ShopDD

Now Loading

Now Loading

RSS Article

Now Loading

Article

地デジチューナー「KEIAN KTV-FSUSB2」をICカードリーダー化する方法!

Keian_KTV-FSUSB2_061.png

先日記事を書いた3000円台で買えてTS抜きできる地デジチューナーの「KEIAN KTV-FSUSB2」ですが、この地デジチューナーを今現在ものすごく品薄なICカードリーダー化する方法が某巨大掲示板で公開された模様です!これでICカードリーダーが手に入らなかった人も新しい選択肢としてKTV-FSUSB2を選べます。

ちなみに今は空前のe-taxブームのせいかAmazonでもヤフオクでもICカードリーダーが1万円を超えて取引されているらしいです。それに引き換え「KEIAN KTV-FSUSB2」は4000円前後で購入可能でえすからね。KEIAN KTV-FSUSB2を使えば地デジも見れて、TS抜きもできて、ICカードリーダー化も可能とかコストパフォーマンス高すぎですね!

デスクトップの上下左右でマウスカーソルを循環できるソフト「カベナシ」!

kabenashi_000.png

デュアルディスプレイやトリプルディスプレイなどのマルチモニター環境の場合、ただ単に右から左に移動するだけでもマウスカーソルの移動距離が長く操作が大変になります。そんな時にモニターの両端でマウスカーソルを移動できたら移動距離が激減しマウス操作が素早く行えるようになります。

そこで今回紹介するのは、デスクトップの上下左右でマウスカーソルを循環できるソフト「カベナシ」です。このソフトは名前の通り、モニターの壁をなくすことが可能で、マウスカーソルが画面の端に移動したとき反対側にワープさせることができる「カーソルワープソフト」です。

「KEIAN KTV-FSUSB2」で地デジをTS抜きする方法!

Keian_KTV-FSUSB2_108.png

今回紹介するのは、前回レビューを書いた3000円台で買えるUSB地デジチューナー「KEIAN KTV-FSUSB2」による地デジのTS抜きの方法です。ちなみにPC接続型の地デジチューナーとしては最安の部類に入る激安で販売されている地デジチューナーですがTS抜きが可能なんです。

そんな訳で、価格は安いのにTS抜きも可能ということで一部の人に人気の地デジチューナーです。ちなみに、このKEIAN KTV-FSUSB2のTS抜きははハードを改造することが前提ですが、改造と呼べるほど大層なことはなく、基板の一箇所を破壊するだけなので知識のない人でも簡単にできます。

3000円台で買えるUSB地デジチューナー「KEIAN KTV-FSUSB2」を買ってみた!

Keian_KTV-FSUSB2_100.png

今回紹介するのは、3000円台で買えるUSB地デジチューナー「KEIAN KTV-FSUSB2」です。PC接続型の地デジチューナーとしては最安の部類に入る激安地デジチューナーであり、ハードを改造することでTS抜きも可能となるということで購入してみました。

購入した価格は3,940円で送料は無料でした。だいぶ前になりますが、KEIAN KTV-FSUSB2でTS抜きが可能という情報が出始めた時期に私も一台購入を考えていたのですが、泡つきで改造が非常に面倒という話だったので敬遠していましたが、現在ではその泡がついていないようです。

一部のB-CASカードで無料視聴期間を2038年までにする方法が発見されたらしい!

B-CAS_T422CA23_T415CA25_001.png

某巨大掲示板にて、一部の青・赤いずれかのB-CASカードを用いてBS放送やCS放送の無料視聴期間を2038年までにする方法が発見されたということで非常に盛りあがっているらしい。それに伴い、AmazonのICカードリーダーの売り上げも一気に上がっているのだとか・・・。

この方法は通常1週間のBS・CS放送の無料視聴期間を2038年までに変更することで、有料放送がずっと無料視聴できるというもの。無料視聴期間を延長させたものなので、地デジ難視聴対策用BS放送は閲覧できませんし、一般的なテレビでは加入勧誘のテロップが表示されます。

無料のオフィスソフト「Kingsoft Office Suite Free」の日本語化&リボンUI化!

kingsoft_office_suite_free_2012_002.png

前回の記事で紹介した無料で使えてMicrosoft Officeとの互換性が高いオフィスソフトの「Kingsoft Office Suite Free」ですが、無料で使えるのは英語版と中国語版だけなので、今回はKingsoft Office Suite Freeの日本語化とリボンユーザーフェイス(リボンUI)化を行いたいと思います。

この方法でできるのは、無料版の「Kingsoft Office Suite Free」の日本語化とリボンユーザーフェイス(リボンUI)化だけで、有料版とは使える機能が異なりマクロを使うことはできません。マクロを使いたい人はVBA対応のKingsoft Office有料版を購入しましょう。

無料で使えて互換性が高いオフィスソフト「Kingsoft Office Suite Free」がすごい!

kingsoft_office_suite_free_2012_001.png

オフィスソフトといえばMicrosoft Officeが定番となっていますが、その販売価格が30,000円近くと値段が高いのがネックです。少し使いたい程度の人には、わざわざ高いお金を出すのは抵抗があるかもしれません。しかし、もし無料で使えてMicrosoft Officeとの高い互換性を持つオフィスソフトがあったらどうでしょうか?

そこで今回紹介するのは、無料で使えてMicrosoft Officeとの互換性が非常に高いKingsoft Office Suite Freeです。Kingsoft Officeと言えば、日本では有料で販売されているものを思い浮かべるかもしれませんが、英語版では無料で使えるものが公開されています。もちろん使用期限はありません。

海外のAmazonでSonyのBluetoothワイヤレスヘッドセット「MW600」を激安購入!

Sony_MW600_019.jpg

今回も以前の記事で書いた海外のAmazonを有効活用して安く買い物をしよう!を使って、実際に購入してみたものを紹介したいと思います。今回は日本でも売っていて、かつ日本よりはるかに安い商品を探していたらSony EricssonのBluetoothワイヤレスヘッドセット MW600が売っていたので買ってみました。

今回購入したのは、Amazon.esで表示価格は28ユーロでしたが、VATが引かれて購入価格は23.78ユーロでした。日本円で2500円ちょっとです。日本では6500~9800円ほどで販売されているので、軽く3つ買えるお値段と非常にリーズナブルです。もちろんこれだけでなく、他の商品も合わせていろいろ購入していますが、送料は一律20ユーロでした。

海外限定モデルのSony Walkman NWZ-B163Bを買ってみた!

Sony_Walkman_NWZ-B163B_001.jpg

今回は昨日の記事で書いた海外のAmazonを有効活用して安く買い物をしよう!を使って、実際に購入してみたものを紹介したいと思います。普通に日本に売ってるものだとあんまり面白くないと思ったので、日本未発売モデルのSony Walkman NWZ-B163Bを買ってみました。

今回購入したのは、Amazon.esで表示価格は35ユーロでしたが、VATが引かれて購入価格は29.71ユーロでした。日本円で3000円ちょっとでSonyのプレーヤーが買えると考えれば非常に安いですね。もちろんこれだけでなく、他の商品も合わせていろいろ購入していますが、送料は一律20ユーロでした。

Related article

Most Popular

Now loading...

MENU



Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位50位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。

Amazon

Now Loading...