1. Home
  2. 未分類
  3. 日立の2段ブーストサイクロン掃除機 CV-SU7000を買ってみた!
AmazonAmazon クレジットカードAmazon DashAmazon PrimeAmazon.co.jpAmazon
無料で使える軽量なコードエディタの「Visual Studio Code(VS Code)」を使ってみよう!

無料で使える軽量なコードエディタの「Visual Studio Code(VS Code)」を使ってみよう!

今回紹介するのはMicrosoftが無償で提供しているソースコードエディタであるVisual Studio Code(VS Code)です。私は個人的にプログラムを書く際には、エディタのこだわりは...

マイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa」を買ったみた!

マイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa」を買ったみた!

今回紹介するのは株式会社TKS 田中金属製作所が制作したマイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa(ボリーナ ニンファ)」TK-7100-SLです。マイクロナノバブルと...

NetaGearで無限スクロール対応とカテゴリー追加などのアップデートを行いました!

NetaGearで無限スクロール対応とカテゴリー追加などのアップデートを行いました!

今年の2月にデザインや機能において大幅なアップデートを行ってから順調に利用者が増えているNetaGearですが、今回無限スクロールに対応して今までよりも見やすくなりまし...

adbコマンドを使ってPCからAndroidのスクリーンショットを取る方法!

adbコマンドを使ってPCからAndroidのスクリーンショットを取る方法!

今回はAndroidでadb接続からスクリーンショットを取る方法を紹介したいと思います。通常のAndroidのスマホやタブレットでは電源ボタンと音量ボタンの長押しで簡単にスクリ...

タブレットやスマホを自由に配置できるタブレットアームを買ってみた!

タブレットやスマホを自由に配置できるタブレットアームを買ってみた!

今回はタブレットをいろいろな場所に自由に配置することができるタブレットアームを購入したので紹介したいと思います。先日の記事のタブレットをPCのサブディスプレイ化で...

BSデジタル放送のトランスポンダ移動によるTVTestの設定変更方法!

BSデジタル放送のトランスポンダ移動によるTVTestの設定変更方法!

久しぶりにPCのTVTestを使ってBSでも見ようと思ったら、なぜかBSジャパンが映らないということに気がつきました。その原因を調べたらBSデジタル放送のトランスポンダ移動に...

dTVターミナルにAbemaTVやプライムビデオなどのアプリをインストールする方法!

dTVターミナルにAbemaTVやプライムビデオなどのアプリをインストールする方法!

dTVターミナル(dTV 01)はテレビで見るためのNTTドコモから発売されているデバイスですが、通常は他のアプリをインストールしたり、カスタマイズしたりはできない仕様になっ...

Android端末をWi-Fi経由でadb接続する方法!

Android端末をWi-Fi経由でadb接続する方法!

Android端末をコマンドライン上から色々な操作を行うことができるadbコマンドですが、通常adb接続する際にはパソコンとAndroid端末をUSBで接続したまま行うと思いますが、...

PCでスマホアプリが動くAndroidエミュレーター「NoxPlayer」がすごい!

PCでスマホアプリが動くAndroidエミュレーター「NoxPlayer」がすごい!

今回はパソコン上でスマホゲームやアプリを動かすことが出来るAndroidエミュレーターのNoxPlayerを紹介したいと思います。WindwosとMacバージョンがあり、どちらのOSでも簡...

1000円で買ったStar 4 Fitness Trackerスマートブレスレットが微妙だった話!

1000円で買ったStar 4 Fitness Trackerスマートブレスレットが微妙だった話!

先日レビューを書いた超激安のスマートブレスレットi5 Plusを買って以来、スマートブレスレットにハマっています。新たに激安の送料込み1000円以下で販売されていたStar 4 ...

NetaGear RSS News

Now Loading

Article

日立の2段ブーストサイクロン掃除機 CV-SU7000を買ってみた!

HITACHI_CV-SU7000_000.png

今回紹介するのは、日立 2段ブーストサイクロンクリーナー CV-SU7000という掃除機です。このサイトでは生活家電などはあまり紹介したことがないのですが、今回のCV-SU7000は個人的におすすめだったので紹介したいと思います。

事の発端は先日掃除をしていたらいきなり使っていた掃除機「National MC-S6J」から焦げたような異臭がしてきたため、これ以上の使用は火事になるのではないかと思い、新しい掃除機を購入しました。発売当初は7万円近くしたようですが、発売されて10ヶ月近く経っていたためか購入した現在では35,000円前後まで下がっていました。
まず前もって書いておきますが、私は掃除機に造詣が深いわけでもないですし、掃除機の専門家でもないので、ここに書かれているのはあくまで個人的主観に基づいて書かれているため、実際は異なる点もあるかもしれません。その点をご了承ください。

仕様


HITACHI_CV-SU7000_010.jpg

パイプ&ヘッド軽量化お掃除ラクラク、軽量化したパイプとヘッドカーボンライトにより操作性が向上したカーボンヘッド。
強力パワー460wなのにやさしい運転音53dB
きれいな排気 捕集率99.999%

サイズ:31.3×40.5×26.8cm
本体重量:6.8kg
材質:ABS樹脂
原産国:日本
集塵方式:サイクロン式
ノズルタイプ:パワーブラシ
吸込仕事率:460~50W
消費電力:1000~約200W
運転音:53~48dB
集塵容積:0.4L
電源コード長さ:5m

付属品:ワイド曲が-るロング吸口、クルッとブラシ、サッとハンドル、お手入れブラシ、すき間用吸口、すき間用吸口ホルダー、ホースリング、アタッチメント、ティッシュペーパー(ダストケース装着)1枚


ヘッドを前後に素早く動かせば、操作力を感知して自動でパワーアップ。



日立の2段ブーストサイクロン掃除機 CV-SU7000のレビュー


HITACHI_CV-SU7000_001.jpg
今回購入したのはレッドで少し派手ですが、なかなかかっこいいです。大きさ自体は以前のものより少し大きい印象を受けました。

HITACHI_CV-SU7000_002.jpg
吸い込んだゴミが見れるようにクリア構造になっています。ちなみにここは2段ブーストサイクロンという日立独自の遠心分離構造を用いています。これによりゴミを分離することで吸引力が長持ちするようになっています。また2段目ブーストでゴミを圧縮します。

HITACHI_CV-SU7000_003.jpg
このようにゴミ捨てを楽々行えるようにティッシュペーパーを挟んで使うことが推奨されています。ちなみにこの部分は丸ごと水洗いが可能なため、フィルターを清潔に保つことができます。

HITACHI_CV-SU7000_011.png
このティッシュペーパーを使えば、立体フィルターなどに付着するごみを軽減して目詰まりを抑えるのでお手入れがより簡単にできます。しかも、ごみ捨て時のごみの舞い上がりも抑えられます。ティッシュペーパーを使用した場合、吸込仕事率は約5W下がります。

※ただし、安物の薄いティッシュを用いると使っている最中に破れる事がありました。そこそこ値段のする品質のよいティッシュでは破けたことがないので、この掃除機で使うなら良いティッシュを買いましょう。そんなこんなで我が家では人が使うものよりも掃除機が使うティッシュが一番高級という・・・。

HITACHI_CV-SU7000_004.jpg
分散上方廃棄を用いているので、床のホコリやチリを舞い上げないようになっています。また、高集塵フィルターを用いているので捕集率99.999%を誇り、吸い込んだゴミを逃がしません。

HITACHI_CV-SU7000_005.jpg
手元のボタンはシンプルにパワーブラシのオン/オフ、強/中/弱、ECOボタンと切ボタンになっています。

HITACHI_CV-SU7000_006.jpg
パワーヘッドブラシは非常に軽量に設計されていますが、自走式のブラシのためより軽く掃除機を操作することができます。感覚としてはほとんど何もしなくても前に進んでいきます。

ECOモードではこのヘッドを動かすと吸引力が自動的に上がるようになっています。これにより必要なときに吸引力を挙げて消費電力を低くする設計がなされています。

HITACHI_CV-SU7000_007.jpg
ヘッドは90度回転します。丸い部分はパワーモニターとして動作し、運転状況や回転力を緑から赤に変化することで強弱を視覚的に伝えます。

HITACHI_CV-SU7000_008.jpg
ヘッドを外すと、中からブラシが出てきます。

HITACHI_CV-SU7000_009.jpg
収納時はコンパクトにまとめて立てておくことができます。


今回の個人的感想




今回の記事は今までとは違う方向の記事でした。そもそも家電というものはそうそう買い換えるものではないので、私もそれほど知識があるわけではありませんが、5,6年前に購入したナショナルのMC-S6Jに比べると、掃除機も相当進化しているように思います。

ここ数年はエコブームということでかなり消費電力を低くするための工夫がなされています。自動調節機能以外にも、アイドリングストップ機能などもついており、省エネに配慮していることがよくわかります。こういう機能で多少なりとも電気代が安くなるのはうれしいことです。

その他にも以前の掃除機と比べて音に関しては雲泥の差と言える位に違いました。特にecoモードではものすごく静音です。強で使っても音は最大53dbと掃除機の中では低いほうですしね。ちなみに空気清浄機なんかは強で動かすと50dbくらいの騒音がでるのですが、まあ大体それより少し大きいくらいと考えてもらえれば比較的イメージしやすいのではないでしょうか。

ただし、こいつの欠点は吸い込む際の音自体は小さいのにフィルターのゴミを落とすためにスイッチを切るたびにマシンガンのように「ガガガガガ・・・」という音が鳴るところです。せっかく本体の吸引音が小さいのに、ガガガガガという音のほうがうるさいという由々しき事態。CV-SU7000はこれを電動でやるのに対し、下位機種のCV-SU5000はコンセントの巻き取りを利用して行うらしい。この音が気になるなら下位機種のCV-SU5000の方が安いしいいかもしれないですね。

不満な点はそこくらいで、それ以外のところは満足しています。以前よりも移動がスムーズになっているのはもちろんのこと、ゴミがよく取れている気がしますし、なにより音が小さいのがうれしいです。ゴミ捨ても簡単ですし、新しい掃除機を検討している方はぜひCV-SU7000を買ってみてはいかがでしょうか?

おススメ:★★★★★
 値段 :★★★
 性能 :★★★★

→HITACHI サイクロン式クリーナー CV-SU7000-Rで購入する。

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

Most Popular

Now loading...

Social Links

Sponsored Link

MENU

NetaGear

Pure Css Design

Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位50位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。

Amazon

Now Loading...