ShopDD

Now Loading

Now Loading

RSS Article

Now Loading

Article

東芝 WMV再生対応 gigabeat Sを発表!

ces11_02.gifces11_01.gifces11_04.gif

東芝は「gigabeat Sシリーズ」の3月発売を予定している。1.8インチ30GB HDD搭載の「S30」と60GB HDD搭載の「S60」の2モデル。実売価格は「S30」が299ドル、「S60」が399ドル。
2.4型/26万色表示のQVGA(240×320ドット)カラー液晶を搭載し、WMVやDivX、MPEG-2などの映像再生が可能。WMV DRMにも対応し、映像配信サービスからダウンロードした映画などをgigabeat Sに転送して再生できる。DivXのDRMはサポートせず、対応ビットレートなどの詳細は未定。
バッテリ駆動時間は動画再生時が約6時間、音楽再生時が約20時間。AV出力端子も備えている。また、Xbox 360との連携も可能で、Xbox 360からgigabeat S上の楽曲などを検索できるほか、Xbox Liveで購入したWMVファイルを転送し、再生することも可能。米国ではStarz Entertainment Groupによる映像配信サービス「Vongo」でPMC向けの映像配信を実施する。月額の登録料は9.99ドルからとなる。

追記:4月28日発売が決定したようです。

 30GBモデル「gigabeat S30(MES30)」と60GBモデル「gigabeat S60V(MES60V)」の2モデル。直販サイト「shop1048」価格は、S30が36,000円、S60が46,000円。ボディカラーは30GBがピアノブラック(K)/ピュアホワイト(W)/クリムゾンレッド(R)。60GBモデルはピアノブラック(K)のみ。

gigabeat X シリーズから一気にパワーアップしましたね。WMVやDivX再生がとても魅力的です。お金が余っていたら絶対欲しいです!!

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

Most Popular

Now loading...

MENU



Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位50位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。

Amazon

Now Loading...