1. Home
  2. Webデザイン
  3. html+CSS+javascript
  4. JPEG/PNG形式の画像をWebPへ一括変換できるソフト「WebPconv」が便利!
AmazonAmazon クレジットカードAmazon DashAmazon PrimeAmazon.co.jpAmazon
Chromeを簡単にカスタマイズ!14色の公式ブラウザテーマを公開!

Chromeを簡単にカスタマイズ!14色の公式ブラウザテーマを公開!

Googleの「Chrome」チームが初となるChromeの公式テーマを公開しました。今回公開された14色のカラーリングは色合いや濃淡も様々なものが用意されています。これらのテーマ...

PNGやJPEGより圧縮性能が高い次世代画像フォーマットの「WebP」を使おう!

PNGやJPEGより圧縮性能が高い次世代画像フォーマットの「WebP」を使おう!

一般的なWebサイトに用いられている画像はPNGやJPEGがほとんどですが、今回はWebサイトにおける次世代画像フォーマットのWebP(ウェッピー)の話をしたいと思います。WebPはG...

JPEG/PNG形式の画像をWebPへ一括変換できるソフト「WebPconv」が便利!

JPEG/PNG形式の画像をWebPへ一括変換できるソフト「WebPconv」が便利!

今回紹介するのはJPEG/PNG形式の画像を次世代画像フォーマットである「WebP」(ウェッピー)に一括変化することができるソフトである「WebPconv」を紹介したいと思います。We...

Googleが提供する画像をブラウザ上で最適化して圧縮できるサイト「Squoosh」!

Googleが提供する画像をブラウザ上で最適化して圧縮できるサイト「Squoosh」!

Webサイトで画像を掲載する際に、画像の画質やファイルサイズを最適化して圧縮するのはサイトの表示速度を高速化するためにも必須の項目です。そこで今回紹介するのはGoogl...

無料で使えるオンラインのポスター&チラシメーカー「DesignCap」が便利!

無料で使えるオンラインのポスター&チラシメーカー「DesignCap」が便利!

今回紹介するのは簡単にハイクオリティなポスターを作ることが可能な無料のオンラインのポスター&チラシメーカーである「DesignCap」です。このDesignCapを使えばソフトウ...

CORSAIR 簡易水冷CPUクーラーH60の新旧を比較してみました!

CORSAIR 簡易水冷CPUクーラーH60の新旧を比較してみました!

ちょっと前からCORSAIRの簡易水冷CPUクーラーからカラカラという異音が聞こえるようになってきたので、CPUクーラーを買い換えることにしました。そんなわけで今回はCORSAIR...

Xボーダーを使って日本に発送できない海外サイトの商品を購入する方法!

Xボーダーを使って日本に発送できない海外サイトの商品を購入する方法!

以前に、AmazonUSで日本に発送できない商品も日本語で簡単に買える「Xボーダー」がすごい便利!という記事で紹介した「Xボーダー」ですが、実はこのXボーダーは海外のAmazo...

送料込み28円!?スマホ三脚固定ホルダー(ブラケット)を買ってみた!

送料込み28円!?スマホ三脚固定ホルダー(ブラケット)を買ってみた!

今回はスマートフォンを三脚固定するためのホルダーの三脚ブラケットがAmazonで送料込み28円という超激安価格で販売されていたので一つ購入してみました。そこで今回はスマ...

Windows標準搭載の仮想デスクトップを便利に拡張できるソフト「Sylphyhorn」!

Windows標準搭載の仮想デスクトップを便利に拡張できるソフト「Sylphyhorn」!

今回紹介するのはWindows10の仮想デスクトップの機能を更に便利に拡張できるソフトの「Sylphyhorn」を紹介したいと思います。Windows10から標準で搭載されている仮想デスク...

NetaGear RSS News

Now Loading

Article

JPEG/PNG形式の画像をWebPへ一括変換できるソフト「WebPconv」が便利!

 html+CSS+javascript 
webpconv_000.png

今回紹介するのはJPEG/PNG形式の画像を次世代画像フォーマットである「WebP」(ウェッピー)に一括変化することができるソフトである「WebPconv」を紹介したいと思います。WebPはGoogleが開発しているオープンな静止画フォーマットで、ファイルの拡張子は「.webp」となっています。

WebPの特徴としてはPNGやJPEGの良いところ取りしたような仕様で圧縮性能が高く、同じ画質でも画像ファイルサイズを小さくすることができます。このサイトでもトップページの画像はすべてWebPを採用して、表示の高速化に役立っています。

WebPの特徴について


google_webp_000.png

PNGやJPEGより圧縮性能が高い次世代画像フォーマットの「WebP」を使おう!

WebPを導入するメリットについては別の記事で詳細にまとめているのでぜひそちらをご覧ください。WebPのメリット・デメリットやWebPの圧縮性能の高さについての説明や「なぜ今WebPの話題が出ているのか?」という点にも着目してまとめてあります。

正直なところ将来的にはWebPだけあれば他の画像形式は必要ないんじゃないかと私は考えています。画像が多いサイトでは画像ファイルサイズの削減は、サイトの表示高速化においてかなりの割合を占める重要な部分です。重いJPEGやPNGをWebPに置き換えるだけでも読み込み量が約30%程度減らすことが可能になります。画像が重いとモバイルでは特に表示速度に影響があるので、しっかり最適化する必要があります。

「WebPconv」のインストール方法!


webpconv_007.png
1 WebPconv公式サイトにアクセスします。

WebPconv WebPファイル一括変換アプリ - Romeolight
http://www.romeolight.com/ja/products/webpconv/

webpconv_008.png
2 「Download Now」を押してインストーラーをダウンロードします。

webpconv_001.png
3 WebPconvSetup.exeを起動して、「Next」を押します。

webpconv_002.png
4 「Next」を押します。

webpconv_003.png
5 インストール先を指定して「Next」を押します。

webpconv_004.png
6 「Install」を押します。

webpconv_005.png
7 インストールが終わるまでしばらく待ちます。

webpconv_006.png
8 「Finish」を押します。

「WebPconv」を使って一括変換する方法!


webpconv_010.png
9 WebPconvを起動します。WebPに変換するときは「ENCODE」、WebPからPNG/JPEGなどに変換する「DECODE」とタブが別れています。

webpconv_011.png
10 右上の設定画面を開いてみます。ENCODING OPTIONとDECODING OPTIONが用意されています。

■Quality Factor
Specify the compression factor for RGB channels between 0 and 100. The default is 75.
画像品質を0~100で設定できます。デフォルトは75です。

■Compression Method
Specify the compression method to use. This parameter controls the trade off between encoding speed and the compressed file size and quality. Default value is 4.
このパラメータは、エンコード速度と圧縮ファイルのサイズおよび品質との間のトレードオフで制御します。デフォルト値は4です。個人的には6がおすすめです。

■Strength of Deblocking filter
Specify the strength of the deblocking filter, between 0 (no filtering) and 100 (maximum filtering. A value of 0 will turn off any filtering.
デブロッキングフィルタの強度を0(フィルタなし)から100(最大フィルタ)の間で指定します。値0はフィルタを無効にします。

■Preserve Metadata
A comma separated list of metadata to copy from the input to the output if present.
入力から出力にメタデータをコピーします。

■Lossless Mode
Encode the image without any loss.
画像を損失なくエンコードします。その分ファイルサイズは大きくなります。

■Auto Filter
The filtering strength of reach a well-balanced quality.
フィルタリング強度をバランスのとれた品質にします。

■Alpha Cleen Update
Modify unseen RGB values under fully transparent area, to help compressibility.
圧縮率を高めるために、完全に透明な領域の下に見えないRGB値を変更します。

■Resize
Change Dimensions.
サイズを変更します。

webpconv_012.png
圧縮したい画像を用意します。今回は記事のトップ画像で使っている画像で試してみたいと思います。

webpconv_013.png
圧縮したい画像をドラッグ&ドロップします。

webpconv_014.png
左上の三角ボタンを押すとエンコードが開始されます。webPに変換が完了すると下にComplete:Total 215.95Mbytes decreasedと表示されました。これで全ファイルで215MB削減できたことが分かります。

WebPにファイル出力する以外にもbase64形式でも出力可能です。data:image/webp;base64から始まるデータ形式で、小さい画像を文字データとしてhtml上に保存することでhttpリクエスト数を減らす際に役に立ちます。


今回の個人的感想




今回はJPEG/PNG形式の画像を次世代画像フォーマットである「WebP」(ウェッピー)に一括変化することができるソフトである「WebPconv」の紹介でした。「WebPconv」についてですが、ドラッグ&ドロップで一括でWebPに変換できるのでとても便利ですね。サイトで使う画像を一個一個変換していくのは手間がかかるので、こうやって一気に変換できるのはとてもありがたいです。

私のサイトでもかなりWebPを導入しており、特にトップページではすべての画像をWebPに置き換えたのでかなりファイルサイズを削減できて高速化できました。WebPは優秀なのでみんなも使ったほうが良いですね。

対応ブラウザについても主要ブラウザであるGoogle Chrome、Microsoft Edge、Mozilla Firefox、Operaが対応しているので基本的には問題ないですね。Safariだけがまだ未対応ではありますが、Microsoft EdgeとMozilla Firefoxが対応した現状の状況を見る限り、Safariも近い将来対応されるような気がします。Webの発展のためにもこういうのは早く対応して欲しいところですね。

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

Most Popular

Now loading...

Social Links

Sponsored Link

Popular Article

Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位15位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。