1. Home
  2. コンピュータ
  3. ソフト・ツール
  4. ロジクールのSetPointを拡張する「SetPointPlus」で様々な機能を追加しよう!
AmazonAmazon クレジットカードAmazon DashAmazon PrimeAmazon.co.jpAmazon
Amazon.comで不良品が送られてきたのでEMSで返品して返金してもらった話!

Amazon.comで不良品が送られてきたのでEMSで返品して返金してもらった話!

以前に海外のAmazonを有効活用して安く買い物をしよう!という記事で簡単に海外のAmazon.comから輸入する方法を紹介しましたが、今回は海外Amazonで購入したものが不良品だ...

総額350ドル!有料ソフト8製品のライセンスキーを無料配布するキャンペーンが実施中!

総額350ドル!有料ソフト8製品のライセンスキーを無料配布するキャンペーンが実施中!

WonderFox Soft, Inc.は同社製品である新しいWonderFox HD Video Converter Factory Proを含む合計8製品のライセンスキーを無料配布するWonderFox 2018 Back to School Par...

Chromeのタブを休止させてメモリ消費を抑えられる拡張機能「The Great Suspender」を使おう!

Chromeのタブを休止させてメモリ消費を抑えられる拡張機能「The Great Suspender」を使おう!

みなさんもよく使っているであろうブラウザのChromeですが、タブを沢山開いているとメモリの消費量がすごいことになることがよくありますよね。そんな時におすすめなのがCh...

無料で使えるVRoid Studioでオリジナル3Dキャラクターを作ろう!

無料で使えるVRoid Studioでオリジナル3Dキャラクターを作ろう!

今回はWindows・Macどちらでも使える無料で使える3DキャラメイカーのVRoid Studioを紹介したいと思います。3D制作の知識がなくても誰でも簡単に自分だけのオリジナル3Dのキ...

360度角度調整可能なKeynice USB扇風機クリップ型を買ってみた!

360度角度調整可能なKeynice USB扇風機クリップ型を買ってみた!

今回紹介するのは縦横360°回転&細かな角度調節が可能なKeynice クリップ型USB扇風機です。USB電源で動作する小型な扇風機で、クリップを使うことでどこでも挟んで使えるほ...

WindowsにKerasとTensorFlow(GPU)をインストールして機械学習の環境を作ろう!

WindowsにKerasとTensorFlow(GPU)をインストールして機械学習の環境を作ろう!

ここ最近は機械学習にはまっていて、前々から気になっていたTensorFlowを試してみたいと思い、実際にWindowsにインストールしてみたので、その導入手順を紹介したいと思い...

スマホ用のBluetoothカメラリモコンが送料込み67円だったので買ってみた!

スマホ用のBluetoothカメラリモコンが送料込み67円だったので買ってみた!

今回紹介するのはスマートフォン用のBluetoothワイヤレスカメラリモコンです。Amazonで衝撃的な安さで販売されていたので試しに購入してみました。このBluetoothリモコンを...

Amazonのお急ぎ便で配送予定日に届かずカスタマーサービスに伝えたらクーポンがもらえた話!

Amazonのお急ぎ便で配送予定日に届かずカスタマーサービスに伝えたらクーポンがもらえた話!

先日アマゾンプライムデーセールが行われていた影響か、アマゾンでの荷物の出荷数が通常よりもかなり増えてクロネコヤマトの配送に遅延が発生しているようです。そんなわけ...

無料で使える軽量なコードエディタの「Visual Studio Code(VS Code)」を使ってみよう!

無料で使える軽量なコードエディタの「Visual Studio Code(VS Code)」を使ってみよう!

今回紹介するのはMicrosoftが無償で提供しているソースコードエディタであるVisual Studio Code(VS Code)です。VS CodeはWindows/Mac/Linuxの全てで動作します。私は個人的...

マイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa」を買ったみた!

マイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa」を買ったみた!

今回紹介するのは株式会社TKS 田中金属製作所が制作したマイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa(ボリーナ ニンファ)」TK-7100-SLです。マイクロナノバブルと...

NetaGear RSS News

Now Loading

Article

ロジクールのSetPointを拡張する「SetPointPlus」で様々な機能を追加しよう!

SetPointPlus_000.png

ロジクールのマウスのボタン設定などを行うソフトであるSetPointですが、このSetPointを拡張して様々な機能を追加することが出来る「SetPointPlus」を紹介したいと思います。この「SetPointPlus」を入れるだけで通常では表示されない仮想デスクトップの切り替えや様々な機能が表示されるようになります。

今回愛用のマウスであるMX Revolutionで仮想デスクトップの切り替えを行いたかったのですが、SetPoint標準だとその機能を選択できず、キーストロークの割当でも仮想デスクトップのショートカットキーであるWindowsキーが使用できない仕様になっています。これを実現するにはC:\Program Files\Logicool\SetPointP\default.xmlを書き換えるのですが、手動で追加するのは何かと大変です。
そんな問題を簡単に解決してくれるのが今回紹介するSetPointPlusです。SetPointPlusならこれらの書き換えをすべてやってくれますし、後はいつもどおりボタン割り当て能を選択するだけで仮想デスクトップの切り替えが可能になります。もちろん仮想デスクトップの切り替え以外にも、標準では表示されていない様々な機能も追加されます。

SetPointで設定できないコマンドを設定できるようにするSetPointPlusは、SetPoint4.8.xとSetPoint6.xを対象にしています。32ビットでも64ビットでも動作します。

SetPointPlusのインストール方法!


SetPointPlus_005.png
1 さよならストレスさんのサイトで公開されている、SetPointPlusの最新版となるSetPointPlus 1.0.0.1をダウンロードしてきます。

SetPoint を拡張する「SetPointPlus」でコマンドを自由に選択 - さよならストレス

SetPointPlus_001.png
2 解凍したSetPointPlus1001フォルダ内にある.batファイルを右クリックして「管理者権限として実行」を押して実行します。このときSetPointのバージョン4.xはv4.bat、バージョン6.xはv6.batを実行します。たった、これだけで完了です。

SetPointPlus_002.png
3 SetPointを起動して、機能の選択を開いて確認します。

SetPointPlus_004.png
5 このように今まではなかったような機能が追加されていれば成功です。

SetPointPlus_003.png
ちなみに仮想デスクトップの操作をしたい場合は「タスクビュー」、「デスクトップ(右)」、「デスクトップ(左)」などが使えます。デスクトップ(右)は仮想デスクトップを右へ、デスクトップ(左)は左へ切り替えることができます。

私はマウスホイールの左右を仮想デスクトップの切り替えに割り当てました。タスクビューは進むに割り当てて使っています。

今回の個人的感想




今回導入したSetPointPlusはかなり良いですね。私はLogicoolのマウスで仮想デスクトップの切り替えがしたくて入れたのですが、それ以外の人にも標準では表示されていない機能を使いたい人には入れることをオススメでします。むしろSetPointには標準でこれらを表示しておいて欲しいところです。

SetPointPlusを制作してくださったwwwcfeさんにも感謝です!手動で書き換えれば同じことが可能なんですが、書き換えるのは分かりにくいですし、SetPointPlusなら簡単に全部やってくれるというのは本当にありがたいです。

これで仮想デスクトップの切り替えがマウスで簡単にできるようになって作業効率は上がりました。仮想デスクトップ自体はWindows10から導入されましたが、いまいち使い勝手が良くないので使っていませんでしたが、このマウスでワンボタンで簡単に仮想デスクトップの切り替えが可能になったことで、かなり重宝する機能になりました。Windows10の仮想デスクトップって全ての液晶で全て切り替わっちゃうんですが、あれを個別にできないんですかね。マルチウィンドウの際の動作の設定ができればなお良いんですけどね。

マウスの機能の割り当てを最適化すると、作業効率を大幅に向上させることができますし、ぜひLogicoolのマウスを使っている人はSetPointPlusを入れてみることをおすすめします。特に仮想デスクトップを使っている人は、ぜひ仮想デスクトップの切り替えをマウスに割り当ててみてはいかがでしょうか?かなり使いやすくなると思います!

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

Most Popular

Now loading...

Social Links

Sponsored Link

MENU

NetaGear

Pure Css Design

Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位50位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。

Amazon

Now Loading...