1. Home
  2. コンピュータ
  3. PC周辺機器
  4. Logicoolのタッチパネル搭載 2.0chスピーカー「Z-10」を買ってみた!
AmazonAmazon クレジットカードAmazon DashAmazon PrimeAmazon.co.jpAmazon
CASIO G-SHOCKタフソーラーの二次電池交換をWEB修理受付サービスからしてみた!

CASIO G-SHOCKタフソーラーの二次電池交換をWEB修理受付サービスからしてみた!

今回はCASIOの時計のG-SHOCKタフソーラーの二次電池交換をWEB修理受付サービスから申請した時の流れを書きたいと思います。G-SHOCKタフソーラーの二次電池の場合は普通の時...

KADOKAWAの電子書籍が半額でさらにポイント50倍のニコニコカドカワ祭りがものすごい!

KADOKAWAの電子書籍が半額でさらにポイント50倍のニコニコカドカワ祭りがものすごい!

現在電子書籍ストアのBOOK☆WALKERで開催されているニコニコカドカワ祭り2018でものすごいキャンペーンを実施中です。KADOKAWA作品が19000点が半額でさらに45000点がコイン5...

Amazon.comで不良品が送られてきたのでEMSで返品して返金してもらった話!

Amazon.comで不良品が送られてきたのでEMSで返品して返金してもらった話!

以前に海外のAmazonを有効活用して安く買い物をしよう!という記事で簡単に海外のAmazon.comから輸入する方法を紹介しましたが、今回は海外Amazonで購入したものが不良品だ...

総額350ドル!有料ソフト8製品のライセンスキーを無料配布するキャンペーンが実施中!

総額350ドル!有料ソフト8製品のライセンスキーを無料配布するキャンペーンが実施中!

WonderFox Soft, Inc.は同社製品である新しいWonderFox HD Video Converter Factory Proを含む合計8製品のライセンスキーを無料配布するWonderFox 2018 Back to School Par...

Chromeのタブを休止させてメモリ消費を抑えられる拡張機能「The Great Suspender」を使おう!

Chromeのタブを休止させてメモリ消費を抑えられる拡張機能「The Great Suspender」を使おう!

みなさんもよく使っているであろうブラウザのChromeですが、タブを沢山開いているとメモリの消費量がすごいことになることがよくありますよね。そんな時におすすめなのがCh...

無料で使えるVRoid Studioでオリジナル3Dキャラクターを作ろう!

無料で使えるVRoid Studioでオリジナル3Dキャラクターを作ろう!

今回はWindows・Macどちらでも使える無料で使える3DキャラメイカーのVRoid Studioを紹介したいと思います。3D制作の知識がなくても誰でも簡単に自分だけのオリジナル3Dのキ...

360度角度調整可能なKeynice USB扇風機クリップ型を買ってみた!

360度角度調整可能なKeynice USB扇風機クリップ型を買ってみた!

今回紹介するのは縦横360°回転&細かな角度調節が可能なKeynice クリップ型USB扇風機です。USB電源で動作する小型な扇風機で、クリップを使うことでどこでも挟んで使えるほ...

WindowsにKerasとTensorFlow(GPU)をインストールして機械学習の環境を作ろう!

WindowsにKerasとTensorFlow(GPU)をインストールして機械学習の環境を作ろう!

ここ最近は機械学習にはまっていて、前々から気になっていたTensorFlowを試してみたいと思い、実際にWindowsにインストールしてみたので、その導入手順を紹介したいと思い...

スマホ用のBluetoothカメラリモコンが送料込み67円だったので買ってみた!

スマホ用のBluetoothカメラリモコンが送料込み67円だったので買ってみた!

今回紹介するのはスマートフォン用のBluetoothワイヤレスカメラリモコンです。Amazonで衝撃的な安さで販売されていたので試しに購入してみました。このBluetoothリモコンを...

Amazonのお急ぎ便で配送予定日に届かずカスタマーサービスに伝えたらクーポンがもらえた話!

Amazonのお急ぎ便で配送予定日に届かずカスタマーサービスに伝えたらクーポンがもらえた話!

先日アマゾンプライムデーセールが行われていた影響か、アマゾンでの荷物の出荷数が通常よりもかなり増えてクロネコヤマトの配送に遅延が発生しているようです。そんなわけ...

NetaGear RSS News

Now Loading

Article

Logicoolのタッチパネル搭載 2.0chスピーカー「Z-10」を買ってみた!

logicool_z-10_101.jpg

今回紹介するのはLogicoolのタッチパネル搭載 2.0chスピーカー「Z-10」です。ロジクールはマウス(MX Revolution)キーボード(diNovo Edge)と買ってきましたので、今回は周辺機器としては最後であるスピーカーです。こちらも実際に買ったのは半年近く経っている訳ですが、個人的なお勧めとしてレビューを書きたいと思います。

今まで使っていたスピーカーはUSBでの電源供給のもので、出力が弱く音に迫力がなかったので今回はAC電源のタイプを購入することにしました。以前の安いスピーカーは買って早々に電源アダプタがおかしくなってしまったという経験があったので、やはり購入するなら多少高くてもデザインや性能がいいものを購入したいと思ったのでこのZ-10にしました。価格はamazonで14000円!一般的なスピーカーとしてはそれほど高くないものですが、PCスピーカーとしては高価な部類に入ると思います。しかし、タッチセンサー式のマルチメディアコントロールなどのこのスピーカーならではの最先端な性能ならばこの値段もありかと。。。
logicool_z-10_002.jpg

前回と同様Amazonで購入しました。diNovo Edgeとは違って今回はちゃんとダンボール箱に入っていたのでよかったです。また箱がボロボロだったら今度こそAmazonに苦情を申し立てることころでした。まあ、これが通常で前回だけおかしかったんだと思いたいところです。

箱の中に入っているのは以下のものです。

★パッケージ内容
・Z-10(スピーカー x2)
・クリーニング用セーム革クロス
・スピーカー接続ケーブル
・USBケーブル
・オーディオ入力ケーブル
・電源ケーブル
・ユーザーズガイド&2年間無償保証書

 本体はサイズが幅114×高さ246×奥行き119mm、重量3,740g。入出力インターフェイスはUSB入力(タイプAコネクタ)、サウンド入力(ステレオミニジャック)、サウンド出力(ヘッドホン、ステレオミニジャック)を備える。

logicool_z-10_103.jpg
箱の裏側には「前例のない先端のコントロール機能」と書かれています。たしかにこういった操作をスピーカーで行うというのは前例がないかもしれないですね。

logicool_z-10_104.jpg
思ったよりスピーカーのサイズは大きいです。スピーカー本体には二つずつスピーカーがついており、ウーファー、左/右:14.8W x2、ツイーター、左/右:1.2W x2という内訳になっています。クリアな高音と強力な低音を実現する30Wの2ウェイスピーカーが存在し、総合最大出力:60W。これにより低音と高音をしっかり表現して音をより明瞭化させています。

logicool_z-10_005.jpg
後ろにはUSB入力以外に普通の3.5mmのアナログ入力が存在します。これによりパソコン以外にiPod等のオーディオを再生することが可能です。

logicool_z-10_106.jpg
スピーカーのサイドには3.5mmのイヤホンジャックがついているので、ヘッドホンを使いたいときにはここから音をとることができます。

※ここからの写真はタッチパネルの光を写すために部屋を暗くしたため、画像がよくないです。ご了承ください。

液晶部分には時計&カレンダー、メディアディスプレイ、パフォーマンスモニタ、カウントダウンタイマー、POP3メールモニターなどを表示させることができます。下部の光っていることろはタッチパネルになっており指を触れる(厳密に言えば指をかざすだけで反応する)ことで操作することができる。このスピーカーがパソコンと連動して操作できることは、ボリューム調節、消音、曲の早送り&巻き戻しと一時停止、簡易イコライザ(Bass,trebleの調節)が可能となっています。

logicool_z-10_107.jpg
メディアディスプレイ。曲名とアーティスト名、再生時間等が表示されます。一番役に立つ機能です。

logicool_z-10_108.jpg
時計&カレンダー。時計とカレンダーが表示されます。これ以外にもメールの受信件数なども表示してくれます。

logicool_z-10_009.jpg
パフォーマンスモニタ。CPUやメモリ使用量を表示してくれます。これは結構便利です。

logicool_z-10_010.jpg
カウントダウンタイマー。簡単に言うとストップウォッチ機能とカウンタダウン機能です。これに関しては必要性はかなり薄い気がします。

logicool_z-10_014.png
ソフトウェアに関してはいろいろな設定を行うことができます。上記画像などのプログラムは自動的に循環するので、その循環する秒数やディスプレイの明るさも変えることができます。Z-10で操作可能なメディアプレーヤーiTunes、Windows Media Player、Winamp、Musicmatch Jukeboxなどさまざまですが、唯一SonicStageには対応していない。プログラムにはソフトウェアをインストールすることで追加されるものも存在し、Core Tempなどをインストールすると温度表示が追加されたりします。

logicool_z-10_117.jpg
スピーカーを置いたらこんな感じになりました。暗いところではスピーカの液晶が光っていい感じです。

logicool_z-10_015.jpg
今まで紹介したロジクール製品を全部そろえるとこんな感じ。ロジクールはかっこいいですね。

総合的に考えてかなりいい感じです。最先端の機能とデザインを備えたすばらしいスピーカーです。この性能で音もしっかりしていて結構いい音が出ます。思いのほか低音が出ていた点は驚きました。デザインや操作性に関しては言うことなし。最先端好きならこの値段を出す価値はあると思いました。ただ、ひとつ言うことがあるとしたらタッチパネル部分が発熱しているところ。これは液晶がついているのでしょうがない点だとは思いますが、その点だけ少し気になりました。あと、ロジクールのキーボード同様に表面がコーティングされているので指紋がかなりつきます。指紋拭きがついているので問題ないといえば問題ないですが、神経質な人には向かないかも。

おススメ:★★★★★
 値段 :★★★
 性能 :★★★★★

最先端の性能&デザインはカッコいいのでぜひ購入してみては?
Logicoolのタッチパネル搭載 2.0chスピーカー「Z-10」


Tag

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

価格はキーボードとしては超高額の14000円!
あれ・・・キーボード買ったん?

3371

曲名などが表示されるのが一番魅力だと思いますね~これは。
音も低音厨じゃなければ十分満足できる。クリーンで艶のある音かな。
あとネットラジオなどを登録できるワンタッチボタンがあるので、パネルにワンタッチすればプレーヤーが起動して流れ出すのも楽で気に入ってます。個人的に4個は少ない・・・。
最近たまにタッチパネルなのかソフトウェアがおかしいのか作動しないことがあります。交換してもらおうかな・・。

3372

キーボードで考えたら14000円は高いってことかと思われ

3373

やべー。どうしてくれるんだよ。
logicool製品で紹介してたの全部ほしくなってきちゃったよこれ。

うわーどうしよう・・・。

3374

かっこいい

本当にかっこいいです
やっぱり買って良かったですか?

3375

ロジクールww
自分でトップだと思い込みしている会社www
しかも無駄に高額ww
ありえねww

3376

これスピーカー!!??
やべぇボタンついとるwwキーボードがめちゃほしぃわぁ・・・

3377

かっこいいいいいいいいい
自分はマウスのみしか持ってなかったけど、スピーカーも欲しくなるな

3378

今日、現物見ましたけど馬鹿デカいですねぇ!!

3405

このコメントは管理人のみ閲覧できます

3445

これもってるけど1万台だけあってすごくイイ。雑音が鳴るとかいう噂があるが今のところは大丈夫

7979

デジタル出力と知って買ってから結構気に入ってる(^^ゞ
その頃、たまたまサウンドボードの接続ケーブルを弟に壊された時にたまたま見つけて買っただけですがね(^^;
でも、今まで使ってたスピーカーと聞き比べるとこのスピーカーの音質の善さに驚いたくらいですヾ(´□`)/

8049

Most Popular

Now loading...

Social Links

Sponsored Link

MENU

NetaGear

Pure Css Design

Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位50位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。

Amazon

Now Loading...