1. Home
  2. コンピュータ
  3. PC周辺機器
  4. 噂のWacomのペンタブ付き雑誌「デアゴスティーニ マイPCアート」を入手しました!
AmazonAmazon クレジットカードAmazon DashAmazon PrimeAmazon.co.jpAmazon
無料で使えるVRoid Studioでオリジナル3Dキャラクターを作ろう!

無料で使えるVRoid Studioでオリジナル3Dキャラクターを作ろう!

今回はWindows・Macどちらでも使える無料で使える3DキャラメイカーのVRoid Studioを紹介したいと思います。3D制作の知識がなくても誰でも簡単に自分だけのオリジナル3Dのキ...

360度角度調整可能なKeynice USB扇風機クリップ型を買ってみた!

360度角度調整可能なKeynice USB扇風機クリップ型を買ってみた!

今回紹介するのは縦横360°回転&細かな角度調節が可能なKeynice クリップ型USB扇風機です。USB電源で動作する小型な扇風機で、クリップを使うことでどこでも挟んで使えるほ...

WindowsにKerasとTensorFlow(GPU)をインストールして機械学習の環境を作ろう!

WindowsにKerasとTensorFlow(GPU)をインストールして機械学習の環境を作ろう!

ここ最近は機械学習にはまっていて、前々から気になっていたTensorFlowを試してみたいと思い、実際にWindowsにインストールしてみたので、その導入手順を紹介したいと思い...

スマホ用のBluetoothカメラリモコンが送料込み67円だったので買ってみた!

スマホ用のBluetoothカメラリモコンが送料込み67円だったので買ってみた!

今回紹介するのはスマートフォン用のBluetoothワイヤレスカメラリモコンです。Amazonで衝撃的な安さで販売されていたので試しに購入してみました。このBluetoothリモコンを...

Amazonのお急ぎ便で配送予定日に届かずカスタマーサービスに伝えたらクーポンがもらえた話!

Amazonのお急ぎ便で配送予定日に届かずカスタマーサービスに伝えたらクーポンがもらえた話!

先日アマゾンプライムデーセールが行われていた影響か、アマゾンでの荷物の出荷数が通常よりもかなり増えてクロネコヤマトの配送に遅延が発生しているようです。そんなわけ...

無料で使える軽量なコードエディタの「Visual Studio Code(VS Code)」を使ってみよう!

無料で使える軽量なコードエディタの「Visual Studio Code(VS Code)」を使ってみよう!

今回紹介するのはMicrosoftが無償で提供しているソースコードエディタであるVisual Studio Code(VS Code)です。VS CodeはWindows/Mac/Linuxの全てで動作します。私は個人的...

マイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa」を買ったみた!

マイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa」を買ったみた!

今回紹介するのは株式会社TKS 田中金属製作所が制作したマイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa(ボリーナ ニンファ)」TK-7100-SLです。マイクロナノバブルと...

NetaGearで無限スクロール対応とカテゴリー追加などのアップデートを行いました!

NetaGearで無限スクロール対応とカテゴリー追加などのアップデートを行いました!

今年の2月にデザインや機能において大幅なアップデートを行ってから順調に利用者が増えているNetaGearですが、今回無限スクロールに対応して今までよりも見やすくなりまし...

adbコマンドを使ってPCからAndroidのスクリーンショットを取る方法!

adbコマンドを使ってPCからAndroidのスクリーンショットを取る方法!

今回はAndroidでadb接続からスクリーンショットを取る方法を紹介したいと思います。通常のAndroidのスマホやタブレットでは電源ボタンと音量ボタンの長押しで簡単にスクリ...

タブレットやスマホを自由に配置できるタブレットアームを買ってみた!

タブレットやスマホを自由に配置できるタブレットアームを買ってみた!

今回はタブレットをいろいろな場所に自由に配置することができるタブレットアームを購入したので紹介したいと思います。先日の記事のタブレットをPCのサブディスプレイ化で...

NetaGear RSS News

Now Loading

Article

噂のWacomのペンタブ付き雑誌「デアゴスティーニ マイPCアート」を入手しました!

DeAGOSTINI_my_PC_Art_000.png

少し前のことになりますが、デアゴスティーニからWacomのペンタブレットBambooが付く雑誌が発売されたという噂がありました。しかし、デアゴスティーニ公式サイトはおろか、どこのサイトを見ても詳細な情報が載っておらず、最初はデマかと思ったのですが、よく調べてみるとデアゴスティーニ「マイPCアート」という雑誌が新潟でのみ先行発売されていることが判明しました!

このデアゴスティーニ「マイPCアート」は、創刊号はペインター12が付いて490円、2号にはペンタブBambooのドライバ、 3・4号の合併号にはなんとワコムのペンタブレットBambooが付いて2380円というんだからこれはもう買うしかない!しかし、わざわざ新潟に買いに行くのは無理なので、夏休みで新潟に帰省するという友人に頼み込んで「マイPCアート」3・4合併号を入手することに成功しました!
ちなみにですが、なぜデアゴスティーニはこのように新潟先行発売を行っているかというと、どうやらデアゴスティーニはマーケティング調査の一環で雑誌の売れ行きを予測するために新潟で先行発売という形でテストを行い、その結果によって全国発売するかどうかを見極めるという手法をとっている様です。局所的にテストして、売れなければ全国展開せずにリスクを回避するというのは、デアゴスティーニの販売方法はかなり賢いですね。

DeAGOSTINI_my_PC_Art_001.png

このデアゴスティーニ「マイPCアート」新潟先行発売ではありますが、一部ネットでも入手が可能だったようです。その一例ですが、「デアゴスティーニ マイPCアート」とセブンネットのネット通販で検索をかけると マイPCアート新潟版という表示がでてきます。現在では「品切れ」とでていますがただの噂ではなくしっかり販売されていたことが分かります。

デアゴスティーニ「マイPCアート」のレビュー!


DeAGOSTINI_my_PC_Art_004.jpg
今回購入したのはWacomのペンタブが付いているマイPCアート新潟版 2012年8月14日号(3,4号合本)です。

DeAGOSTINI_my_PC_Art_005.jpg
特別価格2380円です!

DeAGOSTINI_my_PC_Art_006.jpg
特別付録ペンタブレット(ワコム製)としっかりかかれています。

DeAGOSTINI_my_PC_Art_010.jpg
裏側にはペンタブの紹介が書かれています。

DeAGOSTINI_my_PC_Art_007.jpg
ちなみに本の厚さですが、付録が厚すぎて本はものすごく薄く感じます。

DeAGOSTINI_my_PC_Art_008.jpg
本の中身についてですが、結構細かく説明が書かれています。ただ、ものすごく本の厚さが薄い。3,4合本のくせに24ページしかない・・・。

DeAGOSTINI_my_PC_Art_009.jpg
本題のペンタブです。

DeAGOSTINI_my_PC_Art_011.jpg
開けてみるとすぐにペンタブ本体が入ってました。

DeAGOSTINI_my_PC_Art_012.jpg
矛の中身はペンタブ本体、3,4号のCD、ペンだけでした。付属品等は入っていないようですね。

DeAGOSTINI_my_PC_Art_014.jpg
ペンタブはBambooの最小サイズということでかなり小さいです。

DeAGOSTINI_my_PC_Art_015.jpg
黒ベースなので見た目はかなりかっこいいです。

DeAGOSTINI_my_PC_Art_016.jpg
左側にはBAMBOOの文字が記されています。

DeAGOSTINI_my_PC_Art_023.jpg
裏面の画像。

DeAGOSTINI_my_PC_Art_024.jpg
Model:CTL-460と書かれています。CTL-460/Kが型番でしょう。

DeAGOSTINI_my_PC_Art_017.jpg
ペンの質感はちょっと安っぽいです。

DeAGOSTINI_my_PC_Art_018.jpg
以前購入したワイヤレスペンタブレットのWacom Intuos4 Wireless PTK-540WLとの比較です。

DeAGOSTINI_my_PC_Art_019.jpg
こう見ると1サイズ違うだけでもかなり大きさが違います。持ち運びを考えるならCTL-460くらいがちょうどよさそうです。

CTL-460


DeAGOSTINI_my_PC_Art_021.png
先ほどのモデル名のCTL-460から探してみると、たぶん付いてきたのはこれでしょう。これを見る限りでは標準価格は9980円となっています。それが2380円で付いてくるんですから破格といえますね。ちなみに本にはBamboo Pen(デアゴスティーニ特別仕様)とかかれていましたが、ハードウェア的には同一のもののようです。

Bamboo Pen CTL-460
http://solution.wacom.jp/products/pen/bambooSchool2.html

■仕様
読取方式:電磁誘導方式
読取可能範囲(W×D):147.2×92mm(16:10)
読取分解能:0.01mm
読取精度:±0.5mm
読み取り精度:最高133ポイント/秒
読み取り可能高さ:7mm
筆圧レベル:1024レベル
外形寸法(W×D×H):約248.2×176.1×8.5mm(ペンホルダーを除く)
質量:約360g(USB接続ケーブル含む)
ケーブル長:約1.5m
インターフェース準拠企画:USB

CTL-460を軽く使ってみましたが、さすがのWacom製ということもあり普通に使えますね。ただ、気になったのがペンの消しゴムが装備されていないところ。ここは正直不便です。でも、安いペンタブが欲しい人はこれ買っておけば満足できるのではないでしょうか。まあ、ガチで絵をやる人には向かないと思いますが、ペンタブを軽く使ってみたいという人には良いと思います。

ドライバ


DeAGOSTINI_my_PC_Art_020.png
「マイPCアート」2号にはペンタブのドライバが付属しているようですが、普通にWacom公式でもダウンロードすることが出来るので、特に2号は必要ないようですね。ドライバをダウンロードして使うことが出来ました。

http://tablet.wacom.co.jp/download/down1.html

上記URLでbamboo CTL-460を探してOSを選択すれば、ドライバをダウンロードできます。

今回の個人的感想


impression_canvas_001.png

今回ペンタブが付いてくるというのに釣られて、初めてデアゴスティーニの本を買ってみたわけですが、デアゴスティーニも思い切ったものを出してきますね。1万円相当のペンタブが付いて2380円ですからね。インパクトは今まで一番大きかったです。ペンタブはCTL-460と型落ちのものなので、たぶんデアゴスティーニがWacomの在庫を一気に引き受けて処分したということなのでしょう。

ちなみに新潟先行発売での売り上げしだいでは、「マイPCアート」全国版の可能性があるらしいのですが、ネットの一部ではマイPCアートは7号で休刊になるらしいという話の書き込みもあるので、もしその話が本当ならば全国版は絶望的なのかもしれません。

一つ気になるのがマイPCアートにペインター12がついてきて最後まで買うと期限制限なしの製品版になるとのことですが、休刊になるとどうなるんでしょうね?そのまま使えなくなるんだとしたら途中まで買った人がかわいそうですよね。

そういえば、CMでの発音はディアゴスティーニのように聞こえるんですが、文字表記ではディアゴスティーニではなくデアゴスティーニなんですね。まあ、こんな発音の表記なんてどうでもいいことですけど・・・。

友人が2週間前に本屋に行ったときには結構残っていたらしいので、新潟で欲しい人は探してみてはいかがでしょうか?
Tag

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

すっごい安いじゃないですか
まあ使わないけどw
こんな記事もっと書いてもらいたいd巣

9908

欲しいけどどこにも売ってないな(´・ω・`)

9910

Most Popular

Now loading...

Social Links

Sponsored Link

MENU

NetaGear

Pure Css Design

Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位50位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。

Amazon

Now Loading...