1. Home
  2. ゲーム
  3. Nintendo
  4. 任天堂のBluetoothキーボードが格安で手に入る「ポケモンタイピングDS」!
AmazonAmazon クレジットカードAmazon DashAmazon PrimeAmazon.co.jpAmazon
Amazon.comで不良品が送られてきたのでEMSで返品して返金してもらった話!

Amazon.comで不良品が送られてきたのでEMSで返品して返金してもらった話!

以前に海外のAmazonを有効活用して安く買い物をしよう!という記事で簡単に海外のAmazon.comから輸入する方法を紹介しましたが、今回は海外Amazonで購入したものが不良品だ...

総額350ドル!有料ソフト8製品のライセンスキーを無料配布するキャンペーンが実施中!

総額350ドル!有料ソフト8製品のライセンスキーを無料配布するキャンペーンが実施中!

WonderFox Soft, Inc.は同社製品である新しいWonderFox HD Video Converter Factory Proを含む合計8製品のライセンスキーを無料配布するWonderFox 2018 Back to School Par...

Chromeのタブを休止させてメモリ消費を抑えられる拡張機能「The Great Suspender」を使おう!

Chromeのタブを休止させてメモリ消費を抑えられる拡張機能「The Great Suspender」を使おう!

みなさんもよく使っているであろうブラウザのChromeですが、タブを沢山開いているとメモリの消費量がすごいことになることがよくありますよね。そんな時におすすめなのがCh...

無料で使えるVRoid Studioでオリジナル3Dキャラクターを作ろう!

無料で使えるVRoid Studioでオリジナル3Dキャラクターを作ろう!

今回はWindows・Macどちらでも使える無料で使える3DキャラメイカーのVRoid Studioを紹介したいと思います。3D制作の知識がなくても誰でも簡単に自分だけのオリジナル3Dのキ...

360度角度調整可能なKeynice USB扇風機クリップ型を買ってみた!

360度角度調整可能なKeynice USB扇風機クリップ型を買ってみた!

今回紹介するのは縦横360°回転&細かな角度調節が可能なKeynice クリップ型USB扇風機です。USB電源で動作する小型な扇風機で、クリップを使うことでどこでも挟んで使えるほ...

WindowsにKerasとTensorFlow(GPU)をインストールして機械学習の環境を作ろう!

WindowsにKerasとTensorFlow(GPU)をインストールして機械学習の環境を作ろう!

ここ最近は機械学習にはまっていて、前々から気になっていたTensorFlowを試してみたいと思い、実際にWindowsにインストールしてみたので、その導入手順を紹介したいと思い...

スマホ用のBluetoothカメラリモコンが送料込み67円だったので買ってみた!

スマホ用のBluetoothカメラリモコンが送料込み67円だったので買ってみた!

今回紹介するのはスマートフォン用のBluetoothワイヤレスカメラリモコンです。Amazonで衝撃的な安さで販売されていたので試しに購入してみました。このBluetoothリモコンを...

Amazonのお急ぎ便で配送予定日に届かずカスタマーサービスに伝えたらクーポンがもらえた話!

Amazonのお急ぎ便で配送予定日に届かずカスタマーサービスに伝えたらクーポンがもらえた話!

先日アマゾンプライムデーセールが行われていた影響か、アマゾンでの荷物の出荷数が通常よりもかなり増えてクロネコヤマトの配送に遅延が発生しているようです。そんなわけ...

無料で使える軽量なコードエディタの「Visual Studio Code(VS Code)」を使ってみよう!

無料で使える軽量なコードエディタの「Visual Studio Code(VS Code)」を使ってみよう!

今回紹介するのはMicrosoftが無償で提供しているソースコードエディタであるVisual Studio Code(VS Code)です。VS CodeはWindows/Mac/Linuxの全てで動作します。私は個人的...

マイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa」を買ったみた!

マイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa」を買ったみた!

今回紹介するのは株式会社TKS 田中金属製作所が制作したマイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa(ボリーナ ニンファ)」TK-7100-SLです。マイクロナノバブルと...

NetaGear RSS News

Now Loading

Article

任天堂のBluetoothキーボードが格安で手に入る「ポケモンタイピングDS」!

nintendo_pokemon_typing_000.png

今回紹介するのは、格安でBluetoothキーボードが手に入る「ポケモンタイピングDS」です!このDS用ソフトには任天堂製のBluetoothキーボードが付属しており、このBluetoothキーボードはなんとPS3、iPad、Androidタブレットなどでもペアリングして使うことができるのです。それに加えて値段の割りに打ちやすいと評判なので一つ入手してみました。

私が購入した時点ではAmazonで送料込み1400円で売っていたのですが、今現在では1800円まで上がっているようです。それでも定価は5800円なことを考えれば十分安いですし、その他のメーカーのキーボードも2000円くらいするのでお買い得なのは間違いないです。

「ポケモンタイピングDS」のレビュー!


nintendo_pokemon_typing_002.jpg

60種類以上の多彩なコース、登場するポケモンは400種類以上!さまざまなコースで、ポケモンたちと出会おう! キーボードの形をしたマップには、森や水辺など、60種類以上のコースが登場!出てくる文字をキーボードで打つことで、ポケモンの情報をゲット!『ポケモンブラック・ホワイト』 で初登場した新ポケモンたちを中心に、400種類以上のポケモンが登場!

付属品


nintendo_pokemon_typing_003.jpg

・ポケモンタイピングDSソフト
・Bluetoothキーボード
・電池
・スタンド

ソフト


nintendo_pokemon_typing_004.jpg
ポケモンタイピングということでDSのソフトが一応メインではありますが、今回はこちらではなくキーボードなので付属品メインで行きたいと思います。

キーボード


nintendo_pokemon_typing_016.jpg
では、早速本題のBluetoothキーボードの方に行きたいと思います。まずはキーボードの基本スペックと仕様は以下のとおりです。

重量:300g(単三電池2本を含む)
サイズ:264mm x 113mm x 20mm
キーピッチ:17mm
電池持続時間:1500時間
通信:Blurtooth

nintendo_pokemon_typing_011.jpg
キーボード本体の画像。シンプルに英字のみの表記で見やすくすっきりとしたデザイン。ちなみにこれを見て違和感を感じた人は日ごろキーボードをよく触っている人だと思います。これはゲーム用途で開発されているためにF1~F12などのキーがついていないのです。

nintendo_pokemon_typing_012.jpg
キーストロークは浅いが見た目以上に打ちやすい。

nintendo_pokemon_typing_013.jpg
裏面も真っ黒な仕様。

nintendo_pokemon_typing_014.jpg
Nintendoの文字が刻印されています。

nintendo_pokemon_typing_017.jpg
背面右上に電池を入れて使います。電池は単三電池2本で動作します。

nintendo_pokemon_typing_015.jpg
横からの画像。


スタンド


nintendo_pokemon_typing_005.jpg
続いて折りたたみスタンド。

nintendo_pokemon_typing_006.jpg
開いた状態。この上にDSを乗せて使います。

nintendo_pokemon_typing_007.jpg
裏側にはソフトを収納する場所があり、使わない時は折りたたんで収納できます。

nintendo_pokemon_typing_008.jpg
DSを乗せた状態。

nintendo_pokemon_typing_009.jpg
キーボードと合わせた画像。

nintendo_pokemon_typing_018.jpg
他の端末とのペアリングには「Fnキー」を押しながら本体電源を入れることで、Androidなどからのデバイスの検索で引っかかるので、そのままペアリングすることが可能です。「Nintendo Wireless Keyboard」と表示されているのがそうです。

nintendo_pokemon_typing_010.jpg
以前に購入したAcer Iconia Tab A500とペアリングして使ってみましたが、ちょうどいい大きさで使いやすかったです。

日本語入力の切替は 「Shift+Spaceキー」で可能です。もし、Androidでうまくいかない場合は 「Fn+Shift+Spaceキー」で日本語入力切替ができました。

シロ


nintendo_pokemon_typing_020.png
今回のレビューではバトル&ゲット ポケモンタイピングDS (クロ)と黒いキーボードですが、白バージョンも販売されています。

バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (シロ)を購入する!

ちなみに下記記事を見ると開発の秘話などが書かれているのだが、やはりこだわりを持って作られているようです。汎用性のあるキーボードとして考えられているだけでなく、デザインも色々考えて作られているのが良くわかる。

社長が訊く『バトル&ゲット! ポケモンタイピングDS』
http://www.nintendo.co.jp/ds/interview/uzpj/vol1/index.html

今回の個人的感想




今回紹介したポケモンタイピングDSは値段の割りにかなりいい感じです。そもそもBluetoothキーボード単体でも2000円はするのに、ポケモンタイピングDSはDSのソフトのおまけつきでこの価格です。それに加えて値段の割りに非常に打ちやすいキーボードになっていますからね。Bluetoothキーボードとしては非常にお買い得といえるでしょう。

キーボード自体は持ち運びを考慮しているためか電池込みで300gと非常に軽いです。タブレットで使ってみた感じではサイズもちょうどいいし、PS3用にもう一個欲しいかも。以前購入したLogicoolのPS3用BluetoothキーボードのLogicool Cordless MediaBoard Proは値段が高い割りに、驚くほど品質がクソだった。それに比べれば、任天堂のキーボードは本当に出来がいい。下手な安物Bluetoothキーボードを買うくらいならこっちを買うことをお勧めしたい。

→バトル&ゲット ポケモンタイピングDS (クロ)を購入する!

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

正直いまさら感のある記事で残念。

9936

再掲載ですな

9937

思った以上に安かった

9938

Most Popular

Now loading...

Social Links

Sponsored Link

MENU

NetaGear

Pure Css Design

Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位50位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。

Amazon

Now Loading...