1. Home
  2. Webデザイン
  3. html+CSS+javascript
  4. AndroidのChromeを開発者ツール(デベロッパーツール)で分析する方法!
AmazonAmazon クレジットカードAmazon DashAmazon PrimeAmazon.co.jpAmazon
VideoProcの画面録画機能がすごい!クロマキー合成も可能!

VideoProcの画面録画機能がすごい!クロマキー合成も可能!

VideoProcは、Digiarty Software社が開発・販売を行っている動画変換&編集、DVDコピー、動画ダウンローダー、画面録画とマルチに活躍する機能を持った動画処理ソフトです...

DVDFab 11 Blu-rayコピーを使ってみた!

DVDFab 11 Blu-rayコピーを使ってみた!

今回はDVDやBlu-rayのコピー&リッピングソフトとして世界で最も有名なDVDFabの最新版であるDVDFab 11 Blu-rayコピーを使ってみて、実際にレビューを書きたいと思います。D...

プライムデーセールがスタート!Amazon Echoシリーズが最大60%Offで大幅値引き!

プライムデーセールがスタート!Amazon Echoシリーズが最大60%Offで大幅値引き!

15日から始まったAmazonプライムデーセールですが、EchoシリーズやKindle、FireTVなどのAmazonデバイスが大幅値下げされています。中でもおすすめなのがAlexaを搭載するス...

超!A&G+がEchoシリーズで再生可能に!Amazon Alexaが再生に対応!

超!A&G+がEchoシリーズで再生可能に!Amazon Alexaが再生に対応!

文化放送が運営しているアニラジ専門のインターネットラジオである超!A&G+(ちょう!エーアンドジープラス)がAmazon Alexaに対応しました。これによりスマートスピーカ...

Amazon Prime VideoでChromecastへのキャストが可能に!

Amazon Prime VideoでChromecastへのキャストが可能に!

ついに7月10日よりAmazonプライムビデオでChromecastへのキャストが可能になりました。Amazonプライムビデオのアプリをアップデートすることで、Chromecastへのキャストボ...

Chromeで拡張機能なしでページ全体のスクリーンショットを撮る方法!

Chromeで拡張機能なしでページ全体のスクリーンショットを撮る方法!

みなさんはサイトのページ全体をキャプチャしてスクリーンショットを撮りたい時はどうしていますか?よくある手法としては拡張機能を入れてスクリーンショットを撮るという...

AOMEI BackupperでSSD&HDDを定期的に丸ごとバックアップしよう!

AOMEI BackupperでSSD&HDDを定期的に丸ごとバックアップしよう!

最近のPCではシステムドライブとしてSSDが採用されているのは当たり前の時代になりましたが、みなさんバックアップはしっかり取っていますか?SSDはHDDと比較しても非常に...

デュエルリンクスの最新情報が読めるアンテナを作りました!検索機能も大幅アップデート!

デュエルリンクスの最新情報が読めるアンテナを作りました!検索機能も大幅アップデート!

先日、遊戯王デュエルリンクスのカード検索サイトであるDuelLinks.netを公開しましたが、追加機能としていくつかのアップデートを行ったので、こちらにまとめておきます。...

クランプ式USBハブのORICO 4PORTS CLIP HUB MH4PU-U3を使ってみた!

クランプ式USBハブのORICO 4PORTS CLIP HUB MH4PU-U3を使ってみた!

今回紹介するのはクランプ式(クリップ式)のUSB3.0の4ポートハブであるORICO MH4PU-U3です。このUSBハブが普通のUSBハブとは違うのが、パソコン、液晶モニター、PCデスクな...

NetaGear RSS News

Now Loading

Article

AndroidのChromeを開発者ツール(デベロッパーツール)で分析する方法!

Webデザイン > html+CSS+javascript 
Android_DevTools_000.png

Web開発ではChromeの開発者ツール(デベロッパーツール)はよく使うものであり、必須とも言えるくらい便利なものです。レスポンシブでスマホ用のレイアウトを作る際に、PCのChromeの開発者ツールでDeviceをスマホに変更した上で、開発者ツールを開いて検証しつつ対応することはよくありますが、中にはスマホ向けページはAndroidの実機で検証したい時もありますよね。

そこで今回はAndroidの実機のChromeで表示している内容を開発者ツールで分析する方法を紹介したいと思います。PCで表示した際と実機のAndroidで表示が微妙に異なるときなどにこの方法を使えば、どこが原因なのかをすぐに見つけ出すことができるのでとても便利です。

Android端末でUSBデバッグを有効にする方法!


USB Debag

1 Androidの「設定」から「システム」にある「開発者オプション」を開いてUSBデバッグをONにします。※開発者オプションがすでに表示されていて、USBデバッグのやり方が分かる人はAndroid端末をWi-Fi経由でadb接続する方法!まで飛ばして読んでください。

android_adb_wifi_020.png
2 Androidの「設定」から「システム」にある「端末情報」にあるビルド番号を連続でタップします。

android_adb_wifi_021.png
3 「これでデベロッパーになりました!」と表示されればOKです。

android_adb_wifi_022.png
4 これで「開発者オプション」が表示されるようになっています。

android_adb_wifi_023.png
5 「開発者オプション」を開いてUSBデバッグをONにします。

AndroidのChromeの内容を開発者ツールで表示する方法!


android_adb_wifi_001.png
1 ここからはPC側での操作となります。ここからはAndroid SDKをインストールして、コマンドプロンプト上でadbコマンドが使える状態になっていることが前提なります。導入していない人は、先にAndroid SDKをインストールしてAndroid SDKのPathを通してください。



Android_DevTools_001.png
2 PCのGoogle Chromeで下記URLを開きます。

chrome://inspect/#devices

Android_DevTools_002.png
3 開発者ツールで見たいタブを選んで「inspect」を押すと開発者ツールが開きます。通常の開発者ツールと異なるのが、左のウィンドウに実機でのスマホと同じ表示がされるようになります。この状態ではスマホと表示が同期されていますし、PC側からもスクロールが可能になります。

Android_DevTools_004.png
4 Elementsタブで要素を選択するとハイライトされるなど通常の開発者ツールと同じように表示されます。

Android_DevTools_005.png
5 Networkタブではスマホ実機での表示速度の計測も可能です。このサイトのトップページで試した結果ですがFinish:2.42sでした。

Android_DevTools_003.png
6 スマホ側をスリープすると「The tab is inactive」と表示されます。

Android端末をWi-Fi経由でadb接続する方法!


Android端末をWi-Fi経由でadb接続する方法もあるので興味があればこちらもご覧になると便利かもしれません。基本的に優先で接続しいたほうが簡単ですので、Wi-Fi経由で接続するのは特殊な端末のときしか使わないのですが、覚えておいて損はないと思います。



今回の個人的感想




今回紹介したのはAndroidのGoogle Chromeで表示している内容を開発者ツールで見る方法でした。私も今までPC上でスマホ向けレイアウトを作っていましたが、どうしても実機のAndroidとの差異が出てしまう部分があったりしたのでその際にはこの方法でAndroidのChromeを開発者ツールで見ると原因がわかりやすいですし、非常に役に立つのでおすすめです。

基本的にPCで開発者ツールを使うのと同じなので、いつもどおり使うことができるのが良いですね。スマホの表示もPC側で出してくれるので、実機を見なくても使えます。スマホ実機ならではの操作を試したいときは実機で操作しつつConsolelogなどを確認することでテストもできます。

スマホ向けレイアウトの開発の際には、ぜひ実機を使ってこの方法で開発者ツールを活用してみてはいかがでしょうか?

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

Most Popular

Now loading...

Social Links

Sponsored Link

Popular Article

Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位15位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。