ShopDD

Now Loading

Now Loading

RSS Article

Now Loading

Article

マイクロソフトへのエラー報告を無効にする方法!Vista編

vista_error_houkoku_006.png

以前にマイクロソフトへのエラー報告を無効にする方法!という記事を書きましたが、今回はそのエラー報告を無効にする方法のVista編です。アプリケーションにエラーが発生して、上画像のような「ソフトウェア名は動作を停止しました」というダイアログが表示されたことは誰しも経験したことがあるだろう。

このエラー報告はMicrosoftやソフト開発元が異常終了した原因を調べて、OSやアプリケーションの品質向上を図るためにある機能ですが、実はこのエラー報告を行う事で秘密情報や個人情報がMicrosoftに漏れてしまう可能性があるのです。

レジストリをデフラグできる「AusLogics Registry Defrag」!

Auslogics_Registry_Defrag_011.png
AusLogics Registry Defrag


前回のハードディスクのデフラグソフトに引き続き今回紹介するのはAusLogics Registry Defragはレジストリを最適化するプログラムです。このソフトは通常のデフラグソフトではデフラグできないレジストリの最適化を行うレジストリ用のデフラグソフトです。Windowsのレジストリをデフラグし、サイズを小さくすることでシステムを最適化し、PCのパフォーマンスを向上させることができます。

※このソフトはレジストリをいじるのでデフラグは自己責任で行ってください。

ハードディスクを高速でデフラグするソフト「Auslogics Disk Defrag」!

AusLogics_Disk_Defrag_008.png
Auslogics Disk Defrag


日々パソコンを使っているうちに自然とハードディスクは断片化していきます。ハードディスクの断片化とは書き込みや削除などの作業を繰り返していると、ディスク内でのファイルの配置が不連続になり、ファイルを分割して2つ以上の空き領域に分けて保存するようになります。このようなファイルの分割保存が増えると、OSの処理量の増大やドライブヘッドの移動量の増大を招き、結果的にコンピュータのパフォーマンスの低下につながります。ハードディスクの断片化を防ぐために定期的にデフラグという作業が必要です。

そこで今回紹介するのはハードディスクを高速で最適化できるデフラグソフト「Auslogics Disk Defrag」です。このAuslogics Disk Defragなら大容量のハードディスクでも高速に最適化することができます。

マイクロソフトへのエラー報告を無効にする方法!

ms_error_001.png

アプリケーションにエラーが発生して、上画像のような「問題が発生したためソフトウェア名を終了します。 ご不便をおかけして申し訳ありません。」というダイアログが表示されたことは誰しも経験したことがあると思う。このエラー報告はMicrosoftやソフト開発元が異常終了した原因を調べて、OSやアプリケーションの品質向上を図るためにある機能です。実はこのエラー報告を行う事で秘密情報や個人情報がMicrosoftに漏れてしまう可能性があるのです。

Microsoft エラー報告サービスのプライバシーに関する声明
場合によっては、報告に個人情報が含まれてしまうことがあります。たとえば、報告にメモリのスナップショットが含まれる場合、お客様のお名前や、作業中のドキュメントの一部、Web サイトに最近送信されたデータなどが含まれてしまう場合があります。エラー報告に個人情報や機密情報が含まれている可能性がある場合は、エラー報告を送信しないでください。

「Microsoft エラー報告サービスのプライバシーに関する声明」を見るとこのように書いてあり、マイクロソフトも注意を喚起するような発言をしている。ワードなどの作業中で問題が発生しエラー報告してしまった場合はその中身も一緒に送信されてしまう。これはかなり危険な事だと思う。そもそもエラー報告なんてするメリットはユーザー側にはあまりないし、更にリスクの生じる行動となれば、なおさら一部のボランティア精神旺盛な方に任せておくのが賢明だろう。無くてもいいんなら最初から選択肢を無くしてしまえば、誤って情報を送信する事はなくなる。そこで今回はエラー報告をしなくていいようにする方法を紹介したいと思います。

XYZStartupでパソコンの起動を高速化しよう!!!

XYZStartup_002.png
XYZ


Windowsの起動時にスタートアップに登録されているソフトウェアは全て起動してしまいします。この時、複数のソフトウェアをスタートアップに登録あると全てが同時起動していまい、結果的にCPUに過度の負担を掛けて起動が完了するまで時間が掛かってしまう訳です。そこで今回紹介する「XYZStartup」を使うことで、起動させるソフトの優先度やCPU割り当てを行い、起動を高速化することができます。

XYZStartupのダウンロード

XYZStartup_001.png
使い方はいたって簡単で、XYZStartupにPC起動時に起動したいソフトウェアをD&Dして右側にある設定を変えるだけです。操作方法についてはかなりシンプルですが、詳細な設定を施すことが可能です。使用方法についてはXYZStartupのダウンロードサイトで詳しく説明してありますので、詳細はそちらをご覧ください。

スタートアップを大量に設定している方にはかなりオススメです。起動を早くしたい人はぜひ使ってみては?

拡張子が未登録のファイルを高速で開く方法!!!

winxp_urawaza_001.png

登録されていない拡張子のファイルを開こうとした時、「このファイルを開けません」と表示されたことはないだろうか?

この時、ダイアログが表示され「Webサービスを使用して適切なプログラムを探す」か「一覧からプログラムを選択する」かを選択しなければならない。やったことがある人は分ると思うが、前者を選ぶことは愚の骨頂とも言えるほど使えないし、役にも立たないから選ぶわけがない。できることならこの無駄な選択は省略したい。

そこで今回は、この選択画面を省略して常に後者を選んだ状態にしてみましょう。
※今回の方法はレジストリをいじるため、念のためにバックアップを取ってから行ってください。

Related article

Most Popular

Now loading...

MENU



Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位50位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。

Amazon

Now Loading...