ShopDD

Now Loading

Now Loading

RSS Article

Now Loading

Article

東芝 ワンセグ補正技術搭載のgigabeat V41を発表!

gigabeat_V41_001.jpg
gigabeat V41


 東芝は、ワンセグ映像補正機能を搭載したポータブルメディアプレーヤー「gigabeat V41」を発表した。10月19日に発売予定。カラーはブラック/ダークネイビー/シャンパンゴールドの3種類が用意されていて、価格は29,800円となっている。

 新製品のgigabeatは、ワンセグ映像補正技術「トギレナイザー」を搭載した。電車に乗っているときなど電波の受信状態が悪い環境でも、受信データを補完処理してワンセグ映像を途切れにくくする。また、記録媒体にフラッシュメモリを採用したのは「gigabeat V」シリーズでは初めてのこととなる。本体に4GBのフラッシュメモリを内蔵するほか、SD、SDHCカードに対応するメモリカードスロットも新たに搭載。本体で録画した番組をメモリカードに移動させることもできる。
gigabeat_V41_002.jpggigabeat_V41_003.jpg

 内蔵の4GBフラッシュメモリでワンセグ番組が20時間、音楽なら960曲の収録が可能。また、長時間使える大容量バッテリーを装備しており、ワンセグ視聴なら10時間、動画再生なら13時間、音楽再生なら40時間の連続視聴ができる。SDカードスロットを搭載したことで、ワンセグ番組の直接録画や本体に録画した番組のSDメモリーカードへの移動が可能になっている。再生可能なファイルは、音楽がWMA、WMA 9 Lossless、MP3、WAV、動画がWMV、静止画がJPEG。

 ディスプレイは3.5型TFT液晶。解像度は320×240ピクセル。インターフェースはUSB2.0/SDカードスロット/ヘッドホン端子など。イコライザーとスピーカーを内蔵。対応OSはWindows Vista/XP。バッテリーは内蔵リチウムイオン電池。本体サイズは幅115×高さ75×奥行き14.2mm。重さは168g。

今回の新Gigabeatもまたフラッシュメモリでしたね。ここ最近のMP3プレーヤーやマルチメディアプレーヤーはフラッシュメモリが大変多くなっていますね。特に国内メーカーはHDDプレーヤーを出すことをためらっている感じがしてなりません。Gigabeat Vシリーズといえばワンセグがメインの動画プレーヤーですが、動画を録画するのに4GBというのは少々心もとないです。SDスロットを搭載したのはその点を補うためでしょう。最近はSDカードもかなり安価ですのでコストもそれほどかかりません。それより今回一番気になったのはワンセグ映像補正技術「トギレナイザー」!なにが気になるってそりゃネーミングセンスですよ(笑)。もう少しどうにかならなかったのかな?

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

Most Popular

Now loading...

MENU



Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位50位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。

Amazon

Now Loading...