1. Home
  2. コンピュータ
  3. Windows
  4. ついにWindows8.1が公開!Windows8ユーザーは無料でダウンロード可能!
AmazonAmazon クレジットカードAmazon DashAmazon PrimeAmazon.co.jpAmazon
Bluetooth対応のスマート体重計・体組成計が送料込み1290円の大特価!

Bluetooth対応のスマート体重計・体組成計が送料込み1290円の大特価!

現在AmazonではBluetooth対応のスマート体重計・体組成計がなんとクーポンコードを使用することで衝撃の1290円で販売されています。スマート体重計・体組成計はスマホやタ...

Googleが11.11特別価格セールを実施中!Google HomeやChromecastなどが対象!

Googleが11.11特別価格セールを実施中!Google HomeやChromecastなどが対象!

現在、Googleが11.11だけの特別価格セールを実施しています。Google Pixel 4 / 4 XL を購入すると、Google Nest Hubをプレゼントしたり、Google Nest Hubが4,400円引き、Go...

SONY NEXシリーズのダミーバッテリーUSB電源ケーブルを買ってみた!

SONY NEXシリーズのダミーバッテリーUSB電源ケーブルを買ってみた!

私はブログでレビュー記事を書く時に写真はSONY NEX-5Nという今ではだいぶ古いカメラを使っているのですが、最近の悩みはバッテリーがすぐに無くなってしまい、製品の写真...

ダイソーの防滴ワイヤレスBluetoothスピーカー「BTS-032A」を買ったみた!

ダイソーの防滴ワイヤレスBluetoothスピーカー「BTS-032A」を買ったみた!

今回紹介するのは100円ショップのダイソーで販売されているワイヤレスBluetoothスピーカーの防滴仕様です。スマホとなどとBluetoothで連携して、ワイヤレスで音楽などを再...

DearMob iPhoneマネージャーでiTunesを使わず音楽を転送しよう!

DearMob iPhoneマネージャーでiTunesを使わず音楽を転送しよう!

前回はDearMob iPhoneマネージャーでiTunesを使わない簡単に写真を転送する方法について紹介しました。今回の記事ではiTunesを使用せずにDearMob iPhoneマネージャーで簡単...

Auslogics Windows SlimmerでWinSxSフォルダを小さくしよう!

Auslogics Windows SlimmerでWinSxSフォルダを小さくしよう!

今回はAuslogics Windows Slimmerを使ってWindowsの無駄なファイルを整理してSSDやHDDの容量を増やす方法を紹介したいと思います。Auslogics Windows SlimmerにはWinSxSフ...

合計900ドルのソフトウェアをプレゼント!WonderFoxのハロウィンキャンペーン!

合計900ドルのソフトウェアをプレゼント!WonderFoxのハロウィンキャンペーン!

WonderFoxでは、合計900ドル分となる18個のソフトウェアのライセンスコードをプレゼントするWonderFoxハロウィンキャンペーンを実施しています。このキャンペーンは2部に分...

スマートスピーカーAmazon Echo Dotが999円で販売中!Music Unlimited(1ヶ月分)付き!

スマートスピーカーAmazon Echo Dotが999円で販売中!Music Unlimited(1ヶ月分)付き!

現在AmazonではスマートスピーカーAmazon Echo Dotの第3世代が過去最安値となる999円で販売されています。さらに今回はAmazon Echo Dotに加えて音楽定額配信サービスのAmaz...

Windows10のゲームバーで画面録画をしよう!

Windows10のゲームバーで画面録画をしよう!

今回はWindows10に標準で搭載されているゲームバーを使用した画面録画(キャプチャー)の方法について紹介したいと思います。画面を録画すると聞くと専用のソフトをインスト...

NetaGear RSS News

Now Loading

Article

ついにWindows8.1が公開!Windows8ユーザーは無料でダウンロード可能!

コンピュータ > Windows 
microsoft_winndwos8_1_000.png

本日20時よりMicrosoft Windows8の大幅なアップデートとなるWindows8.1が公開された。現行のWindows8ユーザーは、公式サイトまたはWindowsストアから更新プログラムを無料でダウンロードしてインストールすることが可能となっている。

明日の18日には、一般にWindows 8.1のパッケージ製品が販売が開始される。家庭向けエディションの「Windows 8.1」は14,490円、最上位エディションの「Windows 8.1 Pro」は27,090円で販売され、それぞれ32bit版および64bit版DVD-ROMが同梱される。

Windows8.1へのアップデート方法!


microsoft_winndwos8_1_002.png
1 下記URLにアクセスして「更新プログラムの入手」を押します。※ちなみにWindowsストアからもアップデート可能。

Windows8.1更新プログラム
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/buy?ocid=GA8-1_O_WOL_Hero_Home_ESD_Pos3_01

microsoft_winndwos8_1_003.png
2 「ダウンロード」を押します。

microsoft_winndwos8_1_004.png
3 ダウンロードが終わるまでしばらく待ちます。


microsoft_winndwos8_1_007.png
4 「変更を適応しています」と表示されるのでもう少し待ちます。

microsoft_winndwos8_1_008.png
5 この画面が出たら「今すぐ再起動」を押します。

microsoft_winndwos8_1_009.png
6 さらに「設定しています」とインストールが続くのでしばらく待ちます。

microsoft_winndwos8_1_010.png
7 ライセンス条項を読んで「同意します」を押します。

microsoft_winndwos8_1_011.png
8 初期設定画面が表示されるので「簡単設定を使う」を押します。その後アカウントのログイン画面があるのでそこで以前使っていたアカウントで入ります。

microsoft_winndwos8_1_012.png
9 あとは適当に進んでいくと終わりです。


Windows8.1アップグレード後に不要になったWindows.oldフォルダの削除!


microsoft_winndwos8_1_016.png

Windows8.1アップグレード後に不要になったWindows.oldフォルダの削除方法!

アップグレード後にCドライブ容量がかなり肥大化していることに気がつきました。WindowsのOSアップグレード時には、以前のバージョンのWindowsで使用されていたファイルはWindows.oldフォルダー内に保存されるようになっています。そのため、CドライブでWindows.oldフォルダが無駄に容量を食っているのです。Windows.oldフォルダは必要なファイルをここからサルベージしてしまえば、後はただ無駄に容量を食うだけですし、不要なので削除してしまうのがいいでしょう。

microsoft_winndwos8_1_027.png

タブレットなどのCドライブが少ない端末でWindows.oldフォルダが残っていると容量を圧迫してしまうので、必要なファイルを取り出したらこのようにきれいに削除してしまいましょう。

ただ、Windows.oldフォルダは通常の右クリックから削除という方法が使えません。通常の手順で削除しようとすると「アクセスの拒否 この操作を実行するアクセス許可が必要です。このフォルダーを変更するにはSYSTEMからアクセス許可を得る必要があります。」と表示されて削除することができないのです。そこで今回はWindows.oldフォルダを削除するための手順をWindows8.1アップグレード後に不要になったWindows.oldフォルダの削除方法!にて紹介しています。


特徴について


microsoft_winndwos8_1_013.png
デスクトップ画面です。Windows8で廃止されていたWindowsボタンが復活しています。

microsoft_winndwos8_1_014.png
Windows 8.1から標準搭載のIE11です。CSSドラえもんもしっかり表示できます!

CSS3 ドラえもん - Pure CSS Design
http://purecss3.net/doraemon/doraemon_css3.html

microsoft_winndwos8_1_015.png
ちなみにWindowsボタンから以前のようにシャットダウンや再起動が可能です。

今回の個人的感想




ついにWindows8.1が公開されました!今回のWindows8からはServicePackではなく、0.1という表記でアップデートを行う方式に変わりました。今回は見た目以上に内部的な大幅なバージョンアップがされているようです。もちろんUI部分も少し変更があったりします。それにしてもアップデートなのに、自分のアカウントでログインする必要があったのがちょっと面倒でした。なぜなら私は久しぶりにWindows8を立ち上げたので完全にアカウントを忘れてしまったので作り直しました。というか、、アップデート時にアカウント情報を保持しておいてほしいものです。まあ忘れた自分が悪いんですけどね・・・。

あとWindowsエクスペリエンス インデックスの表示がなくなったのが地味に痛いです。量販店とかでパソコンのスペックを見る上で、なんだかんだで数値化されて見れるWindowsエクスペリエンスインデックスは便利だったんですけどね。自分のパソコンのスペックも大体わかりますし、なぜ表示をなくしたんだ・・・。

VMware Playerに「Windows 8.1 Pro Preview」をインストールする方法!

以前の記事で紹介したとおり8.1のプレビュー版は入れていたのでそれほど目新しい機能はありませんが、一番の変化はスタートボタンの復活とクラウド化の推進でしょうか。スタートボタンは復活したといっても前のような意味合いではなくWindowsボタンを可視化したものです。なので、Windows7のようにプログラムが表示されたりはせず、Metro styleが表示されます。それでも今まであったものが復活してくれたのはなんとなくうれしいですね。

それにしてもダウンロードサイズが3.42GBもあるため、ダウンロードにも時間がかかりましたがインストールも結構時間がかかりました。全部で2時間ちょっとといったところです。なんかWindows8をクリーンインストールした時のほうが早いんじゃないかという速度だったの、急ぎの用事がある人は時間があるときにアップデートをしたほうがいいと思います。

Windows8で時間がある人はさっそくバージョンアップしてみてはいかがでしょうか?

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

解説ありがとうございました。
アップグレード時間かかりましたね。
ところでWindows.oldは消していいですかね。

10294

>>mmさん
Windows.oldフォルダは必要なファイルをここからサルベージしてしまえば、後はただ無駄に容量を食うだけですし、不要なので削除してしまって大丈夫です。一応削除方法については以前記事で紹介していたので追記しておきました。

10295

以前の記事があったのですね。
失礼しました。これでドライブに余裕ができます。

10296

質問良いでしょうか。
表現が難しいですが、導入するとリセットされた感じになりますか?それともこれまでのサービスパックの様な感じで、今回の目だつ変更点であるUI以外は違和感なく使えますか?

10297

Most Popular

Now loading...

Social Links

Sponsored Link

Popular Article

Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位15位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。