1. Home
  2. ガジェット
  3. スマートフォン
  4. Android端末をWi-Fi経由でadb接続する方法!
AmazonAmazon クレジットカードAmazon DashAmazon PrimeAmazon.co.jpAmazon
Chromeを簡単にカスタマイズ!14色の公式ブラウザテーマを公開!

Chromeを簡単にカスタマイズ!14色の公式ブラウザテーマを公開!

Googleの「Chrome」チームが初となるChromeの公式テーマを公開しました。今回公開された14色のカラーリングは色合いや濃淡も様々なものが用意されています。これらのテーマ...

PNGやJPEGより圧縮性能が高い次世代画像フォーマットの「WebP」を使おう!

PNGやJPEGより圧縮性能が高い次世代画像フォーマットの「WebP」を使おう!

一般的なWebサイトに用いられている画像はPNGやJPEGがほとんどですが、今回はWebサイトにおける次世代画像フォーマットのWebP(ウェッピー)の話をしたいと思います。WebPはG...

JPEG/PNG形式の画像をWebPへ一括変換できるソフト「WebPconv」が便利!

JPEG/PNG形式の画像をWebPへ一括変換できるソフト「WebPconv」が便利!

今回紹介するのはJPEG/PNG形式の画像を次世代画像フォーマットである「WebP」(ウェッピー)に一括変化することができるソフトである「WebPconv」を紹介したいと思います。We...

Googleが提供する画像をブラウザ上で最適化して圧縮できるサイト「Squoosh」!

Googleが提供する画像をブラウザ上で最適化して圧縮できるサイト「Squoosh」!

Webサイトで画像を掲載する際に、画像の画質やファイルサイズを最適化して圧縮するのはサイトの表示速度を高速化するためにも必須の項目です。そこで今回紹介するのはGoogl...

無料で使えるオンラインのポスター&チラシメーカー「DesignCap」が便利!

無料で使えるオンラインのポスター&チラシメーカー「DesignCap」が便利!

今回紹介するのは簡単にハイクオリティなポスターを作ることが可能な無料のオンラインのポスター&チラシメーカーである「DesignCap」です。このDesignCapを使えばソフトウ...

CORSAIR 簡易水冷CPUクーラーH60の新旧を比較してみました!

CORSAIR 簡易水冷CPUクーラーH60の新旧を比較してみました!

ちょっと前からCORSAIRの簡易水冷CPUクーラーからカラカラという異音が聞こえるようになってきたので、CPUクーラーを買い換えることにしました。そんなわけで今回はCORSAIR...

Xボーダーを使って日本に発送できない海外サイトの商品を購入する方法!

Xボーダーを使って日本に発送できない海外サイトの商品を購入する方法!

以前に、AmazonUSで日本に発送できない商品も日本語で簡単に買える「Xボーダー」がすごい便利!という記事で紹介した「Xボーダー」ですが、実はこのXボーダーは海外のAmazo...

送料込み28円!?スマホ三脚固定ホルダー(ブラケット)を買ってみた!

送料込み28円!?スマホ三脚固定ホルダー(ブラケット)を買ってみた!

今回はスマートフォンを三脚固定するためのホルダーの三脚ブラケットがAmazonで送料込み28円という超激安価格で販売されていたので一つ購入してみました。そこで今回はスマ...

Windows標準搭載の仮想デスクトップを便利に拡張できるソフト「Sylphyhorn」!

Windows標準搭載の仮想デスクトップを便利に拡張できるソフト「Sylphyhorn」!

今回紹介するのはWindows10の仮想デスクトップの機能を更に便利に拡張できるソフトの「Sylphyhorn」を紹介したいと思います。Windows10から標準で搭載されている仮想デスク...

NetaGear RSS News

Now Loading

Article

Android端末をWi-Fi経由でadb接続する方法!

 スマートフォン 
android_adb_wifi_000.png

Android端末をコマンドライン上から色々な操作を行うことができるadbコマンドですが、通常adb接続する際にはパソコンとAndroid端末をUSBで接続したまま行うと思いますが、今回はWi-Fi経由でadb接続する方法を紹介したいと思います。この方法はUSBが無いAndroid端末などにも使えるので覚えておいて損はないでしょう。

Android Debug Bridge(adb)は、接続されたAndroid端末と通信できる用途の広いコマンドラインツールです。今回はAndroid SDKがインストールして、コマンドプロンプト上でadbコマンドが使える状態になっていることが前提となっています。導入していない人は、先にAndroid SDKをインストールしてAndroid SDKのPathを通してください。

Android端末でUSBデバッグを有効にする方法!


USB Debag

1 Androidの「設定」から「システム」にある「開発者オプション」を開いてUSBデバッグをONにします。※開発者オプションがすでに表示されていて、USBデバッグのやり方が分かる人はAndroid端末をWi-Fi経由でadb接続する方法!まで飛ばして読んでください。

android_adb_wifi_020.png
2 Androidの「設定」から「システム」にある「端末情報」にあるビルド番号を連続でタップします。

android_adb_wifi_021.png
3 「これでデベロッパーになりました!」と表示されればOKです。

android_adb_wifi_022.png
4 これで「開発者オプション」が表示されるようになっています。

android_adb_wifi_023.png
5 「開発者オプション」を開いてUSBデバッグをONにします。

Android端末をWi-Fi経由でadb接続する方法!


android_adb_wifi_001.png
1 ここからはPC側での操作となります。ここからはAndroid SDKをインストールして、コマンドプロンプト上でadbコマンドが使える状態になっていることが前提なります。導入していない人は、先にAndroid SDKをインストールしてAndroid SDKのPathを通してください。

Download Android Studio and SDK Tools - Android Developers

android_adb_wifi_005.png
2 コマンドプロンプトを起動します。※AndroidによってはUSBで接続しなくてもできる端末もありますが、できない端末ではここでPCに一度接続する必要があります。また、Android端末とPCは同一ネットワーク内にある必要がありますので注意してください。

android_adb_wifi_006.png
3 「adb tcpip 5555」と入力します。

adb tcpip 5555

android_adb_wifi_007.png
4 「adb connect 192.168.X.X:5555」と入力します。192.168.X.XはAndroidのIPアドレスを入れてください。AndroidのIPアドレスはシステム→端末情報→電話の状態にあるIPアドレスで表示できます。

adb connect 192.168.X.X:5555

connected to 192.168.X.X:5555と表示されれば接続成功です。
unable to connect to 192.168.X.X:5555だと失敗しているので、もう一度USBデバッグがONになっているかなどの設定や接続を確認します。

Wi-Fiでの接続が完了してしまえば、もうUSBケーブルはAndroidから外してしまっても大丈夫です。

android_adb_wifi_008.png
5 adb接続できているデバイスの確認は「adb devices」と入力します。

adb devices
>List of devices attached
>**************** device

deviceと表示されればOKです。unauthorizedの場合は
adb kill-server
adb start-server
を試してみてください。

android_adb_wifi_010.png
6 「adb shell」と入力してshellを使ってみましょう。lsしてみました。これで端末にきちんと接続できて、端末内のファイル一覧が取得できていることが確認できました。

android_adb_wifi_009.png
7 端末のadb接続を解除したい時は「adb disconnect」と入力してください。

adb disconnect

今回の個人的感想




今回はWi-Fi経由でAndroid端末にadb接続する方法の紹介でした。この記事自体は次に公開する予定の記事の前段階として必要なものなので、ちょっと特殊な方法の紹介でした。普段adb接続する際にはUSBでやるのが当然の流れですし、Wi-Fiから接続するのが役に立つのはUSBがないような特殊デバイスのAndroid端末に限られますね。次回はこの方法を使って、USB接続できないdTVターミナルにWi-Fi経由でアクセスして色々と改造してみたいと思っています。

ちなみに普通にスマホやタブレットを使う場合は、USBで有線接続のほうが楽です。Wi-Fi経由でAndroid端末にadb接続すると言っても、一部デバイスを除くと結局最初にUSB接続が必要だったりするので、それだったら最初から無線接続に拘る必要はないのかもしれませんね。でも、設定した後は自由に外して動かせるので、ケーブルが邪魔とかそういった理由がある場合には役に立つかもしれません。

adb接続はAndroidを色々といじる際にはよく使いますし、こういう知識は一応覚えておくと何か使える時が来るかもしれませんね。

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

Most Popular

Now loading...

Social Links

Sponsored Link

Popular Article

Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位15位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。