ShopDD

Now Loading

Now Loading

RSS Article

Now Loading

Article

MUSIC PORTER X 4月8日に発売決定!!

MUSIC_PORTER_X_docomo_001.jpgMUSIC_PORTER_X_docomo_002.jpg
MUSIC PORTER X


 NTTドコモは、携帯電話として初めて衛星デジタル放送「モバHO!」の音楽/音声番組の受信に対応した三菱製の端末「MUSIC PORTER X」を4月8日に発売する。

 1GBのフラッシュメモリを内蔵し、音楽プレーヤー機能に特化した携帯電話。モバHO! の動画放送やワンセグ受信には対応していない。

 国内の携帯電話として初めて、モバHO! の音声番組の受信に対応。モバHO! の音声はAACやAAC+SBRで放送されているが、内蔵メモリに録音が可能。自動的にアーティスト/タイトル名が保存されるとともにプレイリスト化され、リピート再生なども行なえる。なお、メモリーカードスロットは備えていない。

MUSIC_PORTER_X_docomo_003.jpg
専用卓上クレードルに乗せ、ボーズのマルチメディアスピーカー「M3」と接続したところ

 受信可能なチャンネルは音声のみの15チャンネル。「Gパック」と呼ばれる専用パックになっており、月額利用料金は980円。月額料金はiモード情報量として支払うことができる。なお、それ以外にも加入料が2,500円必要だが、2006年6月30日までは加入料無料となっている。

 音楽再生機能も充実しており、ATRAC3/ATRAC3plus/MP3/AACの再生に対応。USBケーブル経由で音楽CDから楽曲を取り込むこともできる。音楽の連続再生時間は約20時間。

 ディスプレイは2.8型で、解像度は240×400ドット。26万色表示が行なえる。また、有効画素数32万画素のCMOSカメラを内蔵する。カラーリングはサファリ・グリーン。外形寸法は109×50×24mm(縦×横×厚さ)で、重量は約136g。連続待ち受け時間は静止時で約420時間、移動時で約320時間。連続通話時間は約170分。

製品自体は2005年10月に発表され、「CEATEC JAPAN 2005」でも参考展示されていたが発売までに6ヶ月かかった!発表当初は日本初のHDD搭載の携帯と言っていたが、AUのW41Tに先を越されてしまった点が痛い!!しかも1GでAUのW41Tの四分の一です!!

私の考えではまだ携帯で音楽という時代ではない気がします。PCから移す時は高音質が出来ますが、インターネットからのダウンロードではAUは2Mまで、ドコモは500KBという制限がある。これが痛いところである。AUはHE-AACができるからまだいいが、それでも音はすごく良いとはいいがたい。音楽を聞くなら音楽専用のmp3プレイヤーの方が音は良いですし。私は携帯にHDDがあってもmp3プレイヤーを持ち歩くと思う。

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

Most Popular

Now loading...

MENU



Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位50位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。

Amazon

Now Loading...