1. Home
  2. コンピュータ
  3. ソフト・ツール
  4. AOMEI BackupperでSSD&HDDを定期的に丸ごとバックアップしよう!
AmazonAmazon クレジットカードAmazon DashAmazon PrimeAmazon.co.jpAmazon
女装してYoutuberを始めることにしました!

女装してYoutuberを始めることにしました!

本日よりおっさんだけど女装してYoutuberを始めることにしました。ブログ開設から15年目で突然こいつは何を頭がおかしい事をいい出してるんだと思われた古参ユーザーもいる...

ドライブレコーダーAPEMAN C550を内装を剥がしてミラココアに取り付けてみた!

ドライブレコーダーAPEMAN C550を内装を剥がしてミラココアに取り付けてみた!

私の母の車にはドライブレコーダーがついていないので今回はAPEMAN C550という5000円以下で購入可能な激安ドライブレコーダーを自分で取り付けてみました。こういうのもプ...

コスパ最高なドライブレコーダーAPEMAN C550を使ってみた!

コスパ最高なドライブレコーダーAPEMAN C550を使ってみた!

ここ近年では車を運転中のトラブルなどがよく話題になっていますよね。あおり運転など危険な運転をされたときのためにもドライブレコーダーはあったほうがいいです。ドライ...

新色ブルーが発売!Tribit StormBoxスピーカーを2台ペアリングして使ってみた!

新色ブルーが発売!Tribit StormBoxスピーカーを2台ペアリングして使ってみた!

ちょっと前の記事で完全防水IPX7&360度のTribit StormBox bluetoothスピーカーを使ってみた!という記事でTribit StormBoxスピーカーについてのレビュー記事を書きました...

Zhiyun Crane-M2が更に値引き!ジンバルが届いたので確認してみた!

Zhiyun Crane-M2が更に値引き!ジンバルが届いたので確認してみた!

先日の記事でアメリカのAmazonでZhiyun Crane-M2の新品同様品が激安で販売されているという記事を書きましたが、なんとさらに値引きされて129ドルで販売されています。価格...

BOOK☆WALKERで50%還元の春のホン祭りキャンペーンを実施中!初回購入は100%還元!

BOOK☆WALKERで50%還元の春のホン祭りキャンペーンを実施中!初回購入は100%還元!

BOOK☆WALKERでは、春からの新生活、本のある暮らしを楽しんでもらいたいというそんな思いを込めて、「春のホン祭り!全会員コイン50%還元キャンペーン」を実施しています...

激安ShopDDにAmazonタイムセール検索機能などを追加するアップデートを実施!

激安ShopDDにAmazonタイムセール検索機能などを追加するアップデートを実施!

激安特価情報サイトの激安ShopDDが公開してから一ヶ月ちょっと経ちましたが、今回Amazonのタイムセールの検索機能を追加しました。Amazonのタイムセールって結構安いのもあ...

3軸ジンバルのZhiyun CRANE M2を安く購入する方法!

3軸ジンバルのZhiyun CRANE M2を安く購入する方法!

最近カメラ関連でジンバルが欲しくて色々探していたのですが、持ち運びもしやすいサイズ感でミラーレス一眼もスマホもアクションカメラも載せられる優秀なジンバルを見つけ...

メルカリ・メルペイ新規登録の招待コードで最大1500ポイントをもらう方法!

メルカリ・メルペイ新規登録の招待コードで最大1500ポイントをもらう方法!

最近メルカリを初めて使う機会があったのですが、その際にメルカリとメルペイに新規登録する際に招待コードを使うと最大1500ポイント(1500円分)をもらえたので、その方法に...

NetaGear RSS News

Now Loading

Article

AOMEI BackupperでSSD&HDDを定期的に丸ごとバックアップしよう!

コンピュータ > ソフト・ツール 
AOMEI_Backupper_000.png

最近のPCではシステムドライブとしてSSDが採用されているのは当たり前の時代になりましたが、みなさんバックアップはしっかり取っていますか?SSDはHDDと比較しても非常に高速でありますが、欠点の一つとして故障するとデータの復旧がHDDと比べて難しいという点があります。大事なデータが消えてしまう前にデータを定期的にバックアップをとっておくことは非常に大切です。

そこで今回紹介するのはAOMEI Backupperです。AOMEI BackupperはデスクトップとノートPCのシステムとデータを守るためのバックアップソフトです。SSDやHDDのドライブをまるまるバックアップできたり、定期的にバックアップを保存してくれるので、もし突然SSDが故障してしまったとしても助かります。

SSDはHDDとは故障の仕方が違う


HDDは故障前に不良セクタが増えたりすることで読み込みがおかしいなどの前兆が結構分かりやすいのですが、SSDではそういった前兆がなく突然死することがあります。以前まではSSDの書き換え回数による寿命が問題であると言われていましたが、近年では技術の向上で書き換え回数による寿命はほぼ気にしなくていいレベルまで向上しているので書き換え回数による問題はありません。では、なぜ突然死するのかというと、コントローラ等の制御側の故障が原因になります。コントローラが壊れれば読み取りも書き込みも不可で使えなくなってしまいます。このようにコントローラなどの制御系によるSSDの故障ではすべてのデータが復旧できなくなることがあります。

HDDでは故障する前に不良セクタ(Bad Sector)と呼ばれるものが急激に増えたり、前兆が多く現れることによって速度低下などを引き起こしたり、動作がおかしいなどの前兆がよく出てきます。もちろんSSDでもHDD同様に不良セクタができたりはするのですが、HDDに比べると速度低下が少なく気が付きにくいということも一つの要因かもしれません。

SSDの突然死に備える対策


SSDが故障する前に対策を講じなくてはいけません。まずはSSDが壊れないようにするには、SSDの温度管理が大切です。基本的にSSDのLSIは熱に弱く、高温状態での長期動作は故障の原因とされています。温度が上がる毎に故障率も上がるという実験データもあります。なので、SSDの温度を下げるために対策を講じると、故障率を下げることができます。

デスクトップPCで2.5インチSSDであればそれほど温度が上がることはありませんが、m.2 SSDなどでマザーボードに近い状態で設置されているものは温度が高い状態になりやすいので、冷却対策をしたほうがSSDの寿命が伸びます。m.2 SSDであればm.2専用のヒートシンクなども発売されているので、私も世田谷電器の薄型の冷却ヒートスプレッダーを導入してます。私のマザーボードはSABERTOOTH X99とちょっと特殊なので、m.2の設置場所の余裕がほぼないためこれしかつかなかったのですが、非常に薄かったのでなんとかつけることができました。気になる方はこちらを購入することをおすすめします。



m,2に取り付ける際に制限がないのであれば、もっと大きいタイプのほうが冷却効果が高いのでおすすめです。中にはm.2用の冷却装置でファンが搭載されているものもあります。ファンがあったほうがより冷やすことができるので、温度が高くて気になる人はファン付きを購入するのが良いでしょう。



もう一つは壊れた時に備えてデータをバックアップしておくことです。備えあれば憂いなし。データを失ってからでは時すでに遅しです。バックアップは事前に行っておかないといけません。しかし、定期的に自分でバックアップするのは面倒ですし、忘れてしまうことがあると思うので、ソフトウェアを使って自動的にバックアップするのが良いと思います。そんなわけでバックアップソフトとして今回のAOMEI Backupperを紹介していきたいと思います。

AOMEI Backupperのインストール


AOMEI_Backupper_030.png
1 AOMEI Backupperの公式サイトにアクセスして「無料ダウンロード」を押します。

AOMEI Backupperには無料で使えるAOMEI Backupper Standardと有償版で追加機能があるAOMEI Backupper Professional、サーバー用のAOMEI Backupper Serverがあります。無料版のAOMEI Backupper Standardでもシステムのバックアップや復元、自動バックアップは利用できます。システムクローン、古いバックアップの自動削除などの追加機能を使いたい場合はAOMEI Backupper Professionalを購入しましょう。対応OSはWindows 10、Windows 8.1/8、Windows 7、Windows Vista、XPとなっています。



※今回このブログで紹介しているAOMEI Backupperは今後提供される予定の最新バージョン5.0となります。

AOMEI_Backupper_002.png
2 公式サイトからダウンロードしてきた「AOMEIBackupperSetup.exe」を起動します。「日本語」を選択してOKを押します。

AOMEI_Backupper_003.png
3 「今すぐインストール」を押します。

AOMEI_Backupper_004.png
4 インストールが終了するまでしばらく待ちます。

AOMEI_Backupper_005.png
5 「今すぐ体験」を押します。これでAOMEI Backupperのインストール完了です。

AOMEI Backupperでバックアップする方法!


AOMEI_Backupper_006.png
1 AOMEI Backupperを起動します。

AOMEI_Backupper_010.png
2 これがホーム画面です。バックアップを行うには「新規作成」を押します。

AOMEI_Backupper_011.png
3 バックアップの画面に移動するので、バックアップしたいものを選びます。今回はシステムをバックアップしたいので「システムバックアップ」を押します。システムバックアップでは、システムパーティションのイメージを作成してWindowsをバックアップできます。

AOMEI_Backupper_012.png
4 バックアップの保存先を選択して「開始」を押すとバックアップが実行されます。詳細な設定を指定したい場合は左下にある「オプション」「スケジュール」「スキーム」などから変更可能です。

AOMEI_Backupper_018.png
5 バックアップが終了するまでしばらく待ちます。

AOMEI_Backupper_019.png
6 「操作が正常に完了しました」となったらバックアップ完了です。「完了」を押して終了です。

AOMEI_Backupper_020.png
このようにバックアップが表示されるようになります。

システムドライブは150GBほどの容量を使用していたのですが、バックアップファイルは圧縮されているようで約75GBと半分に容量が圧縮されていました。バックアップにかかった時間は15分と思った以上に速かったのですごいです。バックアップの保存先がHDDだったのですが、保存先もSSDならもっと速いのかもしれません。

AOMEI_Backupper_022.png
先ほど取得したバックアップを使えば、もしシステムが破損したとしてもデータの復元が可能になります。定期的に自動でバックアップを取得しておけばもしもの時は安心です。

オプション


AOMEI_Backupper_013.png
オプションからは「バックアップの種類」や「バックアップサービス」の指定が可能です。バックアップの暗号化も設定可能です。

AOMEI_Backupper_014.png
その他にも「圧縮レベル」や「分割」の設定なども可能です。コマンドのタブでは作業実行前に実行するプログラムや作業終了後に実行するプログラムの指定が可能です。

スケジュール


AOMEI_Backupper_015.png
スケジュールでは実行するスケジュールを設定可能です。「デイリー」「ウィークリー」「マンスリー」「イベントトリガー」「USB挿入」「リアルタイム同期」などから選択可能なほか、実行の時間やインターバルなども決められます。

AOMEI_Backupper_016.png
詳細タブでは、スケジュールバックアップを実行する方法として「フルバックアップ」「増分スキーム」「差分スキーム」などが選択できます。



その他の機能


Others


今回はバックアップの手順を主に説明しましたが、この他にもシステムパーティションをSSDまたはHDDにクローンする「システムクローン」も可能です。システム以外にもディスククローンやパーティションを指定したパーティションクローンできます。SSDを換装したい時などに役に立つ機能も搭載しています。

バックアップの面ではリアルタイム同期というバックアップも設定可能です。ファイルのリアルタイム同期は先ほどのバックアップ手順とは異なり、イメージを作成せずにファイルを別の場所にそのままバックアップする方式です。この方法の場合は容量は圧縮できないのですが、復元の手間などはないというメリットもあります。

今回の個人的感想




今回はバックアップソフトのAOMEI Backupperの紹介でした!バックアップというのは普段意識してない人が多いですよね。そしてデータを失ってからその大切さに気がつくものです。自分も過去何度かHDDのデータをふっとばしているので、バックアップの大切さは身にしみて感じております。

HDDに余裕があるのであればSSDのデータをバックアップしておくと万一の時に復旧が楽になるのでおすすめです。私も基本的にデータはHDDに保存するようにして、m.2はシステムドライブとして使っていますので、そこまで容量的には使用してません。近年のSSDを使っているのであれば容量は500GB程度でしょうし、データをHDDに分けて保存してあるのであれば実際に使っている容量は200GBとかそんなものじゃないでしょうかね。これくらいならまるまるSSDをバックアップしておいても容量的には全然問題ないです。AOMEI Backupperを使えば容量を圧縮してバックアップ可能なので、かなり効率よくバックアップができます。

バックアップに関してはスケジュールを設定可能なので、毎週くらいのペースでバックアップをとっておけば何かあった時に復旧が楽になります。バックアップのスケジュールやペースについては自分の環境やデータの重要度によって変わってくると思いますが、かなり自由度が高くスケジュール設定が可能なのがいいですね。バックアップスキームについてもフルバックアップから差分バックアップ、増分バックアップも選択できますので自分の環境に合わせて選択しましょう。

万一の自体に備えて念のためにシステムをバックアップを取りたい人はぜひAOMEI Backupperを活用してみてはいかがでしょうか?
→Windowsバックアップソフト・HDDクローンソフト・データ復元ソフト - AOMEI Backupper

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

Most Popular

Now loading...