1. Home
  2. オーディオ
  3. ヘッドホン
  4. ヘルメット用スピーカーにはaudio-technicaのヘッドホン ATH-EQ300Mがおすすめ!
AmazonAmazon クレジットカードAmazon DashAmazon PrimeAmazon.co.jpAmazon
サーバーメンテナンスのお知らせ!(2019/05/24~25)

サーバーメンテナンスのお知らせ!(2019/05/24~25)

いつもShopDDおよびNetaGearをご利用いただきありがとうございます。2019年5月24日(金)、5月25日(土)2時AM2:00~AM:6:00頃にサーバーの移転及びメンテナンスを行います。作...

Loctekのガス圧式 液晶モニターアーム D8を使ってみた!

Loctekのガス圧式 液晶モニターアーム D8を使ってみた!

今回紹介するのはLoctek製のガススプリング式(ガス圧式)の液晶モニターアーム D8です。ガススプリング式を採用しており通常の固定式の液晶モニターアームと比較すると、移...

ギガビット対応のLANケーブル延長コネクターを買ってみた!

ギガビット対応のLANケーブル延長コネクターを買ってみた!

先日の記事でダイソーで売っているLANケーブル延長コネクターを購入しましたが、せっかく最大1Gbpsのフレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプを契約しているの...

日本未発売の薄型背面バッテリーmoto modsの「moto power pack」を買ってみた!

日本未発売の薄型背面バッテリーmoto modsの「moto power pack」を買ってみた!

ちょっと前の記事で日本未発売で日本に発送できない商品を購入する方法の例として、Xボーダーを利用して日本未発売の超薄型背面バッテリーmoto modsの「moto power pack」...

HTML+CSSで3D空間を表現した「CSS FPS」がすごい!

HTML+CSSで3D空間を表現した「CSS FPS」がすごい!

今回紹介するのはHTMLとCSSを使ってFPSゲームなどでよくあるような3D空間を表現した技術デモサイトである「CSS FPS」のサイトを紹介したいと思います。HTML+CSSで表現でき...

YouTubeのチャンネル&動画分析ツールの「NoxInfluencer」で分析しよう!

YouTubeのチャンネル&動画分析ツールの「NoxInfluencer」で分析しよう!

今回紹介するのは、YouTubeのチャンネル分析が可能なマーケティングツールである「NoxInfluencer」です。NoxInfluencerを使うことでYouTubeチャンネルランキング、比較、タ...

動画変換やダウンロード、画面録画などが可能なマルチな動画ソフト「VideoProc」!

動画変換やダウンロード、画面録画などが可能なマルチな動画ソフト「VideoProc」!

先日からGWプレゼントキャンペーンでライセンスコードをプレゼントされていたVideoProcですが、今回はそのVideoProcを実際に使ってみたのでレビューを書きたいと思います。...

Vegas Proの手ブレ補正機能の効果を検証してみました!

Vegas Proの手ブレ補正機能の効果を検証してみました!

先日86%オフのキャンペーンで購入したプロ用動画編集ソフトのVegas Proですが、今回はそのVegas Proを使って手ブレしている動画にVegas手ブレ補正プラグインを使って手ブレ...

スマートスピーカーのAmazon Echo Dot第3世代が46%オフの3,240円で販売中!

スマートスピーカーのAmazon Echo Dot第3世代が46%オフの3,240円で販売中!

Amazon Echo Dot 第3世代 スマートスピーカー with Alexaがセール特価でなんと46%オフの大特価で販売中です。販売はAmazonなので送料はもちろん無料です。ちなみにAmazon E...

NetaGear RSS News

Now Loading

Article

ヘルメット用スピーカーにはaudio-technicaのヘッドホン ATH-EQ300Mがおすすめ!

 ヘッドホン 
Audio_technica_ath-eq300m_003.png

最近バイクのナビ用にスマホマウントホルダーを購入して以来、スマホナビでいろいろツーリングをしていたのですが、やはり曲がるポイントをお知らせしてくれる音声がないと分かり難い。そこで今回はバイクに設置したナビ用のスマホからBluetoothで音声を飛ばしてヘルメット内で再生するためのヘッドホンを探していたら、ちょうど薄型でなおかつ価格も安いものを発見したので紹介します。

今回購入したのはaudio-technica イヤフィットヘッドホン ATH-EQ300Mです。Amazonでの販売価格は700円と非常に安く、メーカーも無名メーカーではなく安心のAudio-technica(オーディオテクニカ)です。もちろんAmazonなので送料も無料です。

audio-technica イヤフィットヘッドホン ATH-EQ300Mレビュー


Audio_technica_ath-eq300m_020.jpg

超うす型ハウジング+軽量20gで抜群の装着感 ハウジング部は8.5mm(イヤパッド、イヤハンガー部除く)の薄さを実現。本体質量も約20g(コード除く)と軽量化を図り、長時間でも疲れない。超うす型で快適な装着感を徹底追及したスタイル。耳への負担が少ないクリアな再生音 耳への負担が少ない、安心のナチュラルイヤフィット設計に加え、大口径φ28mmドライバーでクリアな再生を誇る。デジタルオーディオプレイヤーや携帯ゲーム機、携帯電話などに使いやすい1.2m U型コードを採用。選べる6色のカラーバリエーション。

型式 ダイナミック型
ドライバー φ28mm
出力音圧レベル 102dB/mW
再生周波数帯域 16 ~24,000Hz
最大入力 500mW
インピーダンス 20Ω
質量(コード除く) 約20g
プラグ φ3.5mm金メッキステレオミニ
コード 1.2m(U型)


Audio_technica_ath-eq300m_001.jpg
箱はプラスチックのパッケージで安っぽいですね。実際安いんですけど。

Audio_technica_ath-eq300m_002.jpg
裏にはイヤフィットヘッドホンの超薄型8.5mmで超薄型ハウジング

ヘッドホン


Audio_technica_ath-eq300m_004.jpg
イヤフィットヘッドホンという耳にかけるタイプのヘッドホン。

Audio_technica_ath-eq300m_006.jpg
裏側はスポンジで耳にやさしい。

Audio_technica_ath-eq300m_007.jpg
ヘッドホンはとても薄いです。耳にかける部分は非常にちょっと品質的に安っぽいので壊れやすそうです。

設置


Audio_technica_ath-eq300m_011.jpg
実際にヘルメットに設置してみました。ケーブルは裏側に配線することで隠すことができます。

Audio_technica_ath-eq300m_008.jpg
このように耳の部分の下から首紐の部分にヘッドホンの耳につける部分を絡ませて使っています。基本的にこれで固定できるのですが、たまに外れるので両面でマジックテープになっているもので固定すると良いと同じものを買った友人が言っていました。

Audio_technica_ath-eq300m_010.jpg
今回Bluetoothで使ったのは以前にレビュー記事を書いたSony MW600です。普通に音声を転送してくれるだけではなく、MW600なら音楽の再生、停止、早送り、音量調節などが行えます。そういった意味でもなかなか使えます。

海外のAmazonでSonyのBluetoothワイヤレスヘッドセット「MW600」を激安購入!

ちなみにMW600はもう売ってないので最近だと後継のSONY ワイヤレスステレオヘッドセット SBH20なんかが安くていいですね。


音質


Audio_technica_ath-eq300m_003.png

正直なところものすごく音質がいいといえるものではありません。その辺りは値段からも察せることではありますが・・・。非常に軽いのはいいことなのですが、そのまま使うとフィット感がいまいちです。この辺りは日頃カナル型に慣れてしまっているせいもあるかもしれないですね。

ただ、バイクでヘルメットに仕掛ける用としては必要十分な音質だと思います。風切り音などがあるのでそこまで音質を気にならないですし、軽くBGM程度に音楽を流すならぜんぜん問題ありません。この薄さでこれだけの音質ならヘルメット用として非常に満足です。

今回の個人的感想




今回は今までのイヤホンやヘッドホンと違った趣旨でヘッドホンを買ったレビューです。正直なところバイク専用のヘッドセットなどもありますが、価格もお高いですし再生専用であればこれで十分ですね。バイクで走っていると風切り音がうるさいので音質とかもそんなに気にならないですし。通話もやろうとすれば一応可能ですが、端末の位置が難しいですね。ちゃんとやるのであれば専用のやつを買ったほうがいいでしょう。

それにしてもath-eq300mは本当にいいですね。まさにヘルメットに装着するためのヘッドホンといってもいいくらいです。薄いですし、ヘルメットに装着してもそこまで耳に違和感はありません。音量を上げないと走っていているときはナビの音声が聞こえないのですが、ある程度の音量にすればしっかり聞こえます。軽いBGMに音楽も流せますが、大音量だと周りの音が聞こえず危険なので音量は控えめにしましょう。

私は最初からSonyのBluetooth端末のMW600を持っていたので700円程度の出費で済みましたし、今回のようにBluetooth端末を持っているのであれば非常におすすめのヘッドホンです。価格も安いので試してみる価値ありです。

ぜひバイクのナビで使うヘルメット用のヘッドホンを探している人はぜひath-eq300mを購入してみてはいかがでしょうか?
→audio-technica イヤフィットヘッドホン ATH-EQ300Mを購入する!

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

ヘルメットにヘッドホンは違法です

10283

違法行為ですよ
無知ですね

10285

都道府県ごとに多少の違いはあるようですが、「安全な運転に必要な音又は声が聞こえない状態」で自動車等を運転すると違反であって、片耳や音量を下げる等の条件をちゃんと守れば違反にはならなようですよ。

10286

オープンエア型だから大丈夫っしょ
これがだめならバイク用トランシーバとかもダメになる

10287

音量下げて周りの音が聞こえる状態なら違反ではない。無知なのは最初のやつらの方だよ。

10288

無知なのは最初の二つのコメだね。
耳を塞ぐのが違法なのであって、ヘルメットにセットしてある分には違法じゃない。
これが違法なら、そもそもフルフェイスのメット全般が違法になるわw

10289

ヘルメットに装着って書いてるのにねぇ
フルフェイス買おうかなぁ・・・

10290

Most Popular

Now loading...

Social Links

Sponsored Link

Popular Article

Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位15位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。