ShopDD

Now Loading

Now Loading

RSS Article

Now Loading

Article

XPに標準装備されているもう一つのメディアプレイヤー「mplay32」を使おう!

2tydr5je.jpg

Windows XPにはWindows Media Playerが標準装備されているが、実はもう一つメディアプレイヤーが隠れている。

起動の仕方
1、スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」を選んで「名前」に「mplay32」と入力して「OK」ボタンをクリックする。
1drejs4rzwj.png
クリックで拡大
 

2、「ファイル」-「開く」で適当なファイルを開く。「再生」ボタンをクリックするかウィンドウにファイルをD&Dすれば再生される。
3rftkdxk.png

「オプション」ダイアログを開けば、自動巻き戻しや繰り返しを設定でき、タイトルバーのタイトルも変えられる。
4cfdjsjjx.png

本体は、Windowsのインストールされたドライブ(通常はCドライブ)の「WINDOWSsystem32」フォルダにある「mplay32.exe」です。

通常のWindows Media Playerなら即座に再生されるはずだが、このシンプルなタイプは「再生」ボタンをクリックしないと再生できない。このウィンドウにファイルをD&Dすれば自動再生される。ただし、複数のファイルをD&Dすることはできない。しかし、複数起動が可能であるため、異なったファイルを異なるウィンドウで同時に再生できる。 シンプルなメディアプレイヤーが好きな人は使ってみては!?

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

僕はいつもそれを使っています
ほかの人々が何故MPCをつかうのでしょうかね?

95

そういえばシンプルなプレイヤー好きな人はMPCを使っているっていうのはよく聞くけど、mplay32を使っているってのはあまり聞かないですね。

96

mpのなかにmplayer2.exeというファイルがあります。
これはVer.6.4のmpです
ちなみにmplay32.exeは5.1です

961

Most Popular

Now loading...

MENU



Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位50位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。

Amazon

Now Loading...