1. Home
  2. ガジェット
  3. スマートフォン
  4. 日本未発売のコスパ最高Android Oneスマホの「Xiaomi Mi A1」を使ってみた!
AmazonAmazon クレジットカードAmazon DashAmazon PrimeAmazon.co.jpAmazon
Loctekのガス圧式 液晶モニターアーム D8を使ってみた!

Loctekのガス圧式 液晶モニターアーム D8を使ってみた!

今回紹介するのはLoctek製のガススプリング式(ガス圧式)の液晶モニターアーム D8です。ガススプリング式を採用しており通常の固定式の液晶モニターアームと比較すると、移...

ギガビット対応のLANケーブル延長コネクターを買ってみた!

ギガビット対応のLANケーブル延長コネクターを買ってみた!

先日の記事でダイソーで売っているLANケーブル延長コネクターを購入しましたが、せっかく最大1Gbpsのフレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプを契約しているの...

日本未発売の薄型背面バッテリーmoto modsの「moto power pack」を買ってみた!

日本未発売の薄型背面バッテリーmoto modsの「moto power pack」を買ってみた!

ちょっと前の記事で日本未発売で日本に発送できない商品を購入する方法の例として、Xボーダーを利用して日本未発売の超薄型背面バッテリーmoto modsの「moto power pack」...

HTML+CSSで3D空間を表現した「CSS FPS」がすごい!

HTML+CSSで3D空間を表現した「CSS FPS」がすごい!

今回紹介するのはHTMLとCSSを使ってFPSゲームなどでよくあるような3D空間を表現した技術デモサイトである「CSS FPS」のサイトを紹介したいと思います。HTML+CSSで表現でき...

YouTubeのチャンネル&動画分析ツールの「NoxInfluencer」で分析しよう!

YouTubeのチャンネル&動画分析ツールの「NoxInfluencer」で分析しよう!

今回紹介するのは、YouTubeのチャンネル分析が可能なマーケティングツールである「NoxInfluencer」です。NoxInfluencerを使うことでYouTubeチャンネルランキング、比較、タ...

動画変換やダウンロード、画面録画などが可能なマルチな動画ソフト「VideoProc」!

動画変換やダウンロード、画面録画などが可能なマルチな動画ソフト「VideoProc」!

先日からGWプレゼントキャンペーンでライセンスコードをプレゼントされていたVideoProcですが、今回はそのVideoProcを実際に使ってみたのでレビューを書きたいと思います。...

Vegas Proの手ブレ補正機能の効果を検証してみました!

Vegas Proの手ブレ補正機能の効果を検証してみました!

先日86%オフのキャンペーンで購入したプロ用動画編集ソフトのVegas Proですが、今回はそのVegas Proを使って手ブレしている動画にVegas手ブレ補正プラグインを使って手ブレ...

スマートスピーカーのAmazon Echo Dot第3世代が46%オフの3,240円で販売中!

スマートスピーカーのAmazon Echo Dot第3世代が46%オフの3,240円で販売中!

Amazon Echo Dot 第3世代 スマートスピーカー with Alexaがセール特価でなんと46%オフの大特価で販売中です。販売はAmazonなので送料はもちろん無料です。ちなみにAmazon E...

GW限定でVideoProcが無料で手に入るプレゼントキャンペーンを実施中!

GW限定でVideoProcが無料で手に入るプレゼントキャンペーンを実施中!

Digiarty Softwareはゴールデンウィーク限定で、VideoProcとDearMob iPhoneマネージャーのライセンスコードを無料でプレゼントするキャンペーンを実施中です。キャンペーン...

NetaGear RSS News

Now Loading

Article

日本未発売のコスパ最高Android Oneスマホの「Xiaomi Mi A1」を使ってみた!

 スマートフォン 
android_one_mi_a1_001.jpg

前々から気になっていたAndroid Oneを入手したのでレビューを書きたいと思います。ちなみに今回のAndroid Oneスマホは日本では未発売でコスパ最強の「Xiaomi Mi A1」です。Xiaomiは前々から気になっているメーカーです。Mi A1の販売価格はなんと19563円と2万円を切る破格で、コスパもものすごい良い端末です。

ちなみにAndroid OneというのはGoogleが展開するAndroidブランドで、常に最新のアップデートを提供してGoogle体験を中心に設計されたシンプルで使いやすいAndroid端末の事です。毎月のセキュリティアップデートとOSアップグレードが提供され、最新のテクノロジーを最新のセキュリティ対策がされた状態で使うことができます。

Android One Xiaomi Mi A1のレビュー!


android_one_mi_a1_201.png

XIAOMI Mi A1 4G Phablet Global Version - BLACK

仕様


Display: 5.5 inch, 1920 x 1080 Pixel LTPS FHD screen, 450nit brightness, 403 PPI
CPU: Snapdragon 625 2.0GHz Octa Core
System: Android One
RAM + ROM: 4GB RAM + 32GB ROM
Camera: 5.0MP front camera + 12.0MP + 12.0MP back cameras
Sensor: Accelerometer, Ambient Light Sensor, E-Compass, Gyroscope, Hall Sensor, Infrared Radiation, Proximity Sensor, Touch Sensor
SIM Card: dual SIM dual standby. Nano SIM + Nano SIM
Feature: GPSA / GPS / GLONASS / BEIDOU
Bluetooth: 4.2
Battery: 3080mAh
Network:
2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
3G: WCDMA B1/B2/B5/B8
4G: FDD-LTE B1/B3/B4/B5/B7/B8/B20 TDD-LTE B38/B40


android_one_mi_a1_001.jpg
箱はよくあるシンプルなデザインです。

android_one_mi_a1_002.jpg
android one Mi A1と書かれています。ちなみにGlobal Versionです。

android_one_mi_a1_003.jpg
裏面のが増です。簡単な仕様が書かれています。Dual Camera、Pure Android、Snapdragon 625、5.5 Full HD Displayとなっています。

android_one_mi_a1_004.jpg
Dual SIM ,dual standbyです。こちらにはSpecial Edition Redとなっています。

android_one_mi_a1_005.jpg
カバーをスライドさせるとmiのロゴがデザインされています。

android_one_mi_a1_006.jpg
横にはMi A1の銀箔押しがされています。

android_one_mi_a1_007.jpg
開けた状態です。

android_one_mi_a1_008.jpg
中の箱です。

android_one_mi_a1_009.jpg
下側にはSIMピンがついています。

内容物


android_one_mi_a1_010.jpg

・スマホ本体
・ACアダプター
・USB Type-C
・説明書
・保護フィルム

ACアダプター


android_one_mi_a1_011.jpg
ACアダプターはヨーロッパ仕様なので、残念ながら使うことはできません。

USBケーブル


android_one_mi_a1_012.jpg
USBケーブルは白で、現在主流になりつつあるUSB Type-Cです。

説明書


android_one_mi_a1_013.jpg
説明書です。

android_one_mi_a1_014.jpg
説明自体は非常に簡易なもので、ボタンやSIMトレイの説明などがされています。

保護フィルム


android_one_mi_a1_015.jpg
純正の保護フィルムがついています。

本体


android_one_mi_a1_020.jpg
本体は画面が黒でサイドが赤のデザインになっています。

android_one_mi_a1_021.jpg
最初からついているフィルムにはボタンの説明が描かれています。

android_one_mi_a1_022.jpg
横からの画像です。

android_one_mi_a1_023.jpg
下側の画像です。スピーカーとUSB端子、マイク、3.5mmイヤホンジャックがついています。

android_one_mi_a1_024.jpg
上側の画像です。

android_one_mi_a1_026.jpg
裏面の画像です。裏面は赤で特徴的です。

android_one_mi_a1_027.jpg
Zenfone3と厚さを比較してみました。Mi A1の方が少しだけ薄いようです。

android_one_mi_a1_028.jpg
立てた状態の画像です。

android_one_mi_a1_031.jpg
正面の画像です。

android_one_mi_a1_029.jpg
ボリュームと電源ボタンがついています。

android_one_mi_a1_030.jpg
横からの画像です。

android_one_mi_a1_032.jpg
裏面です。赤が特徴的です。

android_one_mi_a1_036.jpg
カメラです。デュアルカメラとなっています。

android_one_mi_a1_037.jpg
指紋センサーもついています。

android_one_mi_a1_038.jpg
カメラは少しだけ出っ張っています。

android_one_mi_a1_039.jpg
miとandroidoneが刻印されています。

android_one_mi_a1_043.jpg
上にはIRブラスター(赤外線通信)がついています。

android_one_mi_a1_033.jpg
標準で付いてくる保護フィルムです。ここで保護フィルムを貼りました。純正なのでサイズはぴったりです。

android_one_mi_a1_034.jpg
電源を入れるとandroidoneと表示されます。

android_one_mi_a1_035.jpg
ちゃんと日本語が選択できます。

android_one_mi_a1_040.jpg
起動した状態です。

android_one_mi_a1_041.jpg
フロントカメラとスピーカー、光度センサーです。

android_one_mi_a1_046.jpg
横からの画像です。

android_one_mi_a1_050.jpg
ボタンの構成は左から履歴、ホーム、戻るです。

android_one_mi_a1_051.jpg
しばらくするとボタンのライトは消えます。

SIMピン


android_one_mi_a1_053.jpg
SIMピンです。

android_one_mi_a1_056.jpg
SIMスロットを開けた状態です。

android_one_mi_a1_057.jpg
DSDS端末なのでnanoSIMが2枚刺さります。

android_one_mi_a1_058.jpg
排他ではありますが、microSDカードも入ります。

android_one_mi_a1_059.jpg
nanoSIMを2枚挿せばアンテナが2本立ちます。

Android 8.0


android_one_mi_a1_070.png
Androidバージョンは8に対応しています。

標準のアプリ


android_one_mi_a1_081.png
初期に入っているアプリはこんな感じです。必要最低限でゴミは入っていません。ちなみにGoogle日本語入力とAntutuベンチマークは追加したものです。

Miリモート


android_one_mi_a1_082.png
唯一GoogleじゃないアプリのMiリモートが入っています。これはIRブラスター(赤外線通信)を利用した赤外線リモコンアプリです。

Mi A1はここ最近の国内のスマホでは京セラしか搭載してないIRブラスターを搭載してます。この機能を使うことで部屋にある様々な家電を操作することが可能です。テレビはもちろんブルーレイプレーヤー、エアコン、扇風機まで様々な赤外線リモコンを搭載した家電をスマホから操作できるようにできます。

android_one_mi_a1_074.png
というわけでさっそくテレビで使えるか試してみました。ブランドを選択します。

android_one_mi_a1_075.png
テレビの電源をONにします。

android_one_mi_a1_076.png
ボタンを押してテレビが反応するかチェックしていきます。

android_one_mi_a1_077.png
反応したらそのまま登録する方式です。

android_one_mi_a1_078.png
ホームにアイコンを追加することができます。

android_one_mi_a1_079.png
リモコン画面です。余分なボタンというところを押すと、あまり使わなそうなボタンとかもありました。

android_one_mi_a1_080.png
チャンネルで切り替えも可能です。普通にチャンネルも変えられました。ただ、HDMIの入力切替とかは用意されているのですが、BSと地上波の切り替えボタンとかがなかったのがちょっと不便でした。

デュアルカメラ


android_one_mi_a1_100.jpg
デュアルカメラで風景を撮影してみました。デュアルカメラの構成は広角レンズ(12MP sensor with 26mm f/2.2 lens and 1.25μm pixels)と望遠レンズ(12MP sensor with 50mm f/2.6 lens and 1μm pixels)でかなりきれいに撮れます。普通に撮っただけなんですが、きれいに撮れるのはありがたいです。

またカメラには光学2倍を搭載しているため、通常のデジタルズームとは異なり画質を落とさずに少しだけズームが可能になっています。

クリックで元画像を表示(ファイルサイズが大きいので注意)
https://file.blog.fc2.com/shopdd/art/1356/android_one_mi_a1_100.jpg

ブログにアップする際に画像ファイルは再圧縮されてしまうので、元画像も見れるように用意しました。画質が気になる方は元画像を御覧ください。ただし、ファイルサイズが1つあたり10MB近くと大きいので注意が必要です。

android_one_mi_a1_105.jpg

クリックで元画像を表示(ファイルサイズが大きいので注意)
https://file.blog.fc2.com/shopdd/art/1356/android_one_mi_a1_105.jpg

android_one_mi_a1_102.jpg

クリックで元画像を表示(ファイルサイズが大きいので注意)
https://file.blog.fc2.com/shopdd/art/1356/android_one_mi_a1_102.jpg

android_one_mi_a1_103.jpg

クリックで元画像を表示(ファイルサイズが大きいので注意)
https://file.blog.fc2.com/shopdd/art/1356/android_one_mi_a1_103.jpg

android_one_mi_a1_104.jpg

android_one_mi_a1_107.jpg
広角と望遠の組み合わによって、一眼レフカメラのような背景にボケのある画像も撮ることができます。これがスマホで撮れるのはいいですね。

クリックで元画像を表示(ファイルサイズが大きいので注意)
https://file.blog.fc2.com/shopdd/art/1356/android_one_mi_a1_107.jpg

android_one_mi_a1_108.jpg

クリックで元画像を表示(ファイルサイズが大きいので注意)
https://file.blog.fc2.com/shopdd/art/1356/android_one_mi_a1_108.jpg

android_one_mi_a1_109.jpg

android_one_mi_a1_073.png
カメラアプリは色々な機能があります。標準で美顔なども搭載しています。美顔には性別、年齢を表示してくれるおもしろい機能もついていました。

android_one_mi_a1_110.jpg
ディアルカメラの透かし文字をオンにすると左下に表示されます。これはどういう時に使うのかよく分かりませんが・・・。ちなみに室内の接写でもかなりきれいに撮影できます。

カメラを使っていて思ったことは、横で撮ろうとすると指が入りやすいという点です。私は基本的に横で撮りたい派なのですが、結構注意しないと指が入ってしまいました。これは今まで私が使っていた端末より明らかに外寄りにカメラが配置されているのが原因でした。縦で撮る分には全く問題はありませんが、少し気になりました。

デュアルカメラの性能についてはかなり満足でした。スマホで一眼レフのようなボケのある画像が撮れたのはうれしいですね。カメラも思っていた以上にきれいに撮れましたし、この価格でこれだけのカメラ性能がついているのは十分すごいことだと思います。

ベンチマーク


android_one_mi_a1_071.png
Antutuベンチマークの結果です。77568と十分な性能ですね。

CPUはSnapdragon625ということでミドルレンジですが、普段遣いには十分すぎる性能です。普通のゲームくらいなら全くストレス無く動くレベルです。3Dバリバリのゲームで最高画質でプレイしたいとかそういうハードな用途でなければ、十分期待に答えてくれる性能を有しています。

バッテリー


android_one_mi_a1_072.png
バッテリーに関しては何もしなければ1日で8%くらいの消費でした。ちなみに最初に急降下しているのは画面を明るくした状態でカメラで撮影を3時間くらい行ったので下がっています。

充電に関しては1時間で12%から81%へ回復したので、充電速度も十分な速さでした。

ライバル端末


 Mi A1P10 Lite
CPUSnapdragon625 2.0GHz Octa CoreKirin658 Octa Core(2.1GHz x4 + 1.7GHz x4)
メモリRAM:4GB/ROM32GBRAM:3GB/ROM32GB
液晶5.5インチ5.2インチ
カメラ1200万画素(デュアルカメラ)1200万画素(シングルカメラ)
バッテリー3080mAh3000mAh
サイズ/重さ155.4mm x 75.8mm x 7.3mm / 165g146.5mm×72mm×7.2mm / 146g
対応バンド2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
3G: WCDMA B1/B2/B5/B8
4G: FDD-LTE B1/B3/B4/B5/B7/B8/B20 TDD-LTE B38/B40
2G GSM :850/900/1800/1900MHz
3G: WCDMA B1/B5/B6/B8/B19
4G: FDD-LTE : B1/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B26 TDD-LTE B41
DSDS4G+3Gで可能4G+2Gのため日本国内では不可
USBUSB Type-cmicroUSB


ちなみにMi A1の最近のライバル機となるのはHUAWEI P10 liteでしょうね。AmazonではMi A1よりも5000円ほど高い24400円で販売されています。

端末を比較してみるとHUAWEI P10 liteはCPUがSnapdragonではなくKirinですし、メモリも3GB、カメラもシングル、液晶も5.2インチと小さいため、スペック的にはMi A1が圧勝です。ソフトウェア面でも、Googleが最新のアップデートを提供してくれることを考慮してもMi A1の方が圧倒的に良いです。ただし、Mi A1は対応バンド的にau VoLTE SIMは対応していません。ドコモやソフトバンクには対応していますがauのSIMを使う人には向きません。

これだけ性能が上回っていてなおかつHUAWEI P10 liteよりも価格が安いというのが驚異的です。HUAWEI P10 liteはネットではコスパ最強とよく言われていますが、Mi A1の方が色々な面で優れていると言えるでしょう。

Android OneをGearBestで入手しよう


android_one_mi_a1_200.png

XIAOMI Mi A1 4G Phablet Global Version - BLACK

日本未発売のAndroid OneスマホのXiaomi Mi A1を購入するなら先日記事を書いたGearBestがおすすめです。4月20日現在価格は19563円で海外からの輸入なのに送料はかかりません。到着まで多少時間がかかりますが、それでもこの価格でこの性能は破格とも言えます。この性能で2万円を切る価格なんて安すぎます。

GearBest.comを使って海外からスマホやガジェットなどを安く買い物をする方法!

GearBest.comを使ってスマホなどを輸入する方法については上記記事を参照してください。実際に私がGearBestで購入した手順を詳しく説明しているので、そのとおりにやれば誰でも簡単に購入できます。しかも海外からの輸入なのに、GearBest.comなら送料がかからないというのがありがたいですね。

今回の個人的感想




Android Oneを初めて使ってみたんですが、Mi A1はかなり良かったです。個人的な意見ですが、Androidにメーカーオリジナル機能はつけなくていい派なので、このようにシンプルでメーカーのゴミアプリなどが入っていない素のAndroidが欲しい人にはおすすめできる端末です。

スペック自体はミドルレンジなので、私の持っている端末だとmoto Z PlayやZenFone3と同じCPUのSnapdragon 625です。ただ、Mi A1はメモリが4GBと他の2つと比較しても1GB多いですし、価格も1万円くらい安く、非常にコストパフォーマンスが良いと思います。価格が安くてもカメラはしっかりデュアルカメラを搭載していますし、カメラの性能は期待していた以上でした。

価格が安いから品質が良くないということはないですし、デザインもかっこいいです。今回のカラーはレッドですが、黒と赤は相性が良いですね。個人的にはかなり気に入っています。あとなにげに嬉しかったのが、保護フィルムが純正でついてきてくれるのは良かったです。自分はケースはつけない派ですが保護フィルムだけはつけているので、保護フィルムを追加で購入しないで済むのありがたいです。こういう地味な心配りは評価できます。

使っていて気になった点は背面が滑りやすいという所ですね。ちゃんと持っていないと落としてしまいそうな感じがしました。あと戻るボタンが右側についているのがいつも使ってる端末と逆で使いにくく感じました。これは慣れの問題だとは思いますが、個人的にはAndroid全体で統一して欲しい部分でもありますね。

Android OneはGoogleから最新のアップデートが提供されるのは良いですよね。この辺りはNexusと一緒でありがたいです。Androidはメーカーによってセキュリティアップデートが遅かったり、そもそも提供されないということすらあるので、この辺りはセキュリティ的にはかなり深刻な問題だと思っています。Android Oneならきちんと最新のアップデートが提供されることが保証されていますし、安心して使うことができるのでおすすめです。正直これだけの性能が2万ちょっとで手に入るというのは驚きです。コスパの良いスマホでは今これが1番のおすすめと言えるでしょう!

おススメ:★★★★★
 値段 :★★★★★
 性能 :★★★★

アップデートもしっかりされてコスパの良いAndroidを探している人はぜひAndroid One Mi A1をGearBest購入してみてはいかがでしょうか?
→XIAOMI Mi A1 4G Phablet Global Versionを購入する!

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

技適違反ですよね?

10783

Most Popular

Now loading...

Social Links

Sponsored Link

Popular Article

Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位15位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。