1. Home
  2. ガジェット
  3. 周辺機器
  4. ダイソーの防滴ワイヤレスBluetoothスピーカー「BTS-032A」を買ったみた!
AmazonAmazon クレジットカードAmazon DashAmazon PrimeAmazon.co.jpAmazon
コスパ最高なドライブレコーダーAPEMAN C550を使ってみた!

コスパ最高なドライブレコーダーAPEMAN C550を使ってみた!

ここ近年では車を運転中のトラブルなどがよく話題になっていますよね。あおり運転など危険な運転をされたときのためにもドライブレコーダーはあったほうがいいです。ドライ...

新色ブルーが発売!Tribit StormBoxスピーカーを2台ペアリングして使ってみた!

新色ブルーが発売!Tribit StormBoxスピーカーを2台ペアリングして使ってみた!

ちょっと前の記事で完全防水IPX7&360度のTribit StormBox bluetoothスピーカーを使ってみた!という記事でTribit StormBoxスピーカーについてのレビュー記事を書きました...

Zhiyun Crane-M2が更に値引き!ジンバルが届いたので確認してみた!

Zhiyun Crane-M2が更に値引き!ジンバルが届いたので確認してみた!

先日の記事でアメリカのAmazonでZhiyun Crane-M2の新品同様品が激安で販売されているという記事を書きましたが、なんとさらに値引きされて129ドルで販売されています。価格...

BOOK☆WALKERで50%還元の春のホン祭りキャンペーンを実施中!初回購入は100%還元!

BOOK☆WALKERで50%還元の春のホン祭りキャンペーンを実施中!初回購入は100%還元!

BOOK☆WALKERでは、春からの新生活、本のある暮らしを楽しんでもらいたいというそんな思いを込めて、「春のホン祭り!全会員コイン50%還元キャンペーン」を実施しています...

激安ShopDDにAmazonタイムセール検索機能などを追加するアップデートを実施!

激安ShopDDにAmazonタイムセール検索機能などを追加するアップデートを実施!

激安特価情報サイトの激安ShopDDが公開してから一ヶ月ちょっと経ちましたが、今回Amazonのタイムセールの検索機能を追加しました。Amazonのタイムセールって結構安いのもあ...

3軸ジンバルのZhiyun CRANE M2を安く購入する方法!

3軸ジンバルのZhiyun CRANE M2を安く購入する方法!

最近カメラ関連でジンバルが欲しくて色々探していたのですが、持ち運びもしやすいサイズ感でミラーレス一眼もスマホもアクションカメラも載せられる優秀なジンバルを見つけ...

メルカリ・メルペイ新規登録の招待コードで最大1500ポイントをもらう方法!

メルカリ・メルペイ新規登録の招待コードで最大1500ポイントをもらう方法!

最近メルカリを初めて使う機会があったのですが、その際にメルカリとメルペイに新規登録する際に招待コードを使うと最大1500ポイント(1500円分)をもらえたので、その方法に...

ジャンプやコロコロなどのバックナンバーを無料配信!臨時休校の影響を受け

ジャンプやコロコロなどのバックナンバーを無料配信!臨時休校の影響を受け

先日政府による新型コロナウイルス感染拡大防止策として、全国の学校の臨時休校が決定したばかりですが、それに伴い集英社は「週刊少年ジャンプ」、小学館は「コロコロコミ...

コマンドプロンプトでIPアドレスとMACアドレスのリストを表示する方法!

コマンドプロンプトでIPアドレスとMACアドレスのリストを表示する方法!

今回はローカルネットワーク内にある端末をコマンドプロンプトを使って、IPアドレスとMACアドレスをリスト化して表示する方法を紹介したいと思います。表示可能なのは同一...

NetaGear RSS News

Now Loading

Article

ダイソーの防滴ワイヤレスBluetoothスピーカー「BTS-032A」を買ったみた!

ガジェット > 周辺機器 
DAISO_BT_Speaker_001.jpg

今回紹介するのは100円ショップのダイソーで販売されているワイヤレスBluetoothスピーカーの防滴仕様です。スマホとなどとBluetoothで連携して、ワイヤレスで音楽などを再生したり通話が可能なスピーカーです。防滴仕様ということもあり、お風呂場や水場で使用しても安心。

このBluettohスピーカーはダイソーで販売されていますが100円ではありません。価格は600円ほどしますが、それでもはっきり言ってめっちゃ安いです。Amazonとかで検索してもらえばわかるのですが、Bluetoothスピーカーは最低でも1000円以上しますし、それに防滴仕様が加われば更に値段が上がります。それを考えればものすごいお買い得商品というのが分かって頂けると思います。

防水Bluetoothスピーカーの相場について




防水Bluetoothスピーカーの相場についてAmazonで調べてみましたが、防水のBluetoothスピーカーの安いやつでも1500円以上と結構高いです。そもそもBluetoothスピーカー自体が結構高いようなので、それに防水がつくとさらに値段が上がってしまうようです。そういった意味でもダイソーでは600円で販売されているというのは驚異的な安さだと言えるでしょう。

防滴ワイヤレスBluetoothスピーカー「BTS-032A」


DAISO_BT_Speaker_001.jpg

仕様


モデル名︰BTS-032A
サイズ︰62x59mm
重さ︰90g
スピーカーサイズ︰40mm
消費電力︰3W
インターフェース︰microUSB
通信︰Bluetooth version2.1+EDR
最大出力︰クラス2 / 4dbm
作動範囲︰10m以内
バッテリー︰300mA リチウムイオン電池


DAISO_BT_Speaker_002.jpg
パッケージはこんな感じです。箱は思ったより小さいです。

DAISO_BT_Speaker_003.jpg
ワイヤレスBluetoothスピーカー防滴仕様(BLUETOOTH SPEAKER WIRELESS -WATER RESISTANT-)となっています。価格はダイソーなのに600円とかなり高めの設定ですが、一般的な防水Bluetoothスピーカーに比べると半額以下の驚異的な価格設定となっています。

DAISO_BT_Speaker_004.jpg
防滴タイプで浴槽で使える!となっています。完全に浸水させると耐えられない仕様のため、防水ではなく防滴となっているようです。「スピーカー」「通話」「USB充電」となっています。

DAISO_BT_Speaker_005.jpg
カラーバリエーションは「ホワイト」「ブルー」「ピンク」の3種類展開されています。

DAISO_BT_Speaker_006.jpg
製品の仕様が書かれています。

DAISO_BT_Speaker_007.jpg
裏面です。材質はシリコンゴム、ABS樹脂となっています。

内容物


DAISO_BT_Speaker_008.jpg
内容物は以下の通りになっています。

・スピーカー本体
・microUSBケーブル
・説明書

説明書


DAISO_BT_Speaker_009.jpg
説明書はシンプルです。特徴と構造が簡単に書かれています。

本体


DAISO_BT_Speaker_016.jpg
本体はシリコンで柔らかい素材となっています。

DAISO_BT_Speaker_014.jpg
下側に吸盤が搭載されており、風呂場の壁などにくっつけて使用することができます。

DAISO_BT_Speaker_012.jpg
上部のスピーカー部分は穴が空いています。

DAISO_BT_Speaker_013.jpg
裏面です。端子に水が入らないような構造になっています。

DAISO_BT_Speaker_015a.jpg
開けるとmicroUSBと電源スイッチがついています。

技適マーク


DAISO_BT_Speaker_010.jpg
しっかり技適マークを取得してあるので、日本国内で使用するのも法律上問題ありません。

マイク


DAISO_BT_Speaker_011.jpg
スピーカー以外にもマイクが搭載されています。小さい穴がマイクになっています。

充電


DAISO_BT_Speaker_017.jpg
microUSBをつかって本体を充電できます。この価格なのに電池式ではなく、ちゃんとバッテリーを搭載しており充電できるのがスゴイ点です。

再生


DAISO_BT_Speaker_018.jpg
ペアリングはスイッチを入れてスマホなどでスピーカーを検索して接続して音楽を再生すると、青く点滅します。また、一応充電しながらの再生も可能となっています。充電しながらの場合は防水の蓋が閉められないため、お風呂場で使用することはできませんが、部屋で使う分には使用できます。

バッテリー


Buttery


バッテリーについては説明書によると70%のボリュームで2~3時間程度の再生が可能となっていましたので、実際に動作テストを兼ねて再生してみました。動作環境としては、目の前のPCデスクに置いてちょうどいいくらいの音量(普通より小さめ)で再生してみたところ、なんと7時間弱音楽を再生することができました。このBluetoothスピーカーは音量によってかなり消費電力が変わってくるようなので、説明書に書かれていた数値ははっきり言って参考程度でしかないですね。書かれていた倍以上の時間再生可能だったので、使う音量や部屋の環境などでだいぶ動作時間が変わりそうです。

シャワーをかけて防水を検証してみました (動画)!




防水性能が本当か検証するために、音楽再生しながらシャワーをかけてみた動画を撮影しました。撮影に使用した一眼のマイクで音を録っているので音質は良くないです。

実際に防水性能を試すためにシャワーをかけてみたのですが、何も問題もなく再生を続けてくれました。ただ、一つ気になったのがスピーカーの穴に水が入ると、振動が抑えられてしまうのか音が小さくなってしまう点ですね。一応防水とは言え、水がかかることで音質が変わってしまうことも考えると、あまり水がかからない方が良さそうです。

今回の個人的感想




今回紹介したのはダイソーで販売しているワイヤレスBluetoothスピーカーの防滴仕様についての紹介でした。ここ最近ダイソーで買った中ではとてもコスパが良い商品だなと思った製品です。一家に1台あっても損はしません。それくらい個人的におすすめしたい一品です。お風呂用途以外でも普通に使えるので、安いBluetoothスピーカーを欲しい人にもおすすめできます。

使ってみて驚いたのが安いのに音はそこまで悪くないという点ですね。最初は安いしきっと音質の悪い音がが出るのかなーとか考えていたのですが、実際に使ってみるとそこまで悪くない、というか600円でこれなら十分ありだし、むしろ安いのでは?と思ってしまいました。正直なところ昔使っていた某メーカーの液晶に標準搭載されていたクソスピーカーよりも音質がいいです。色々な曲を試してみましたが、スピーカーの傾向としては激しい曲はあまり向かない感がしました。そして音量も最大にするとうるさいくらいの出力がありますが、最大にするとさすがに粗が目立ってきますので、最大音量の70%以下で使うのが良さそうです。これいついてはたぶんスピーカーのドライバーユニットが小さいからしょうがない部分もあると思います。このサイズとしてはそこそこ音は出ている方だと思います。お風呂場だと音が反響しますので、それでも十分な音量が出ると思います。この価格で風呂場で軽く音楽再生するのにはお安いですし、非常に良い選択肢の一つだと思いました。

そもそもBluetoothスピーカーの構造を考えれば、中にBluetoothユニットが搭載されており、さらにバッテリーもついており、なおかつ防滴仕様のスピーカーも搭載という製品をたった600円で提供しているというのはかなりすごいのではないでしょうか?ダイソーの製品としては600円と聞くと高く感じるかもしれませんが、一般的にAmazonなどで売っているBluetoothスピーカーは1500円以上するのが普通です。それを考えれば、この品質で音もそこまで悪くなく、お風呂で使えるBluetoothスピーカーが600円というのはかなりの破格と言えます。

おススメ:★★★★★
 値段 :★★★★★
 性能 :★★★★★

ダイソーのBluetoothスピーカーに興味を持った人はぜひ購入してみてはいかがでしょうか?

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

Most Popular

Now loading...