1. Home
  2. コンピュータ
  3. Windows
  4. Windows8.1アップグレード後に不要になったWindows.oldフォルダの削除方法!
AmazonAmazon クレジットカードAmazon DashAmazon PrimeAmazon.co.jpAmazon
Chromeを簡単にカスタマイズ!14色の公式ブラウザテーマを公開!

Chromeを簡単にカスタマイズ!14色の公式ブラウザテーマを公開!

Googleの「Chrome」チームが初となるChromeの公式テーマを公開しました。今回公開された14色のカラーリングは色合いや濃淡も様々なものが用意されています。これらのテーマ...

PNGやJPEGより圧縮性能が高い次世代画像フォーマットの「WebP」を使おう!

PNGやJPEGより圧縮性能が高い次世代画像フォーマットの「WebP」を使おう!

一般的なWebサイトに用いられている画像はPNGやJPEGがほとんどですが、今回はWebサイトにおける次世代画像フォーマットのWebP(ウェッピー)の話をしたいと思います。WebPはG...

JPEG/PNG形式の画像をWebPへ一括変換できるソフト「WebPconv」が便利!

JPEG/PNG形式の画像をWebPへ一括変換できるソフト「WebPconv」が便利!

今回紹介するのはJPEG/PNG形式の画像を次世代画像フォーマットである「WebP」(ウェッピー)に一括変化することができるソフトである「WebPconv」を紹介したいと思います。We...

Googleが提供する画像をブラウザ上で最適化して圧縮できるサイト「Squoosh」!

Googleが提供する画像をブラウザ上で最適化して圧縮できるサイト「Squoosh」!

Webサイトで画像を掲載する際に、画像の画質やファイルサイズを最適化して圧縮するのはサイトの表示速度を高速化するためにも必須の項目です。そこで今回紹介するのはGoogl...

無料で使えるオンラインのポスター&チラシメーカー「DesignCap」が便利!

無料で使えるオンラインのポスター&チラシメーカー「DesignCap」が便利!

今回紹介するのは簡単にハイクオリティなポスターを作ることが可能な無料のオンラインのポスター&チラシメーカーである「DesignCap」です。このDesignCapを使えばソフトウ...

CORSAIR 簡易水冷CPUクーラーH60の新旧を比較してみました!

CORSAIR 簡易水冷CPUクーラーH60の新旧を比較してみました!

ちょっと前からCORSAIRの簡易水冷CPUクーラーからカラカラという異音が聞こえるようになってきたので、CPUクーラーを買い換えることにしました。そんなわけで今回はCORSAIR...

Xボーダーを使って日本に発送できない海外サイトの商品を購入する方法!

Xボーダーを使って日本に発送できない海外サイトの商品を購入する方法!

以前に、AmazonUSで日本に発送できない商品も日本語で簡単に買える「Xボーダー」がすごい便利!という記事で紹介した「Xボーダー」ですが、実はこのXボーダーは海外のAmazo...

送料込み28円!?スマホ三脚固定ホルダー(ブラケット)を買ってみた!

送料込み28円!?スマホ三脚固定ホルダー(ブラケット)を買ってみた!

今回はスマートフォンを三脚固定するためのホルダーの三脚ブラケットがAmazonで送料込み28円という超激安価格で販売されていたので一つ購入してみました。そこで今回はスマ...

Windows標準搭載の仮想デスクトップを便利に拡張できるソフト「Sylphyhorn」!

Windows標準搭載の仮想デスクトップを便利に拡張できるソフト「Sylphyhorn」!

今回紹介するのはWindows10の仮想デスクトップの機能を更に便利に拡張できるソフトの「Sylphyhorn」を紹介したいと思います。Windows10から標準で搭載されている仮想デスク...

NetaGear RSS News

Now Loading

Article

Windows8.1アップグレード後に不要になったWindows.oldフォルダの削除方法!

 Windows 
windows8_windows_old_000.png

先日、Windows8 Proへのアップグレードが3300円で行えると聞いて早速Windows8を導入してみたのですが、アップグレード後にCドライブ容量がかなり肥大化していることに気がつきました。Windowsのアップグレード時には、以前のバージョンのWindowsで使用されていたファイルはWindows.oldフォルダー内に保存されるようになっています。これはWindows8.1へのアップデート後も同様です。

そのため、CドライブでWindows.oldフォルダが無駄に容量を食っているのです。Windows.oldフォルダは必要なファイルをここからサルベージしてしまえば、後はただ無駄に容量を食うだけですし、不要なので削除してしまうのがいいでしょう。
ただ、Windows.oldフォルダは通常の右クリックから削除という方法が使えません。通常の手順で削除しようとすると「アクセスの拒否 この操作を実行するアクセス許可が必要です。このフォルダーを変更するにはSYSTEMからアクセス許可を得る必要があります。」と表示されて削除することができないのです。そこで今回はWindows.oldフォルダを削除するための手順を書きたいと思います。

Windows.oldフォルダの削除する方法!


windows8_windows_old_001apng.png
1 まずは「コンピューター」を開きます。

windows8_windows_old_003.png
2 ローカルディスク(C:)で右クリックしてプロパティを開きます。

windows8_windows_old_004.png
3 「ディスクのクリーンアップ」を押します。

※ディスククリーンアップを使用する前に、すべてのファイルと設定がWindowsのあるべき場所に置かれていることを確認してください。Windows.old フォルダーは、削除すると元に戻せません。

windows8_windows_old_005.png
4 「システムファイルのクリーンアップ」をクリックします。

windows8_windows_old_006.png
5 ここで、「Windows ESD インストールファイル」「一時 Windowsインストールファイル」「以前の Windowsインストール」にチェックを入れます。

Windows ESD インストールファイルとは、PCを初期状態に戻すまたはリフレッシュする場合に必要なファイルですが、Windows8のインストールディスクがあれば不要ですし、ダウンロード版のアップグレード版でも後からメールに記載されたURLからWindows8はダウンロードできますので問題はありません。

windows8_windows_old_007.png
6 チェックをし終わったら「OK」を押します。

windows8_windows_old_008.png
7 確認されれるので「ファイルの削除」を押します。

windows8_windows_old_009.png
8 クリーンアップが開始されるので終了するまでしばらく待ちます。これで削除完了です。

容量比較


windows8_windows_old_002.png
Windows8アップグレード後のCドライブの空き容量は32GBでした。

windows8_windows_old_010.png
ディスククリーンアップで「Windows ESD インストールファイル」「一時 Windowsインストールファイル」「以前の Windowsインストール」を削除することでのCドライブの空き容量は42GBと10GBほど小さくできました。

今回の個人的感想




これは以前に使っていた環境に依存するのでなんとも言いがたいところですが、アップグレード元となったWindowsのCドライブのファイルサイズが大きいと、Windows.oldフォルダにそのまま反映されてしまうので、必要なファイルのサルベージが終わってしまったらWindows.oldフォルダを削除することをおススメします。

私の場合はほとんど必要なファイルがない状態だったのでそのまま削除しましたが、それでも「Windows ESD インストールファイル」「一時 Windowsインストールファイル」「以前の Windowsインストール」で10GBほど容量を小さくすることができたので、まだ削除していない人は試してみてはいかがでしょうか?

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

バックアップとっておきたい人はsystem権限を使っているユーザにつければ切り取り可能ですよ。

10011

Most Popular

Now loading...

Social Links

Sponsored Link

Popular Article

Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位15位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。