1. Home
  2. コンピュータ
  3. Windows
  4. VMware Playerに「Windows 10 Technical Preview」をインストールしよう!
AmazonAmazon クレジットカードAmazon DashAmazon PrimeAmazon.co.jpAmazon
Painterなどが最大91%OFFのVEGAS&Corel全製品値下げキャンペーンが開催中!

Painterなどが最大91%OFFのVEGAS&Corel全製品値下げキャンペーンが開催中!

現在ソースネクストの公式サイトでは、PaintShop、WinDVD、Painter、VideoStudio、CorelDRAWなどのCorel全製品とVEGAS Pro、ACID Pro、SOUND FORGE、SPECTRALAYERSなどのVE...

YouTubeでHTTP Error 400が出てサイトにアクセスできない時の解決方法!

YouTubeでHTTP Error 400が出てサイトにアクセスできない時の解決方法!

今回はYouTubeで出くわしたHTTP Error 400(Bad Request)が出て、YouTubeにアクセスできなくなってしまった時の解決方法を紹介したいと思います。この現象が発生してしまう...

日本郵便が無償で提供する年賀状ソフト「はがきデザインキット2019」がおすすめ!

日本郵便が無償で提供する年賀状ソフト「はがきデザインキット2019」がおすすめ!

今年も残すところあと30日間を切り、もうそろそろ年賀状を用意して送らないといけない時期ですね。そこで今回は年賀状作成ソフトについて書きたいと思います。ちなみにみな...

ついにFC2ブログの独自ドメインがSSL対応したのでSSL化しました!

ついにFC2ブログの独自ドメインがSSL対応したのでSSL化しました!

ついにFC2ブログで独自ドメインを使ってるブログもSSLに対応しました。FC2のサブドメインを使っているブログは2017年10月からSSL化されていましたが、有料プランである独自...

CASIO G-SHOCKタフソーラーの二次電池交換をWEB修理受付サービスからしてみた!

CASIO G-SHOCKタフソーラーの二次電池交換をWEB修理受付サービスからしてみた!

今回はCASIOの時計のG-SHOCKタフソーラーの二次電池交換をWEB修理受付サービスから申請した時の流れを書きたいと思います。G-SHOCKタフソーラーの二次電池の場合は普通の時...

KADOKAWAの電子書籍が半額でさらにポイント50倍のニコニコカドカワ祭りがものすごい!

KADOKAWAの電子書籍が半額でさらにポイント50倍のニコニコカドカワ祭りがものすごい!

現在電子書籍ストアのBOOK☆WALKERで開催されているニコニコカドカワ祭り2018でものすごいキャンペーンを実施中です。KADOKAWA作品が19000点が半額でさらに45000点がコイン5...

Amazon.comで不良品が送られてきたのでEMSで返品して返金してもらった話!

Amazon.comで不良品が送られてきたのでEMSで返品して返金してもらった話!

以前に海外のAmazonを有効活用して安く買い物をしよう!という記事で簡単に海外のAmazon.comから輸入する方法を紹介しましたが、今回は海外Amazonで購入したものが不良品だ...

総額350ドル!有料ソフト8製品のライセンスキーを無料配布するキャンペーンが実施中!

総額350ドル!有料ソフト8製品のライセンスキーを無料配布するキャンペーンが実施中!

WonderFox Soft, Inc.は同社製品である新しいWonderFox HD Video Converter Factory Proを含む合計8製品のライセンスキーを無料配布するWonderFox 2018 Back to School Par...

Chromeのタブを休止させてメモリ消費を抑えられる拡張機能「The Great Suspender」を使おう!

Chromeのタブを休止させてメモリ消費を抑えられる拡張機能「The Great Suspender」を使おう!

みなさんもよく使っているであろうブラウザのChromeですが、タブを沢山開いているとメモリの消費量がすごいことになることがよくありますよね。そんな時におすすめなのがCh...

無料で使えるVRoid Studioでオリジナル3Dキャラクターを作ろう!

無料で使えるVRoid Studioでオリジナル3Dキャラクターを作ろう!

今回はWindows・Macどちらでも使える無料で使える3DキャラメイカーのVRoid Studioを紹介したいと思います。3D制作の知識がなくても誰でも簡単に自分だけのオリジナル3Dのキ...

NetaGear RSS News

Now Loading

Article

VMware Playerに「Windows 10 Technical Preview」をインストールしよう!

Windows10_Insider_Program_000.png

本日公開された次期WindowsOSとなるWindows 10 Technical Preview版はMicrosoft Liveアカウントを持っていれば誰でも無料でダウンロードして試すことができます。そこで今回紹介するのはWindows 10のTechnical PreviewをVMware Player上にインストールする方法です。

Windows 10 Technical Previewを試してみたい人も実機に導入するのはリスキーですし色々と面倒なので、今回はVMware Player上に仮想環境で導入してみたいと思います。Windows 10をすぐに試してみたい方はぜひこの方法で導入することをお勧めします。

PC に詳しいユーザーを対象としたプレビュー


Windows Technical Previewは、将来の Windowsをいち早く体験できる、ごく初期のプレビュー版です。これは開発中のバージョンでにあることにご注意ください。開発が進むにつれてビルドの信頼性、速度、互換性が向上し、さまざまな機能が使用可能になっていく予定です。Windows Insider Preview Program に登録すると、より頻繁に更新されるビルドを入手して、新機能を一番に試すことができます。

今回の場合はVMware Player上に仮想環境で導入するため、実機に導入するのと異なりリスクは少ないため、ある程度のパソコンの知識があれば導入して試すことが可能です。

システム要件


Windows10_Insider_Program_008.png

基本的に、Windows 8.1 を実行できる PC であれば、インストールを行うことはできます。対応状況がわからなくても心配はいりません。Windows がシステムをチェックして、プレビュー版をインストールできるかどうかを確かめてくれます。

CPU: 1 GHz 以上
メモリ: 1 GB (32 ビット) または 2 GB (64 ビット)
ハード ディスクの空き容量: 16 GB
グラフィックス カード: Microsoft DirectX 9 グラフィックス デバイス (WDDM ドライバー付き)
Microsoft アカウントとインターネット アクセス

Windows 10 Technical Previewのダウンロード


Windows10_Insider_Program_001.png
1 Windows Technical Previewのダウンロードページにアクセスして、「今すぐ開始」を押します。

Windows Technical Preview - Microsoft Windows
http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/preview

Windows10_Insider_Program_002.png
2 「join now」を押します。

Windows10_Insider_Program_003.png
3 MicrosoftのLiveアカウントでログインします。

Windows10_Insider_Program_004.png
4 規約を読んで「I Accept」を押します。

Windows10_Insider_Program_005.png
5 「Install Technical Preview」を押します。

Windows10_Insider_Program_006.png
6 ダウンロードページに飛ばされます。

Windows10_Insider_Program_007.png
7 英語 64 ビット (x64)をダウンロードします。プロダクトキーがありますが、なぜか使用しなくてもインストールできました。プロダクトキーを求められた場合は以下のキーを入力してください。

プロダクト キー: NKJFK-GPHP7-G8C3J-P6JXR-HQRJR

VMware Playerに「Windows 10 Technical Preview」を入れる方法!


Windows10_Insider_Program_001.png
1 上記手順でWindows 10 Technical Previewのダウンロードします。

Windows10_Insider_Program_101.png
2 VMware Playerを起動し、「新規仮想マシンの作成」を選択します。VMware Playerをインストールしていない人は以下の記事を参考にVMware Playerを導入してください。

→仮想マシンを実行できるフリーソフト「VMware Player」を使おう!

Windows10_Insider_Program_102.png
3 インストーラディスクイメージファイルに先ほどダウンロードしたisoファイルを選択します。

Windows10_Insider_Program_103.png
4 Microsoft Windowsにチェックを入れて、バージョンは「Windows 8 x64」を選択します。

Windows10_Insider_Program_104.png
5 仮想マシン名を入力して、仮想マシンを置く場所を決定します。その後、「次へ」をクリックします。

Windows10_Insider_Program_105.png
6 仮想マシンのディスクの最大サイズを指定して、「次へ」を押します。

Windows10_Insider_Program_106.png
7 「ハードウェアをカスタマイズ」をクリックします。

Windows10_Insider_Program_107.png
8 続いて仮想マシンの設定ですが、Windows8は64bitの場合は2GB以上がシステム要件になっているので、2GB以上に設定します。今回はメモリがたくさん搭載しているマシンなので仮想マシンには4GBに設定しました。続いてプロセッサコアの割り振りを行います。4コアに設定しておけば十分です。その後「閉じる」を押します。

Windows10_Insider_Program_108.png
9 先ほど作成したWindwos 10 Technical Preview x64を起動します。

Windows10_Insider_Program_109.png
10 これでWindows 8のインストールが開始されます。

Windows10_Insider_Program_110.png
11 Input and currency formatにJapanese(Japan)を選択して「次へ」を押します。

Windows10_Insider_Program_111.png
12 「Now Install」をクリックしてインストールを開始します。

Windows10_Insider_Program_112.png
13 Setup is startingとなります。

Windows10_Insider_Program_113.png
14 「I accept the license terms」にチェックを入れて「Next」を押します。

Windows10_Insider_Program_114.png
15 「Custom:Install Windows only(advanced)」を選択します。

Windows10_Insider_Program_115.png
16 「Drive 0 Unallovated Space」を選択して「Next」を押します。

Windows10_Insider_Program_116.png
17 インストールが終わるまでしばらく待ちます。

Windows10_Insider_Program_117.png
18 「Getting ready」と表示されるのでしばらく待ちます。

Windows10_Insider_Program_118.png
19 インストール終了後はパソコンの設定を行います。「Use express setting」を押します。

Windows10_Insider_Program_120.png
20 アカウント名とパスワードを入力して「Next」をクリックします。

Windows10_Insider_Program_121.png
21 「I can't do this right now」を押します。

Windows10_Insider_Program_122.png
22 「Next」を押します。

Windows10_Insider_Program_123.png
23 「Next」を押します。

Windows10_Insider_Program_124.png
24 アカウントをセットアップしています。

Windows10_Insider_Program_125.png
25 セッティング中です。

Windows10_Insider_Program_126.png
26 新しいアプリをストアから手に入れられます。

Windows10_Insider_Program_130.png
27 これでインストール完了です。

続いて「VMware Tools」を導入します。「VMware Tools」を導入することで仮想マシンとメインマシンとの移動、ファイルの転送が容易になったり、画面サイズの変更ができるようになるなど非常に便利になるので真っ先に導入しましょう。


「VMware Tools」の導入方法!


Windows10_Insider_Program_150.png
1 VMwareの左上にある「Player」の管理からVMToolのインストールを押します。「ツールのインストール」が下に表示されるのでクリックして起動します。

Windows10_Insider_Program_151.png
2 右上に「DVDドライブ(D:)VMware Tools」と表示されるので「Run setup64.exe」をクリックします。

Windows10_Insider_Program_154.png
4 「VMware Tools」のインストールが始まるので「次へ」をクリックします。

Windows10_Insider_Program_155.png
5 「標準」を選択して「次へ」を押します。

Windows10_Insider_Program_156.png
6 「インストール」を押します。

Windows10_Insider_Program_157.png
7 インストールが終了するまでしばらく待ちます。

Windows10_Insider_Program_158.png
8 これで「VMware Tools」のインストールは終了です。

Windows10_Insider_Program_159.png
8 再起動を求まれるので「はい」を押します。

Windows10_Insider_Program_160.png
8 再起動しています。

Windows10_Insider_Program_161.png
8 再起動後はVMware Toolsが適用されているので、画面サイズの変更やコピー&ペースト、ファイルの移動などができるようになります。


「Windows 10 Technical Preview」のレビュー


Windows10_Insider_Program_131.png
8で省略されたWindowsボタンのスタートメニューが復活しています。

Windows10_Insider_Program_132.png
Windwosボタンにある電源からシャットダウンできます。

Windows10_Insider_Program_133.png
タスクマネージャーとエクスプローラーは8から変わっていません。

Windows10_Insider_Program_134.png
検索ボタンが設置されました。

Windows10_Insider_Program_135.png
今回の一番の大きな変化のカスタムデスクトップによるアプリをグループ化することができるようになりました。これによりデスクトップをより広く使うことができます。

今回の個人的感想




ついにWindows 10 Technical Preview版が公開されました!Windwos9になると思われていた名前がまさかのWindows10ということでMicrosoftのナンバリングは本当に統一性がないというか自由というか・・・。

VMへのインストール時間は10分程度とかなり高速でした。実機ならそれ以上に早いでしょうね。Windwos10の大きな変化としてはWindwos8で廃止されたWindwosボタンの復活です。Windwosボタンを押しても以前のようなメトロスタイルに飛ばされることがなくなりました。あとはカスタム デスクトップが追加されました。これにより複数のデスクトップを切り替えて表示することが可能になりました。より幅広くデスクトップを使用することができるため効率もアップしますね。Macにもこういう機能がついてますよね。

使ってみた感じではカスタムデスクトップによるアプリのグループ化とWindowsボタンによるスタートメニューの復活が大きな変化で、それ以外には特に8と同じような感じでしたね。まだ初期段階のプレビュー版なので今後に期待したいところです。

それにしても今回もスクリーンショットの数が多すぎて非常に苦労しました・・・。

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

>4 Microsoft Windowsにチェックを入れて、バージョンは「Windows 7 x64」を選択します。

Windows8 x64の間違いでは?

10431

>>10431
これはWindows8が正しいです。早速記事を修正いたしました。ご報告ありがとうございました。

10432

Getting readyとなったまま円がするグルグル回っているだけで変化がありません
30分ぐらいたつのですが終わりません。
こんなに時間がかかるのでしょうか。
メモリは4GB入れました

10537

USB2.0環境でいれると、かなり時間がかかりました。
Windows 10 Technical Preview日本語版の1月のもの(ビルド9926)をいれたので、
もしかすると、もしかするとこちらのバージョンだと時間がかかるのかもしれません。

10538

>10537
初期設定ではCPUが1コアになっています。
2コア以上にすればインストール出来るのでは。

10542

Most Popular

Now loading...

Social Links

Sponsored Link

MENU

NetaGear

Pure Css Design

Popular Article

Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位50位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。