ShopDD

Now Loading

Now Loading

RSS Article

Now Loading

Article

Docomoが2006年夏にHSDPAサービスを開始!



 NTTドコモは、高速通信が可能なHSDPA(Speed Downlink Packet Access)サービスを2006年夏に開始すると発表した。通信速度は現在のFOMAの約10倍とし、料金体系はFOMAと同じにすることで企業競争力を高め、秋に始まる番号ポータビリティ制度に備える。

 HSDPAはW-CDMAを高速化した通信規格。サービス開始時の通信速度は下り最大3.6Mbps、上り最大384kbpsとする。現在のFOMAの通信速度は上下最大384kbpsであることから、約10倍のスピードになる。ライバルのKDDIはCDMA 1X WINで下り最大2.4Mbpsのサービスを提供しているが、これよりも通信速度は速くなる。

 サービス提供エリアは当初東京23区内のみとなるが、順次全国に拡大し、2007年3月末までに人口カバー率を約70%にまで高める。

上の写真は最大3.6Mbpsの高速通信規格HSDPA(High-Speed Downlink Packet Access)に対応した端末の試作機。
写真は左から富士通製、モトローラ製、NEC製となっている。

HSDPA対応になればダウンロード容量制限(500KBまで)の緩和が期待できます。これにより、高音質の音楽ダウンロードや長時間のストリーミング動画配信が可能になるのではないかと私は考えています。HSDPA対応にしたら絶対パケホーダイにしますね~。

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

Most Popular

Now loading...

MENU



Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位50位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。

Amazon

Now Loading...