid端末のユーザデータ領域まで初期化されてしまうので、今回はユーザデータ領域を残したまま、現在の環境を維持しつつAndroid 5.1にアップデートする方法を紹介したいと思います。

ついにSONYからスマホ&タブレットでnasneにアクセスできるtorne mobileが公開!

torne_mobile_000.png

ついにSONYからスマホとタブレット向けにnasneにアクセスできるアプリ「torne mobile」が公開されました。今まではスマホやタブレットなどでnasneにアクセスしてテレビを見るにはTwonky BeemなどのDTCP-IP対応のサードパーティ製のDLNAソフトを使わないと見れませんでしたが、torne mobileにより今まで以上に簡単にtorneを扱うことができるようになります。

torne mobileはAndroid/iOS版の両方が基本無料で提供されます。TVのリアルタイム視聴や録画映像の再生、リモート視聴には別途500円の課金が必要となります。録画予約などの処理には課金は必要なく、無料で行うことができます。

Related article

Most Popular

Now loading...

MENU



Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位50位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。

Amazon

Now Loading...