1. Home
  2. コンピュータ
  3. Windows
  4. Windows10で重大なエラー[スタート]メニューが動作していませんが出た時の対策!
AmazonAmazon クレジットカードAmazon DashAmazon PrimeAmazon.co.jpAmazon
無料で使える軽量なコードエディタの「Visual Studio Code(VS Code)」を使ってみよう!

無料で使える軽量なコードエディタの「Visual Studio Code(VS Code)」を使ってみよう!

今回紹介するのはMicrosoftが無償で提供しているソースコードエディタであるVisual Studio Code(VS Code)です。VS CodeはWindows/Mac/Linuxの全てで動作します。私は個人的...

マイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa」を買ったみた!

マイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa」を買ったみた!

今回紹介するのは株式会社TKS 田中金属製作所が制作したマイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa(ボリーナ ニンファ)」TK-7100-SLです。マイクロナノバブルと...

NetaGearで無限スクロール対応とカテゴリー追加などのアップデートを行いました!

NetaGearで無限スクロール対応とカテゴリー追加などのアップデートを行いました!

今年の2月にデザインや機能において大幅なアップデートを行ってから順調に利用者が増えているNetaGearですが、今回無限スクロールに対応して今までよりも見やすくなりまし...

adbコマンドを使ってPCからAndroidのスクリーンショットを取る方法!

adbコマンドを使ってPCからAndroidのスクリーンショットを取る方法!

今回はAndroidでadb接続からスクリーンショットを取る方法を紹介したいと思います。通常のAndroidのスマホやタブレットでは電源ボタンと音量ボタンの長押しで簡単にスクリ...

タブレットやスマホを自由に配置できるタブレットアームを買ってみた!

タブレットやスマホを自由に配置できるタブレットアームを買ってみた!

今回はタブレットをいろいろな場所に自由に配置することができるタブレットアームを購入したので紹介したいと思います。先日の記事のタブレットをPCのサブディスプレイ化で...

BSデジタル放送のトランスポンダ移動によるTVTestの設定変更方法!

BSデジタル放送のトランスポンダ移動によるTVTestの設定変更方法!

久しぶりにPCのTVTestを使ってBSでも見ようと思ったら、なぜかBSジャパンが映らないということに気がつきました。その原因を調べたらBSデジタル放送のトランスポンダ移動に...

dTVターミナルにAbemaTVやプライムビデオなどのアプリをインストールする方法!

dTVターミナルにAbemaTVやプライムビデオなどのアプリをインストールする方法!

dTVターミナル(dTV 01)はテレビで見るためのNTTドコモから発売されているデバイスですが、通常は他のアプリをインストールしたり、カスタマイズしたりはできない仕様になっ...

Android端末をWi-Fi経由でadb接続する方法!

Android端末をWi-Fi経由でadb接続する方法!

Android端末をコマンドライン上から色々な操作を行うことができるadbコマンドですが、通常adb接続する際にはパソコンとAndroid端末をUSBで接続したまま行うと思いますが、...

PCでスマホアプリが動くAndroidエミュレーター「NoxPlayer」がすごい!

PCでスマホアプリが動くAndroidエミュレーター「NoxPlayer」がすごい!

今回はパソコン上でスマホゲームやアプリを動かすことが出来るAndroidエミュレーターのNoxPlayerを紹介したいと思います。WindwosとMacバージョンがあり、どちらのOSでも簡...

1000円で買ったStar 4 Fitness Trackerスマートブレスレットが微妙だった話!

1000円で買ったStar 4 Fitness Trackerスマートブレスレットが微妙だった話!

先日レビューを書いた超激安のスマートブレスレットi5 Plusを買って以来、スマートブレスレットにハマっています。新たに激安の送料込み1000円以下で販売されていたStar 4 ...

NetaGear RSS News

Now Loading

Article

Windows10で重大なエラー[スタート]メニューが動作していませんが出た時の対策!

windows10_update_break_001.png

先月のことになりますが、Windows10のWindowsUpdateで勝手に更新されて再起動して戻ってきた時に「重大なエラー [スタート]メニューが動作していません。次回のサインイン時に修正を試みます。」と表示され、Windowsボタンを押してもスタートメニューが表示されない、Windowsストアが開かないようになってしまう現象が発生してしまいました。

この現象が起きてからは再起動したり、ネットに書かれている様々な手順を行っても治らず非常に大変な目に会いましたが、なんとか修復することができたので、同じようにエラーが表示されて困っている人のために解決方法を記したいと思います。役に立てば幸いです。
この現象が発生してしまう主な原因は、スタートボタンの中のタイルメニュー等のデータはデータベースに保存されており、このデータベースがWindowsUpdateなどにより破損してしまうことがあるようです。このデータベースはWindowsストアなどのアプリも共通のものが使用されているのでWindowsストアも開くことができなくなっているはずです。同様にCortana(コルタナ)やアクションセンターなども動作しなくなっています。

このエラーが起きてからとりあえずではありますが、システムの復元でエラーを元に戻すことができますが、また勝手にWindowsUpdateされて重大なエラーと表示されてしまうため、結局根本的な解決策を行わないといけません。今回私が色々試した結果と修復する方法は以下のとおりです。

ネットでよく書かれている解決方法!


まずはネットでよく書かれている解決方法を幾つか書きたいと思います。私の場合はこれらの方法では解決しませんでしたが、この方法で直るその方が楽なのでまずはこちらを試してみるといいです。

完全なシャットダウン
SFCコマンド
DISMコマンド
Get-AppXPackage
startmenu.diagcab
セキュリティソフト
その他
最終手段

完全なシャットダウン


windows10_update_break_003.png

まずは一番初めに簡単な方法です。これで治れば最高です。通常Windows10ではシャットダウンと言っても完全にシャットダウンされていないことがあります。なので完全にシャットダウンすることで正常に動作するようになることがあるようです。私は直りませんでしたが・・・。

完全なシャットダウンのやり方はWindowsボタンは開かないので右クリックして、shiftキーを押しながらシャットダウンを押します。「シャットダウンしています」と表示されるまでshiftキーを押したままにしてください。

SFCコマンド


windows10_update_break_005.png

sfc /scannow

まずは、システムファイルチェッカーツール(SFC.exe) を使用して不足または破損しているシステムファイルを修復します。コマンドプロンプトを起動して「sfc /scannow」と入力して実行するとシステムファイルの修復してくれます。「Windows リソース保護は、整合性違反を検出しませんでした。」と表示されれば修復に成功です。
上の画像の場合は「Windows リソース保護により、破損したファイルが見つかり、それらは正常に修復されました。詳細は、CBS.Log %WinDir%\Logs\CBS\CBS.log に含まれています。」とエラーが出て失敗しています。

windows10_update_break_004.png

コマンドプロンプトの開き方は、Windowsボタンは開かないので右クリックして、コマンドプロンプト(管理者)を押します。

DISMコマンド


windows10_update_break_006.png

DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth

sfcコマンドで修復できない場合はDISMコマンドを試します。Windows イメージが処理できなくなった場合、展開イメージのサービスと管理 (DISM) ツールを使ってファイルを更新し、問題を解決できます。コマンドプロンプトで「DISM /Online /Cleanup-image /Restorehealth」と入力して実行するとイメージの修復をしてくれます。

私の場合は上の画像のように「エラー:1726 リモートプロージャコールに失敗しました。」と出て修復できませんでした。

Get-AppXPackage


windows10_update_break_010.png

コマンドプロンプトでPowerShellを実行した後に以下のコマンドを打ちます。

Get-AppXPackage -AllUsers |Where-Object {$_.InstallLocation -like "*SystemApps*"} | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register "$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml"}

私の場合は以下のエラーが出てしまいました。このエラーが出てしまうと修復できません。

Add-AppxPackage : 次の HRESULT で展開に失敗しました: 0x80073D02, 変更されるリソースが現在使用中であるため、パッケージを
インストールできませんでした。 (HRESULT からの例外:0x80073D02)

startmenu.diagcab


windows10_update_break_007.png

startmenu.diagcabのダウンロード
http://aka.ms/diag_StartMenu

スタートメニュートラブルシューターをダウンロードして実行します。トラブルシューティングで解決する可能性は低いですが、とりあえず試すだけ試してみましょう。

windows10_update_break_008.png
修復しているのでしばらく待ちます

windows10_update_break_009.png
このように未解決と表示されると失敗です。

セキュリティソフト


セキュリティソフトが原因の場合もあるようです。特にカスペルスキーを入れている場合この現象が発生した事例が多いようなのでそれらをオフにする。またはアンインストールするなどでも解決する場合があるようです。

その他


上にあったコマンドプロンプト関連の動作を新しいユーザを作って実行するという方法もありましたが、私の場合は無駄だったのでおすすめしません。これら上記の手順を踏んでもだめな場合は最終手段を試すことをお勧めします。この方法を使えば大抵のエラー類はほぼ全て解決します。

Windowsのアップグレードインストール


windows10_update_break_020.png

Windows 10 のダウンロード
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10

このWindowsのアップグレードインストールが最終手段であり、最高の修復方法です。上記手順に比べると時間がかかるというデメリットもありますが、完璧に修復できる唯一の方法です。ちなみにクリーンインストールと異なり、現在の環境(ファイル、インストール済みのソフトウェア)などが保持されるため気軽に行うことができます。アップグレードと聞くと最新版ではできないのではないかと思われる方もいるかもしれませんが、すでにWindows10の最新版でもこのアップグレードインストールは可能です。今回はスタートメニューの重大なエラーにおける対策として紹介していますが、これ以外の重大なエラー(Windwosアップデート時のエラー)などでもこの方法を使うことで解決できることが多々あると思います。

私は上記手順以外にも色々試し全部修復できませんでしたが、このWindowsのアップグレードインストールする方法では修復することができました。ちなみに私の環境ではWindows10のイメージファイルのダウンロードとアップグレードインストールには30分位かかりました。

windows10_update_break_018.png
ダウンロードしたMediaCreationTool.exeを起動して、規約を読んで「同意する」を押します。

windows10_update_break_019.png
「このPCを今すぐアップグレードする」にチェックを入れて「次へ」を押します。Windows10のダウンロードを開始されるのでしばらく待ちます、

windows10_update_break_026.png
「更新プログラムをダウンロードしてインストールする(推奨)」にチェックを入れて「次へ」を押します。

windows10_update_break_028.png
更新プログラムのダウンロードが終わるまでしばらく待ちます。

windows10_update_break_031.png
インストールする準備が完了したら「インストール」を押します。この時に「個人ファイルとアプリを引き継ぐ」にチェックが入っていることを確認してください。このチェックが入っていない場合は現状の環境が引き継がれなくなってしまいますので注意してください。

あとはインストールが完了するまでしばらく待ちます。アップグレードインストール完了後には、Windowsの重大なエラーは修復されています。

今回の個人的感想




今回私がはまってしまった「Windows10で重大なエラー[スタート]メニューが動作していません。」ですが、久しぶりになかなか解決できないトラブルでした。結果的に完全復旧するまで4日くらい色々調べてシステムの復元などを試しましたが、最終的にWindowsのアップグレードインストールで解決できて良かったです。この方法なら環境も保持できますし、時間がかかる以外のデメリットはほぼないです。

今回の件で思ったのが、「Windows10で重大なエラー[スタート]メニューが動作していません。」というエラーは昨年から結構な数が報告されているようですが、それに対する完全な解決策が載っていないことに驚きました。これだけ報告されているならばMicrosoftはもう少し具体的な解決方法を提示すべきだと思います。Windowsのアップグレードインストール以外の方法は結局無駄でしたし、終わってみればこんなことにものすごい時間と労力を取られてたのかと思うと疲労感がすごかったです。

私のようにWindowsの重大なエラーで困った際にはWindowsのアップグレードインストールを試してみることをおすすめします。

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

Most Popular

Now loading...

Social Links

Sponsored Link

MENU

NetaGear

Pure Css Design

Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位50位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。

Amazon

Now Loading...