1. Home
  2. コンピュータ
  3. PC周辺機器
  4. タブレットやスマホを自由に配置できるタブレットアームを買ってみた!
AmazonAmazon クレジットカードAmazon DashAmazon PrimeAmazon.co.jpAmazon
Amazonのお急ぎ便で配送予定日に届かずカスタマーサービスに伝えたらクーポンがもらえた話!

Amazonのお急ぎ便で配送予定日に届かずカスタマーサービスに伝えたらクーポンがもらえた話!

先日アマゾンプライムデーセールが行われていた影響か、アマゾンでの荷物の出荷数が通常よりもかなり増えてクロネコヤマトの配送に遅延が発生しているようです。そんなわけ...

無料で使える軽量なコードエディタの「Visual Studio Code(VS Code)」を使ってみよう!

無料で使える軽量なコードエディタの「Visual Studio Code(VS Code)」を使ってみよう!

今回紹介するのはMicrosoftが無償で提供しているソースコードエディタであるVisual Studio Code(VS Code)です。VS CodeはWindows/Mac/Linuxの全てで動作します。私は個人的...

マイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa」を買ったみた!

マイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa」を買ったみた!

今回紹介するのは株式会社TKS 田中金属製作所が制作したマイクロナノバブルシャワーヘッド「Bollina Ninfa(ボリーナ ニンファ)」TK-7100-SLです。マイクロナノバブルと...

NetaGearで無限スクロール対応とカテゴリー追加などのアップデートを行いました!

NetaGearで無限スクロール対応とカテゴリー追加などのアップデートを行いました!

今年の2月にデザインや機能において大幅なアップデートを行ってから順調に利用者が増えているNetaGearですが、今回無限スクロールに対応して今までよりも見やすくなりまし...

adbコマンドを使ってPCからAndroidのスクリーンショットを取る方法!

adbコマンドを使ってPCからAndroidのスクリーンショットを取る方法!

今回はAndroidでadb接続からスクリーンショットを取る方法を紹介したいと思います。通常のAndroidのスマホやタブレットでは電源ボタンと音量ボタンの長押しで簡単にスクリ...

タブレットやスマホを自由に配置できるタブレットアームを買ってみた!

タブレットやスマホを自由に配置できるタブレットアームを買ってみた!

今回はタブレットをいろいろな場所に自由に配置することができるタブレットアームを購入したので紹介したいと思います。先日の記事のタブレットをPCのサブディスプレイ化で...

BSデジタル放送のトランスポンダ移動によるTVTestの設定変更方法!

BSデジタル放送のトランスポンダ移動によるTVTestの設定変更方法!

久しぶりにPCのTVTestを使ってBSでも見ようと思ったら、なぜかBSジャパンが映らないということに気がつきました。その原因を調べたらBSデジタル放送のトランスポンダ移動に...

dTVターミナルにAbemaTVやプライムビデオなどのアプリをインストールする方法!

dTVターミナルにAbemaTVやプライムビデオなどのアプリをインストールする方法!

dTVターミナル(dTV 01)はテレビで見るためのNTTドコモから発売されているデバイスですが、通常は他のアプリをインストールしたり、カスタマイズしたりはできない仕様になっ...

Android端末をWi-Fi経由でadb接続する方法!

Android端末をWi-Fi経由でadb接続する方法!

Android端末をコマンドライン上から色々な操作を行うことができるadbコマンドですが、通常adb接続する際にはパソコンとAndroid端末をUSBで接続したまま行うと思いますが、...

PCでスマホアプリが動くAndroidエミュレーター「NoxPlayer」がすごい!

PCでスマホアプリが動くAndroidエミュレーター「NoxPlayer」がすごい!

今回はパソコン上でスマホゲームやアプリを動かすことが出来るAndroidエミュレーターのNoxPlayerを紹介したいと思います。WindwosとMacバージョンがあり、どちらのOSでも簡...

NetaGear RSS News

Now Loading

Article

タブレットやスマホを自由に配置できるタブレットアームを買ってみた!

Tablet_arm_stand_000.png

今回はタブレットをいろいろな場所に自由に配置することができるタブレットアームを購入したので紹介したいと思います。先日の記事のタブレットをPCのサブディスプレイ化できる「TwomonUSB」と合わせることでディスプレイの枚数を簡単に増やすことが出来ます。

タブレットアームの価格は1000円でAmazonなので送料は無料でした。カラーはホワイトとブラックから選ぶことが出来ます。今回はタブレットを設置するために購入しましたが、それ以外にも普通にスマホもつけることが出来ますし、色々と使い分けることが出来ます。
Tablet_arm_stand_020.png

Asher スマホスタンド タブレットスタンド タブレットアーム タブレットアームスタンド

【自由調整】球体関節のデザインを採用しており、最大360°回転可能です。アームの長さは80センチ。自分の好きな視点、距離に調整できるのでごろごろ寝ながらでのアニメ、映画、電子書籍を楽しむことができます。

【安定感抜群】ゴム製の滑り止めパッドと脚をしっかり固定できるので、安定で最高の視野角で扱えるほか、タブレットを保護して、傷つけることなく使うことが出来ます。

【アーム】アームはフレキシブルなアルミニウムマグネシウム合金を使用しているので、丈夫でかつ高い安定性を提供し、柔軟性がとても優れています。

【多様なシーンに対応できる】クリップ台座の設置範囲は11cm-19cmとなります。使用可能端末例:Nintendo Switch, iPad mini air 1 2 3 4, iPhone 7 6 6s plus 5 5s ,Samsung S3 S4 S5 S6 S7, Galaxy S7 S6, Note 6 5, LG, Sony, Nexus, Kindle等。


Tablet_arm_stand_001.jpg
箱は簡易的なダンボールです。

Tablet_arm_stand_002.jpg
箱を開けるとこんな感じです。

内容物


Tablet_arm_stand_003.jpg
内容物は以下のとおりです。

・アーム
・タブレット取付部

アーム


Tablet_arm_stand_004.jpg
アーム自体は丸めて入っていましたが、この丸まっている部分はアルミニウムマグネシウム合金で予想よりもめっちゃ硬いものです。曲げるのも一苦労です。

Tablet_arm_stand_010.jpg
机などに挟む部分です。

Tablet_arm_stand_011.jpg
上の部分を回すと徐々に開いてきます。

Tablet_arm_stand_012.jpg
中はクッションと滑り止めになっています。

取付部


Tablet_arm_stand_005.jpg
取付部はこんな感じになっています。

Tablet_arm_stand_007.jpg
横の画像です。

Tablet_arm_stand_008.jpg
反対側は少し変わっています。

Tablet_arm_stand_009.jpg
実際にタブレットを挟んでみました。挟んだタブレットは持っている中では最大サイズのICONIA TAB A500です。本体サイズは13.3(H)×260(W)×177(D)mmと結構ギリギリです。

AcerのAndroidタブレット「ICONIA TAB A500」を買ってみた!

Tablet_arm_stand_013.jpg
実際に設置してみました。パソコンラックの上側に設定しました。

Tablet_arm_stand_014.jpg
タブレットを取り付けるとこんな感じになりました。自由に設置する事ができるのでかなりいいです。

Tablet_arm_stand_015.jpg
試しにチャートを表示してみましたが、普通に便利でした。ただ、タッチ操作は流石に揺れるので、頻繁にタッチ操作をするのは厳しそうです。逆にタブレットをPCのサブディスプレイ化できる「TwomonUSB」などと合わせてサブディスプレイとして使うのであれば全く問題がありません。余ってるタブレットがあってディスプレイを増やしたいと思っている人は絶対に購入することをおすすめします。これは本当に便利です。

今回の個人的感想




今回紹介したのはタブレットアームでした。今回はタブレットのサブディスプレイ化に使うために購入しましたが大正解でした。ここ最近購入したものの中では大当たりと呼べるほど買ってよかったです。価格は1000円程ではありますが、アームは予想を超える硬さでしっかりとタブレットを固定できます。価格は安い割にアームはかなりの強度なので良かったです

ちなみに今回取り付けているタブレットはAcer iconiaTab a500でandroidタブレットとしてはかなり初期に発売されたもので本体重量もかなり重いのですが、特に問題はありません。さすがにタッチ操作をすれば揺れますが、今回はサブディスプレイ目的なのでそこは気にしません。

最初はアームなんていらないと思ってましたが、買って使ってみるとこれは便利となりました。むしろもっと早く買っておけばよかったと思いました。アームを使って本来は設置できないようなデッドスペースを有効活用できるようになりますし、その自由度は本当にありがたいです。固定して使いたいときはぜひタブレットアームを活用すると良いですね!

おススメ:★★★★★
 値段 :★★★★★
 性能 :★★★★★

興味のある人はぜひタブレットアームを購入してみてはいかがでしょう?
→Asher スマホスタンド タブレットスタンド タブレットアーム タブレットアームスタンドを購入する!

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

Most Popular

Now loading...

Social Links

Sponsored Link

MENU

NetaGear

Pure Css Design

Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位50位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。

Amazon

Now Loading...