1. Home
  2. Webデザイン
  3. html+CSS+javascript
  4. Facebookのいいね・シェア数が表示されなくなったので修正しました!
AmazonAmazon クレジットカードAmazon DashAmazon PrimeAmazon.co.jpAmazon
ギガビット対応のLANケーブル延長コネクターを買ってみた!

ギガビット対応のLANケーブル延長コネクターを買ってみた!

先日の記事でダイソーで売っているLANケーブル延長コネクターを購入しましたが、せっかく最大1Gbpsのフレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプを契約しているの...

日本未発売の薄型背面バッテリーmoto modsの「moto power pack」を買ってみた!

日本未発売の薄型背面バッテリーmoto modsの「moto power pack」を買ってみた!

ちょっと前の記事で日本未発売で日本に発送できない商品を購入する方法の例として、Xボーダーを利用して日本未発売の超薄型背面バッテリーmoto modsの「moto power pack」...

HTML+CSSで3D空間を表現した「CSS FPS」がすごい!

HTML+CSSで3D空間を表現した「CSS FPS」がすごい!

今回紹介するのはHTMLとCSSを使ってFPSゲームなどでよくあるような3D空間を表現した技術デモサイトである「CSS FPS」のサイトを紹介したいと思います。HTML+CSSで表現でき...

YouTubeのチャンネル&動画分析ツールの「NoxInfluencer」で分析しよう!

YouTubeのチャンネル&動画分析ツールの「NoxInfluencer」で分析しよう!

今回紹介するのは、YouTubeのチャンネル分析が可能なマーケティングツールである「NoxInfluencer」です。NoxInfluencerを使うことでYouTubeチャンネルランキング、比較、タ...

動画変換やダウンロード、画面録画などが可能なマルチな動画ソフト「VideoProc」!

動画変換やダウンロード、画面録画などが可能なマルチな動画ソフト「VideoProc」!

先日からGWプレゼントキャンペーンでライセンスコードをプレゼントされていたVideoProcですが、今回はそのVideoProcを実際に使ってみたのでレビューを書きたいと思います。...

Vegas Proの手ブレ補正機能の効果を検証してみました!

Vegas Proの手ブレ補正機能の効果を検証してみました!

先日86%オフのキャンペーンで購入したプロ用動画編集ソフトのVegas Proですが、今回はそのVegas Proを使って手ブレしている動画にVegas手ブレ補正プラグインを使って手ブレ...

スマートスピーカーのAmazon Echo Dot第3世代が46%オフの3,240円で販売中!

スマートスピーカーのAmazon Echo Dot第3世代が46%オフの3,240円で販売中!

Amazon Echo Dot 第3世代 スマートスピーカー with Alexaがセール特価でなんと46%オフの大特価で販売中です。販売はAmazonなので送料はもちろん無料です。ちなみにAmazon E...

GW限定でVideoProcが無料で手に入るプレゼントキャンペーンを実施中!

GW限定でVideoProcが無料で手に入るプレゼントキャンペーンを実施中!

Digiarty Softwareはゴールデンウィーク限定で、VideoProcとDearMob iPhoneマネージャーのライセンスコードを無料でプレゼントするキャンペーンを実施中です。キャンペーン...

ゴールデンウィーク限定でプロ用動画編集ソフトのVEGASシリーズが最大90%割引!

ゴールデンウィーク限定でプロ用動画編集ソフトのVEGASシリーズが最大90%割引!

現在ソースネクストでは、ゴールデンウィーク限定のスーパー値引きキャンペーンとして、VEGAS製品が衝撃プライスのThe Chance GOLDを実施しています。このキャンペーンでは...

NetaGear RSS News

Now Loading

Article

Facebookのいいね・シェア数が表示されなくなったので修正しました!

 html+CSS+javascript 
facebook_graph_api_000.png

先日から記事のFacebookのいいね数(シェア数)の自作ボタンの数が表示されなくなっていることに気がつきました。最初は一時的なサーバーの問題かと思ったのですが、数日経っても表示されないので調べてみたらなんとFacebook Graph API v2.8が2019年4月18日までだったようです。それに伴いこのAPIのバージョンを使っているブログではシェア数などが表示されなくなりました。

Facebook Graph API v2.9以降ではアクセストークンを取得しないと、シェア数の取得ができなくなっているため、今までより少し面倒になっています。というわけで、今回は最新のFacebookでのブログの記事のシェア数の取得方法について書きたいと思います。

Facebook for Developersに登録してシェア数を取得しよう!


facebook_graph_api_001.png
1 Facebook for Developersのサイトにアクセスします。



facebook_graph_api_002.png
2 右上のスタートガイドを押して、「次へ」を押します。すでにFacebookアカウントを持っていればそれを使ってFacebook for Developersに登録できます。

facebook_graph_api_003.png
3 アプリ名とメールアドレスを入力して「次へ」を押します。

facebook_graph_api_004.png
4 「自分に一番当てはまる役割は?」と聞かれるので今回の場合は「開発者」を選択します。

facebook_graph_api_005.png
5 「Add Your First Product」を押します。

facebook_graph_api_006.png
6 「製品を追加」から「Facebookログイン」を選びます。

facebook_graph_api_007.png
7 。アプリのプラットフォームを聞かれるので「ウェブ」を選択します。

facebook_graph_api_008.png
8 ウェブサイトのURLを聞かれるので、自分のサイトのURLを入力して「Save」を押します。この後ステップ5までありますが、適当に読んで飛ばしてもOKです。

facebook_graph_api_011.png
9 左にある「プロダクト」→「Facebookログイン」→「設定」を開きます。「有効なOAuthリダイレクトURI」に自分のサイトのURLを指定して「設定を保存」を押します。

facebook_graph_api_012.png
10 左上にある「設定」→「ベーシック」を開きます。「アプリドメイン」「プライバシーポリシーのURL」を指定します。カテゴリは適当に「エンターテイメント」にして「設定を保存」を押します。

facebook_graph_api_013.png
11 右上にある「ステータス:開発中」の隣りにある「オフ」を押してアプリを公開状態にします。

facebook_graph_api_014.png
12 下記URLの{アプリID}と{自分のサイトのURL}を書き換えて、ブラウザでアクセスすると上記のような表示になるのでログインします。

https://www.facebook.com/dialog/oauth?client_id={アプリID}&redirect_uri={自分のサイトのURL}

Access Token

13 続いてアクセストークンを取得するためのURLにアクセスします。{アプリID}、{app_secret}は手順10のページで確認できます。

https://graph.facebook.com/oauth/access_token?client_id={アプリID}&client_secret={app_secret}&grant_type=client_credentials
正しくアクセスできれば下記のようなjsonが返ってくるのでaccess_tokenをメモしておきます。このアクセストークンはシェア数を取得する際に使います。

{"access_token":"xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx","token_type":"bearer"}

シェア数の取得


Share/Like

あとは取得したアクセストークンを使って、上記のようなURLで記事のシェア数を取得してきます。

https://graph.facebook.com/?id={シェア数を取得したい記事のURL}&fields=og_object{engagement},engagement&access_token={アクセストークン}
正常に取得できれば下のようなjsonが返ってきます。

{
"og_object": {
"engagement": {
"count": 128,
"social_sentence": "128 people like this."
},
"id": "118816328283759"
},
"engagement": {
"reaction_count": 63,
"comment_count": 42,
"share_count": 23,
"comment_plugin_count": 0
},
"id": "http://shopdd.jp/blog-entry-1120.html"
}

以前のFacebook Graph API v2.8の時のjson形式から少し変更されているようです。なので既存のjavascriptコードを適宜を書き換えてください。

今回の個人的感想




今回はFacebookのシェア数を取得するためのFacebook Graph APIの記事でした。私と同じようにFacebookのシェア数ボタンを自作している人は同じような影響を受けている可能性が高いですね。以前まではこんな面倒な手順を踏まなくても簡単に取得できていたのですが、Facebook Graph API v2.9以降では結構手間がかかりましたね。今までは誰でも値を取得できていたのですが、登録とOAuthでサイトを認証してアクセストークンの取得が必要となったのでだいぶ大きな変更です。とりあえずこれで今までどおりにシェア数が表示できるようになったので良かったです。

面倒とは言え、Facebookのシェア数だけ表示されてないのはおかしいので、今回もしっかり変更に対応しました。ついでに先日終了したGoogle+へのソーシャルリンクを外して、SNSボタンのデザインも変更しました。なにげにこのデザインテンプレートを作ってから5年近く経っているので、所々古いと感じる部分もあったりしていますが、こういう機会がないと変えていかないので良かったかもしれません。今までと比べてかなりスッキリした感じになりました。記事を共有したいときなどにぜひ活用してください。

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

Most Popular

Now loading...

Social Links

Sponsored Link

Popular Article

Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位15位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。