1. Home
  2. ガジェット
  3. スマートフォン
  4. Androidのランタイムを「ART」に切り替えてアプリを高速化する方法!
AmazonAmazon クレジットカードAmazon DashAmazon PrimeAmazon.co.jpAmazon
無料で使えるVRoid Studioでオリジナル3Dキャラクターを作ろう!

無料で使えるVRoid Studioでオリジナル3Dキャラクターを作ろう!

今回はWindows・Macどちらでも使える無料で使える3DキャラメイカーのVRoid Studioを紹介したいと思います。3D制作の知識がなくても誰でも簡単に自分だけのオリジナル3Dのキ...

360度角度調整可能なKeynice USB扇風機クリップ型を買ってみた!

360度角度調整可能なKeynice USB扇風機クリップ型を買ってみた!

今回紹介するのは縦横360°回転&細かな角度調節が可能なKeynice クリップ型USB扇風機です。USB電源で動作する小型な扇風機で、クリップを使うことでどこでも挟んで使えるほ...

WindowsにKerasとTensorFlow(GPU)をインストールして機械学習の環境を作ろう!

WindowsにKerasとTensorFlow(GPU)をインストールして機械学習の環境を作ろう!

ここ最近は機械学習にはまっていて、前々から気になっていたTensorFlowを試してみたいと思い、実際にWindowsにインストールしてみたので、その導入手順を紹介したいと思い...

スマホ用のBluetoothカメラリモコンが送料込み67円だったので買ってみた!

スマホ用のBluetoothカメラリモコンが送料込み67円だったので買ってみた!

今回紹介するのはスマートフォン用のBluetoothワイヤレスカメラリモコンです。Amazonで衝撃的な安さで販売されていたので試しに購入してみました。このBluetoothリモコンを...

Amazonのお急ぎ便で配送予定日に届かずカスタマーサービスに伝えたらクーポンがもらえた話!

Amazonのお急ぎ便で配送予定日に届かずカスタマーサービスに伝えたらクーポンがもらえた話!

先日アマゾンプライムデーセールが行われていた影響か、アマゾンでの荷物の出荷数が通常よりもかなり増えてクロネコヤマトの配送に遅延が発生しているようです。そんなわけ...

無料で使える軽量なコードエディタの「Visual Studio Code(VS Code)」を使ってみよう!

無料で使える軽量なコードエディタの「Visual Studio Code(VS Code)」を使ってみよう!

今回紹介するのはMicrosoftが無償で提供しているソースコードエディタであるVisual Studio Code(VS Code)です。VS CodeはWindows/Mac/Linuxの全てで動作します。私は個人的...

マイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa」を買ったみた!

マイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa」を買ったみた!

今回紹介するのは株式会社TKS 田中金属製作所が制作したマイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa(ボリーナ ニンファ)」TK-7100-SLです。マイクロナノバブルと...

NetaGearで無限スクロール対応とカテゴリー追加などのアップデートを行いました!

NetaGearで無限スクロール対応とカテゴリー追加などのアップデートを行いました!

今年の2月にデザインや機能において大幅なアップデートを行ってから順調に利用者が増えているNetaGearですが、今回無限スクロールに対応して今までよりも見やすくなりまし...

adbコマンドを使ってPCからAndroidのスクリーンショットを取る方法!

adbコマンドを使ってPCからAndroidのスクリーンショットを取る方法!

今回はAndroidでadb接続からスクリーンショットを取る方法を紹介したいと思います。通常のAndroidのスマホやタブレットでは電源ボタンと音量ボタンの長押しで簡単にスクリ...

タブレットやスマホを自由に配置できるタブレットアームを買ってみた!

タブレットやスマホを自由に配置できるタブレットアームを買ってみた!

今回はタブレットをいろいろな場所に自由に配置することができるタブレットアームを購入したので紹介したいと思います。先日の記事のタブレットをPCのサブディスプレイ化で...

NetaGear RSS News

Now Loading

Article

Androidのランタイムを「ART」に切り替えてアプリを高速化する方法!

Android_ART_000.png

今回はAndroid 5.0(Lollipop)で完全移行される新しいランタイムのARTをAndroid 4.4(KitKat)でも使えるようにする方法を紹介したいと思います。新ランタイムのARTではアプリのCPU速度が2倍に向上して、実行速度と処理効率が大幅に改善されてアプリの高速化が可能です。

今はまだAndroid 5.0が使えるのは一部の端末のみですが、Android 4.4ユーザでもAndroid 5.0の速さを体感することができます。これには少しデメリットがあり、ARTに対応していないアプリは動かなくなります。しかしながらAndroid 5.0の普及とともにそういうアプリは淘汰されるのでしばらく待てばほとんどのアプリがART対応になるはずです。

ランタイムをDalvikからARTに切り替える方法!


Google_nexus4_root_201.png
1 Androidの「開発者向けオプション」は4.2以降のデバイスでは標準では表示されないようになっています。まずは設定から端末情報を開きます。

Google_nexus4_root_202.png
2 ビルド番号を7回タップすると「これでディベロッパーになりました」と表示されます。

Google_nexus4_root_203.png
3 設定に「開発者向けオプション」が新たに表示されるようになっているので開きます。

Android_ART_001.png
4 「ランタイムを選択」を押します。

Android_ART_002.png
5 「Dalvikを使用」から「ARTを使用」にチェックを切り替えます。

Android_ART_003.png
6 「再起動して、ランタイムをlibdvm.soからlibart.soに変更しますか?」と表示されるので「OK」を押します。

Android_ART_004.png
7 シャットダウン後、アップデートが始まるのでしばらく待ち、起動すれば切り替え完了です。ARTからDalvikへ戻すには逆の手順を行うだけで簡単に元に戻すことができます。


ベンチマーク


Android_ART_020.png
Galaxy NexusでのARTでのベンチマーク。DalvikのスコアはGalaxy Nexusで表示されているので省略しました。約1.5倍のスコアになっています。

Android_ART_021.png
Nexus4でDalvikでのベンチマーク。

Android_ART_022.png
Nexus4でARTでのベンチマーク。Dalvikに比べて約1.5倍のスコアになりました。

Android_ART_023.png
Nexus7でDalvikでのベンチマーク。

Android_ART_024.png
Nexus7でARTでのベンチマーク。こちらもDalvikに比べて約1.5倍のスコアになりました。

ベンチマークを見る限りだとDalvikからARTに切り替えることでCPUのスコアが2倍にあがっています。ほかのスコアは大差ないので、ARTに切り替えることで得られるメリットは大幅なCPU速度の向上ですね。これだけでもランタイム切り替えの恩恵としては非常に大きいものだと思います。

今回の個人的感想




今回はランタイムの切り替えによってAndroidのアプリを高速化する方法についてでした。こんな簡単なランタイムの切り替えでベンチマークのスコアが1.5倍になるんですからすごいですよね。Nexus4のベンチマークのスコアがNexus5並の数値になりました。Galaxy Nexusのような古い端末で処理の重いアプリを動かしてもカクつくことがなくなりましたし、効果は絶大です。ちなみに処理効率の向上によってバッテリーの持ちも少し改善するとか。

今回のARTへの切り替えは開発者テスト用に公開されていたものなのですが、去年のAndroid 4.4の時点でテストできる環境だったのに未だにARTに対応してないアプリも結構ありますよね。それが問題でパズドラなんかはARTを使っているAndroid 5.0にアップデートしたら使えなくなるのでアップデートしないように告知している訳です。準備期間はちゃんとあったのに何もしていないと直前で困ってしまうという良い例ですね。ARTだと使えないアプリも、今後のLollipopの普及と共にARTへの対応は必須になりますし、使えないアプリは淘汰されていくことでしょう。そんな訳で私の持っている端末はみんなDalvikからARTに切り替えてしまいました。

Android 4.4の方はぜひARTを試してみてはいかがでしょうか?

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

こんにちわ。
上記の設定、Nexus7で行おうと思ったのですが
開発者むけオプションの項目に「ランタイム選択」がありません。
Nexus7 2012モデルですが、2012年モデルには
搭載ないのでしょうか。

10478

>>10478
Androidのバージョンは4.4になっていますか?これはハードウェアではなくソフトウェアのものなので4.4ならば必ずあると思います。

10480

4.4.4なんですけど、やっぱ、無いんですよね〜

10483

4.4でのART搭載してるかどうかはメーカーによります

10489

yoga tablet2(4.4.2) もこの項目無いです。

10591

Nexus7 2012 バージョン4.4ですが、この項目がやはり、ありません。

10701

Most Popular

Now loading...

Social Links

Sponsored Link

MENU

NetaGear

Pure Css Design

Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位50位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。

Amazon

Now Loading...