1. Home
  2. コンピュータ
  3. ソフト・ツール
  4. Google Chromeで拡張機能を使わずに簡単にUser-Agentを変更する方法!
AmazonAmazon クレジットカードAmazon DashAmazon PrimeAmazon.co.jpAmazon
Chromeを簡単にカスタマイズ!14色の公式ブラウザテーマを公開!

Chromeを簡単にカスタマイズ!14色の公式ブラウザテーマを公開!

Googleの「Chrome」チームが初となるChromeの公式テーマを公開しました。今回公開された14色のカラーリングは色合いや濃淡も様々なものが用意されています。これらのテーマ...

PNGやJPEGより圧縮性能が高い次世代画像フォーマットの「WebP」を使おう!

PNGやJPEGより圧縮性能が高い次世代画像フォーマットの「WebP」を使おう!

一般的なWebサイトに用いられている画像はPNGやJPEGがほとんどですが、今回はWebサイトにおける次世代画像フォーマットのWebP(ウェッピー)の話をしたいと思います。WebPはG...

JPEG/PNG形式の画像をWebPへ一括変換できるソフト「WebPconv」が便利!

JPEG/PNG形式の画像をWebPへ一括変換できるソフト「WebPconv」が便利!

今回紹介するのはJPEG/PNG形式の画像を次世代画像フォーマットである「WebP」(ウェッピー)に一括変化することができるソフトである「WebPconv」を紹介したいと思います。We...

Googleが提供する画像をブラウザ上で最適化して圧縮できるサイト「Squoosh」!

Googleが提供する画像をブラウザ上で最適化して圧縮できるサイト「Squoosh」!

Webサイトで画像を掲載する際に、画像の画質やファイルサイズを最適化して圧縮するのはサイトの表示速度を高速化するためにも必須の項目です。そこで今回紹介するのはGoogl...

無料で使えるオンラインのポスター&チラシメーカー「DesignCap」が便利!

無料で使えるオンラインのポスター&チラシメーカー「DesignCap」が便利!

今回紹介するのは簡単にハイクオリティなポスターを作ることが可能な無料のオンラインのポスター&チラシメーカーである「DesignCap」です。このDesignCapを使えばソフトウ...

CORSAIR 簡易水冷CPUクーラーH60の新旧を比較してみました!

CORSAIR 簡易水冷CPUクーラーH60の新旧を比較してみました!

ちょっと前からCORSAIRの簡易水冷CPUクーラーからカラカラという異音が聞こえるようになってきたので、CPUクーラーを買い換えることにしました。そんなわけで今回はCORSAIR...

Xボーダーを使って日本に発送できない海外サイトの商品を購入する方法!

Xボーダーを使って日本に発送できない海外サイトの商品を購入する方法!

以前に、AmazonUSで日本に発送できない商品も日本語で簡単に買える「Xボーダー」がすごい便利!という記事で紹介した「Xボーダー」ですが、実はこのXボーダーは海外のAmazo...

送料込み28円!?スマホ三脚固定ホルダー(ブラケット)を買ってみた!

送料込み28円!?スマホ三脚固定ホルダー(ブラケット)を買ってみた!

今回はスマートフォンを三脚固定するためのホルダーの三脚ブラケットがAmazonで送料込み28円という超激安価格で販売されていたので一つ購入してみました。そこで今回はスマ...

Windows標準搭載の仮想デスクトップを便利に拡張できるソフト「Sylphyhorn」!

Windows標準搭載の仮想デスクトップを便利に拡張できるソフト「Sylphyhorn」!

今回紹介するのはWindows10の仮想デスクトップの機能を更に便利に拡張できるソフトの「Sylphyhorn」を紹介したいと思います。Windows10から標準で搭載されている仮想デスク...

NetaGear RSS News

Now Loading

Article

Google Chromeで拡張機能を使わずに簡単にUser-Agentを変更する方法!

 ソフト・ツール 
chrome_user_agent_000.png

サイト製作をやっていると、スマホ用ページをPC用のブラウザからチェックしたいことが多々あります。Webサイトの表示というのは主にUserAgentで切り替えている場合が多いので、これをいじる事でPC用ブラウザからでもスマホ用ページが閲覧できたりします。

そこで今回は、Google Chromeで拡張機能を使わずに簡単にUser-Agentを変更する方法について紹介したいと思います。この方法を使えば、拡張機能などを導入せずに簡単にGoogle chromeのUserAgentをAndroidやiPhoneに偽装してスマホ用ページにアクセスできます。
まず始めにUserAgent(ユーザーエージェント,UA)はどのようなものか説明しておくと、一般的にWebブラウザがWebページを表示する際には、HTTPリクエスト中にクライアント側から使用しているWebブラウザ、バージョンなどの情報を申告しています。これらの情報を元にサーバ側はWebブラウザに最適化されたデータを送信しているのです。

スマートフォンとパソコンでアクセスした際にWebページの表示が異なるのは、このUser-Agentのヘッダ情報を見て表示する内容を切り替えているからです。


Google Chromeで拡張機能を使わずに簡単にUser-Agentを変更する方法!


chrome_user_agent_001.png
1 まずは適当なサイトを開きます。その後キーボードの「F12」キーを押します。

chrome_user_agent_002.png
2 右下の歯車を押します。

chrome_user_agent_004.png
3 「User Agent」のチェックを入れます。

chrome_user_agent_003.png
4 偽装したいUser Agentを選択します。今回はスマホ用のページをチェックしたかったのでAndroid 2.3を選択しました。ちなみに、このウィンドウはそのまま保持しておいてください。閉じてしまっては設定が元に戻ってしまいます。

chrome_user_agent_005.png
5 ここで最初のウィンドウで更新ボタンを押すと、スマホ用のページが表示されるようになります。

ショートカット


chrome_user_agent_007.png
先ほどの手順以外にもショートカットをコピーして、リンクにUser Agentを指定することで特定のUser Agentで起動する方法もあります。

chrome_user_agent_008.pngこのようにchrome.exeの後ろにスペースを入れ--user-agent="ユーザーエージェント" --user-data-dir="c:\temp"のように追加することで起動時にUser Agentを指定することができます。--user-data-dirを指定しないと先に起動しているGoogle Chromeの設定が読み込まれてしまうのでこちらも忘れずに設定しましょう。

C:\Users\admin\AppData\Local\Google\Chrome\Application\chrome.exe --user-agent="Mozilla/5.0 (iPhone; U; CPU iPhone OS 2_0 like Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/525.18.1 (KHTML, like Gecko) Version/3.1.1 Mobile/5A347 Safari/525.20" --user-data-dir="c:\temp"

今回の個人的感想




ここ最近ではWebサイトにアクセスする端末は、PCのWebブラウザ以外にもスマートフォンが増えていますからね。スマホ用のページのチェックができます。まあ今回の方法では、UAの偽装だけでレンタチングエンジン自体はそのままなので、実機並みの表示確認はできませんが、おおまかなチェックくらいには使えますよ。

あとはモバマスとかのスマホ用のブラウザゲームなども、この方法でPCからプレイすることができます。ちょっと調べてみましたが「PCからのアクセスや対応を想定していないブラウザから利用したことが発覚した場合は、サポートや補填の対象にならないことがございます。」と書かれていたので使うのは自己責任ですけどね。

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

Most Popular

Now loading...

Social Links

Sponsored Link

Popular Article

Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位15位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。