1. Home
  2. コンピュータ
  3. Windows
  4. Windows7の「Windows XP Mode」をVMware Playerで使おう!
AmazonAmazon クレジットカードAmazon DashAmazon PrimeAmazon.co.jpAmazon
Chromeを簡単にカスタマイズ!14色の公式ブラウザテーマを公開!

Chromeを簡単にカスタマイズ!14色の公式ブラウザテーマを公開!

Googleの「Chrome」チームが初となるChromeの公式テーマを公開しました。今回公開された14色のカラーリングは色合いや濃淡も様々なものが用意されています。これらのテーマ...

PNGやJPEGより圧縮性能が高い次世代画像フォーマットの「WebP」を使おう!

PNGやJPEGより圧縮性能が高い次世代画像フォーマットの「WebP」を使おう!

一般的なWebサイトに用いられている画像はPNGやJPEGがほとんどですが、今回はWebサイトにおける次世代画像フォーマットのWebP(ウェッピー)の話をしたいと思います。WebPはG...

JPEG/PNG形式の画像をWebPへ一括変換できるソフト「WebPconv」が便利!

JPEG/PNG形式の画像をWebPへ一括変換できるソフト「WebPconv」が便利!

今回紹介するのはJPEG/PNG形式の画像を次世代画像フォーマットである「WebP」(ウェッピー)に一括変化することができるソフトである「WebPconv」を紹介したいと思います。We...

Googleが提供する画像をブラウザ上で最適化して圧縮できるサイト「Squoosh」!

Googleが提供する画像をブラウザ上で最適化して圧縮できるサイト「Squoosh」!

Webサイトで画像を掲載する際に、画像の画質やファイルサイズを最適化して圧縮するのはサイトの表示速度を高速化するためにも必須の項目です。そこで今回紹介するのはGoogl...

無料で使えるオンラインのポスター&チラシメーカー「DesignCap」が便利!

無料で使えるオンラインのポスター&チラシメーカー「DesignCap」が便利!

今回紹介するのは簡単にハイクオリティなポスターを作ることが可能な無料のオンラインのポスター&チラシメーカーである「DesignCap」です。このDesignCapを使えばソフトウ...

CORSAIR 簡易水冷CPUクーラーH60の新旧を比較してみました!

CORSAIR 簡易水冷CPUクーラーH60の新旧を比較してみました!

ちょっと前からCORSAIRの簡易水冷CPUクーラーからカラカラという異音が聞こえるようになってきたので、CPUクーラーを買い換えることにしました。そんなわけで今回はCORSAIR...

Xボーダーを使って日本に発送できない海外サイトの商品を購入する方法!

Xボーダーを使って日本に発送できない海外サイトの商品を購入する方法!

以前に、AmazonUSで日本に発送できない商品も日本語で簡単に買える「Xボーダー」がすごい便利!という記事で紹介した「Xボーダー」ですが、実はこのXボーダーは海外のAmazo...

送料込み28円!?スマホ三脚固定ホルダー(ブラケット)を買ってみた!

送料込み28円!?スマホ三脚固定ホルダー(ブラケット)を買ってみた!

今回はスマートフォンを三脚固定するためのホルダーの三脚ブラケットがAmazonで送料込み28円という超激安価格で販売されていたので一つ購入してみました。そこで今回はスマ...

Windows標準搭載の仮想デスクトップを便利に拡張できるソフト「Sylphyhorn」!

Windows標準搭載の仮想デスクトップを便利に拡張できるソフト「Sylphyhorn」!

今回紹介するのはWindows10の仮想デスクトップの機能を更に便利に拡張できるソフトの「Sylphyhorn」を紹介したいと思います。Windows10から標準で搭載されている仮想デスク...

NetaGear RSS News

Now Loading

Article

Windows7の「Windows XP Mode」をVMware Playerで使おう!

 Windows 
Windows_xp_mode_019.png

みなさん「Windows XP Mode」をご存知でしょうか?Windows7のProfessional、Enterprise、Ultimateのエディションを使っている人は、「Windows XP Mode」というWindows7上でWindows XPを使うことができる機能がついています。Microsoftの公式にも以下のように記述されています。

Windows XP モードを使用すれば、Windows XP 用に設計されたプログラムを、Windows 7 Professional、Enterprise、または Ultimate エディションを実行するコンピューター上で実行することができます。

せっかくついているものを使わないの損ということで、今回はVMware PlayerでXP Modeを使う方法を紹介したいと思います。Microsoft公式のページではWindows Virtual PCを使用して使う記述がありますが、VMware PlayerでもXP Modeを普通に使うことができます!

対応OS


windows7_edition_001.png
対応OSは以下の3つエディションです。それ以外のWindows7ではXPモードは使うことができません。

Windows 7 Professional
Windows 7 Enterprise
Windows 7 Ultimate


Windows XP Modeのインストール方法!


Windows_xp_mode_001.png
1 Windows XP Modeのダウンロードページにアクセスして、Windows 7 のエディションと、インストールに使用する言語を選択します。その後、Windows XP Modeをダウンロードします。

Windows_xp_mode_002.png
2 WindowsXPMode_ja-jp.exeを起動します。

Windows_xp_mode_003.png
3 「次へ」をクリックします。

Windows_xp_mode_004.png
4 インストールが終わるまでしばらく待ちます。

Windows_xp_mode_005.png
5 セットアップの完了したら「完了」をクリックします

vmware_player_3_022.png
6 まずは仮想マシンを実行できるフリーソフト「VMware Player」を使おう!の記事を見ながらVMware Playerをインストールします。このときインストールするのはVMware Player3.1をインストールしてください。VMware Player4だと「Windows XP Mode 仮想マシンのインポート」が正しく行えない問題が発生します。

Windows_xp_mode_006.png
7 VMware Player3を起動して、「ファイル」から「Windows XP Mode 仮想マシンのインポート」を押します。

Windows_xp_mode_008.png
8 マシンの再構成が完了するまでしばらく待ちます。

Windows_xp_mode_009.png
9 インポートが完了すると「Windows XP Mode」という項目が追加されます。「Windows XP Mode」を選択した状態で、「仮想マシンの設定」を押します。

Windows_xp_mode_010.png
10 ここで仮想マシンの設定を行います。メモリ、プロセッサ、ハードディスクなどの設定を自分の好きな数値に変更してください。

Windows_xp_mode_014.png
11 VMware Playerから「Windows XP Mode」を起動すると、セットアップ画面になります。ここでは同意しますにチェックを入れて「次へ」をクリックします。

Windows_xp_mode_015.png
12 「次へ」をクリックします。

Windows_xp_mode_016.png
13 コンピュータ名やパスワードを設定して「次へ」をクリックします。

Windows_xp_mode_017.png
14 日時設定とタイムゾーンを選択して「次へ」をクリックします。

Windows_xp_mode_018.png
15 インストールが終わるまでしばらく待ちます。

Windows_xp_mode_019.png
16 Windows XPが起動します。

Windows_xp_mode_031.png
17 システムのプロパティを確認するとシステムは「Microsoft Windows XP MProfessional Version 2002 Service Pack3」となっています。この状態までいけば普通にXPとして使うことができます。

現状ではXP ModeはVMwareで複数コアに設定を変更してもシングルコア動作なので、マルチコアで動作させるには以下の記事の手順で設定を変更してください。
→VMware Playerに導入したXP Modeをマルチコアで動作させる方法!

今回の個人的感想




今回はXPモードについての記事でした。Windows7のProfessional、Enterprise、Ultimateを使っている人は、XP Modeのライセンスがついているので使わないと損ですね。XP Modeは基本的にWindows XP Professionalと同じなので、導入しておけば何かしらには使えると思います。

今回の記事は前回の仮想マシンを実行できるフリーソフト「VMware Player」を使おう!との連続記事でした。本来は一つの記事でしたが、あまりに長くなりすぎたのでVMware Playerのインストール編とXP Modeの導入編に分けて2つの記事にしました。

それにしても今回の記事は結構大変でした。最初VMware Player4でやろうとしたら、以下の記述が表示されて、VMware vCenter Converter Standaloneをインストールした後もXP Modeをインポートできず結局VMware Player3をインストールしなおす羽目に・・・。

Windows_xp_mode_007.png
VMware Player のこの機能を使用するには、VMware vCenter Converter Standalone 製品が必要となります。[OK] をクリックして、VMware vCenter Converter Standalone をインストールしてください。インストールが完了した後に再試行してください。

なんでバージョンあげたら使えなくなってしまったのかわかりませんが、何とかして欲しいものです。。。

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

VMware vCenter Converter Standaloneがクライアントサーバ方式でインストール

9496

こんにちは。
奇遇というか、自分も今日同じ事を実践しておりました。
ただ、私の環境では VMware Player 4.0.1 での動作確認ができました。
記事を拝読していて少し気になったのですが、VMware vCenter Converter のバージョンは何をお使いでしょうか?
また、「クライアントサーバ」でインストールされておりますでしょうか。

9498

私も引っ掛かりました。
なるほど。「クライアントサーバ」としてインストする必要があったのですね。
多謝。

9587

Home Premiumは失敗しますか?

9674

Most Popular

Now loading...

Social Links

Sponsored Link

Popular Article

Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位15位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。