1. Home
  2. ガジェット
  3. 周辺機器
  4. 海外のAmazonでSonyのBluetoothワイヤレスヘッドセット「MW600」を激安購入!
AmazonAmazon クレジットカードAmazon DashAmazon PrimeAmazon.co.jpAmazon
無料で使える軽量なコードエディタの「Visual Studio Code(VS Code)」を使ってみよう!

無料で使える軽量なコードエディタの「Visual Studio Code(VS Code)」を使ってみよう!

今回紹介するのはMicrosoftが無償で提供しているソースコードエディタであるVisual Studio Code(VS Code)です。私は個人的にプログラムを書く際には、エディタのこだわりは...

マイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa」を買ったみた!

マイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa」を買ったみた!

今回紹介するのは株式会社TKS 田中金属製作所が制作したマイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa(ボリーナ ニンファ)」TK-7100-SLです。マイクロナノバブルと...

NetaGearで無限スクロール対応とカテゴリー追加などのアップデートを行いました!

NetaGearで無限スクロール対応とカテゴリー追加などのアップデートを行いました!

今年の2月にデザインや機能において大幅なアップデートを行ってから順調に利用者が増えているNetaGearですが、今回無限スクロールに対応して今までよりも見やすくなりまし...

adbコマンドを使ってPCからAndroidのスクリーンショットを取る方法!

adbコマンドを使ってPCからAndroidのスクリーンショットを取る方法!

今回はAndroidでadb接続からスクリーンショットを取る方法を紹介したいと思います。通常のAndroidのスマホやタブレットでは電源ボタンと音量ボタンの長押しで簡単にスクリ...

タブレットやスマホを自由に配置できるタブレットアームを買ってみた!

タブレットやスマホを自由に配置できるタブレットアームを買ってみた!

今回はタブレットをいろいろな場所に自由に配置することができるタブレットアームを購入したので紹介したいと思います。先日の記事のタブレットをPCのサブディスプレイ化で...

BSデジタル放送のトランスポンダ移動によるTVTestの設定変更方法!

BSデジタル放送のトランスポンダ移動によるTVTestの設定変更方法!

久しぶりにPCのTVTestを使ってBSでも見ようと思ったら、なぜかBSジャパンが映らないということに気がつきました。その原因を調べたらBSデジタル放送のトランスポンダ移動に...

dTVターミナルにAbemaTVやプライムビデオなどのアプリをインストールする方法!

dTVターミナルにAbemaTVやプライムビデオなどのアプリをインストールする方法!

dTVターミナル(dTV 01)はテレビで見るためのNTTドコモから発売されているデバイスですが、通常は他のアプリをインストールしたり、カスタマイズしたりはできない仕様になっ...

Android端末をWi-Fi経由でadb接続する方法!

Android端末をWi-Fi経由でadb接続する方法!

Android端末をコマンドライン上から色々な操作を行うことができるadbコマンドですが、通常adb接続する際にはパソコンとAndroid端末をUSBで接続したまま行うと思いますが、...

PCでスマホアプリが動くAndroidエミュレーター「NoxPlayer」がすごい!

PCでスマホアプリが動くAndroidエミュレーター「NoxPlayer」がすごい!

今回はパソコン上でスマホゲームやアプリを動かすことが出来るAndroidエミュレーターのNoxPlayerを紹介したいと思います。WindwosとMacバージョンがあり、どちらのOSでも簡...

1000円で買ったStar 4 Fitness Trackerスマートブレスレットが微妙だった話!

1000円で買ったStar 4 Fitness Trackerスマートブレスレットが微妙だった話!

先日レビューを書いた超激安のスマートブレスレットi5 Plusを買って以来、スマートブレスレットにハマっています。新たに激安の送料込み1000円以下で販売されていたStar 4 ...

NetaGear RSS News

Now Loading

Article

海外のAmazonでSonyのBluetoothワイヤレスヘッドセット「MW600」を激安購入!

Sony_MW600_019.jpg

今回も以前の記事で書いた海外のAmazonを有効活用して安く買い物をしよう!を使って、実際に購入してみたものを紹介したいと思います。今回は日本でも売っていて、かつ日本よりはるかに安い商品を探していたらSony EricssonのBluetoothワイヤレスヘッドセット MW600が売っていたので買ってみました。

今回購入したのは、Amazon.esで表示価格は28ユーロでしたが、VATが引かれて購入価格は23.78ユーロでした。日本円で2500円ちょっとです。日本では6500~9800円ほどで販売されているので、軽く3つ買えるお値段と非常にリーズナブルです。もちろんこれだけでなく、他の商品も合わせていろいろ購入していますが、送料は一律20ユーロでした。
海外のAmazonを使って格安で購入したものとしては以下の記事もあります。興味のある方はこちらの記事の方もぜひご覧ください。

海外限定モデルのSony Walkman NWZ-B163Bを買ってみた!

Bluetoothヘッドセット Sony Ericsson MW600のレビュー


Sony_MW600_000.png

■通話/ラジオ:約11時間、連続待ち受け:約500時間、音楽:約8.5時間
■ 着信電話番号、電池残量、FMラジオ周波数や日本語楽曲タイトル*2などを表示する有機ELディスプレイ付き
■ 3台までの機器が登録可能なマルチペアリング対応
■ 通話時:ノイズリダクション機能、エコーキャンセル機能
■ microUSB充電端子

仕様


電源: 入力 AC100-240V 100mA / 出力DC 4.9V 450mA
質量: 約13g(ヘッドホンは含まず)
内蔵電池: リチウムイオン電池
マイク部: 全指向性エレクトレットコンデンサー型
対応コンテンツ保護: SCMS-T
ヘッドホン部: φ9.2mmダイナミック型 / 周波数帯域10-22,000Hz
Bluetooth標準規格: Ver.2.1 EDR 2Mbps対応(最大通信距離:約10m*1)
Bluetoothプロファイル: A2DP、AVRCP、HSP、HFP



Sony_MW600_002.jpg
箱は海外仕様なので日本語は一切書かれていません。

Sony_MW600_003.jpg
なんか海外っぽいデザインです。

箱の中身


Sony_MW600_004.jpg
箱の中身は以下の通りです。

・本体
・インナーイヤーヘッドホン
・イヤーピース(S/M/L 3サイズ各2)
・AC充電器
・ユーザーガイド
・取扱説明書
・保証書

Sony_MW600_005.jpg
説明書については、日本語で書かれていないのですが、英語ならなんとか読めます。ちなみに日本で売っている製品なので説明書を探したらありました。こういう点は日本でも販売されているといいですね。

http://www.sonymobile.co.jp/support/use_support/manual/index.html

Sony_MW600_006.jpg
海外仕様なのでコンセントがつかえませんが、microUSB端子なのでパソコンから充電できます。

本体


Sony_MW600_007.jpg
本体は結構小型です。しかも軽いので、持ち運びには最適のサイズです。

Sony_MW600_008.jpg
横にはプレーヤーの操作ボタンが付いています。ここで再生の停止や曲を飛ばすことができます。

Sony_MW600_010.jpg
本体上部にはイヤホン端子があります。

Sony_MW600_011.jpg
下には電源ボタンとmicroUSB端子があります。本体の充電にはmicroUSBを用います。

Sony_MW600_012.jpg
後ろにはクリップが付いており、服に取り付けてつかうことができます。

Sony_MW600_013.jpg
海外でこういった無線機器を購入した場合、日本の技適マークが付いていない場合があるのですが、そこはさすがSonyです。ちゃんと付いています。

ちなみに「技適マーク」は、特定無線設備の技術基準適合証明等のマークの通称です。一部の無線機を除いて、技適マークが付いていない無線機を日本国内で使用すると、電波法違反になるので、海外から輸入した無線機器を使用するには注意が必要です。

ちなみに外国人旅行者が技適マークが付いていない海外のスマートフォンを日本で利用すると違法になるのかと言うとそうはならない。3G接続による国際ローミングでは、これは違法ではないそうだ。

イヤホン


Sony_MW600_015.jpg
イヤホンはものすごくコードが短い。もうちょっと長くてもいいんじゃないかと思う。

Sony_MW600_016.jpg
海外限定モデルのSony Walkman NWZ-B163Bのときと違って、今回は金メッキ仕様です。

Sony_MW600_017.jpg
今回のイヤホンの性能は、まあまあといった感じ。まあヘッドセットのおまけ程度のイヤホンなのでそこまで期待してないが、こだわりのない人には全然問題ない。ただし、正直音が良いとは言い難い。騒音が多い街中や電車内では気にならないレベルかもしれないが、静かなところで再生するとやっぱり物足りなさがある。

本体については、Bluetoothでの無線でこのレベルの音が出るなら十分だと思う。以前に購入したBluetoothのものに比べれば何倍も高音質であるのは間違いない。イヤホンをいいものに変えれば十分実用レベルである。それ以上を求めるなら最初から有線を使えばいい。

今回の個人的感想




今回購入したSony Ericsson MW600ですが、個人的には満足しています。この商品は無線で高音質ということを売りにしているので、Bluetooth=音が悪いという今までの印象がだいぶ改善されています。以前購入したBluetoothのはかなり音が悪かったのですが、これはかなり使えるレベルだと思います。

MW600のお勧めポイントとしてはマルチペアリングができることです。この本体ひとつで3つの機器とペアリングできるため、切り替えるだけですぐに音楽を再生できます。それ以外にもヘッドセットとしてマイクを搭載しているので、通話ボタンを押すだけで電話に出れてハンドフリーで通話ができます。スマートフォンで活用している人には良い機能ですね。

それ以外にFMラジオが再生できるのですが、今回購入したのは海外使用ということでFMラジオは周波数帯が違っていて使えませんでした。そこを除けば、2500円でこの性能なので、かなり良い買い物をしたと思います。家族用にもういくつか買おうかと考えてます。

ちなみに一つだけ購入するなら【輸入版】SONY ソニーエリクソン MW600/Bが4100円で売っているので、海外だと送料が高くつくのが嫌だという人はこっちを購入するのもありだと思います。

おススメ:★★★★★
 値段 :★★★★★
 性能 :★★★★

おススメなので興味のある人はぜひ購入してみてはいかがでしょうか?
Sony EricssonのBluetoothワイヤレスヘッドセット MW600をAmazon.esで購入する。

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

海外版だと日本語の曲名表示ができないんですよねー

9905

Most Popular

Now loading...

Social Links

Sponsored Link

MENU

NetaGear

Pure Css Design

Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位50位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。

Amazon

Now Loading...