1. Home
  2. Webサービス
  3. Google
  4. Windows 7のラインアップは6エディションと発表!
AmazonAmazon クレジットカードAmazon DashAmazon PrimeAmazon.co.jpAmazon
様々なデバイスに対応したFaviconに一括変換してくれる「Real Favicon Generator」が便利!

様々なデバイスに対応したFaviconに一括変換してくれる「Real Favicon Generator」が便利!

今回紹介するのはサイトのFaviconを様々なデバイスに対応した状態で一括変換してくれる「Real Favicon Generator for all platforms」です。スマートフォンのiOS/Android、...

プロ用動画編集ソフトのVEGASシリーズが最大90%割引のキャンペーンを実施中!

プロ用動画編集ソフトのVEGASシリーズが最大90%割引のキャンペーンを実施中!

現在ソースネクストでは、全製品が衝撃プライスのThe Chance Ultraキャンペーンとして、プロ用映像制作ソフトの最新版となるVegas Pro 16シリーズや知識がなくても作曲可能...

Windowsで画像ファイルのサムネイル(縮小表示)が表示されない時の解決方法!

Windowsで画像ファイルのサムネイル(縮小表示)が表示されない時の解決方法!

今回はWindowsを使っていて画像ファイルのサムネイル(縮小表示)が白くなって正常に表示されない問題が発生したときの解決方法を紹介したいと思います。先日スクリーンショ...

moto modsが30%OFF!春のmoto mods割引キャンペーンが実施中!

moto modsが30%OFF!春のmoto mods割引キャンペーンが実施中!

現在、Motorola公式ショップではモトローラ創立90週年 春のmoto mods割引キャンペーンが実施されています。moto Z、moto Z play、moto Z2、moto Z2 play、moto Z3、moto Z3...

日本未発売moto modsのMoto Z Flip Case Marstakを買ってみた!

日本未発売moto modsのMoto Z Flip Case Marstakを買ってみた!

今回は日本未発売のMoto Z Flip Case Marstakを購入してみたのでレビューを書きたいと思います。このケースはmoto Zシリーズのmoto mods用のケースで、moto mods装着用の磁...

Chromeの新機能Blink LazyLoadを有効にして表示を高速化しよう!

Chromeの新機能Blink LazyLoadを有効にして表示を高速化しよう!

Webページを閲覧していて気になるのはその表示速度ですが、今回は簡単にChromeの表示速度を上げる方法を紹介したいと思います。それがChromeの新機能であるBlink LazyLoad...

AndroidのChromeを開発者ツール(デベロッパーツール)で分析する方法!

AndroidのChromeを開発者ツール(デベロッパーツール)で分析する方法!

Web開発ではChromeの開発者ツール(デベロッパーツール)はよく使うものであり、必須とも言えるくらい便利なものです。レスポンシブでスマホ用のレイアウトを作る際に、PCのC...

Chromeを簡単にカスタマイズ!14色の公式ブラウザテーマを公開!

Chromeを簡単にカスタマイズ!14色の公式ブラウザテーマを公開!

Googleの「Chrome」チームが初となるChromeの公式テーマを公開しました。今回公開された14色のカラーリングは色合いや濃淡も様々なものが用意されています。これらのテーマ...

PNGやJPEGより圧縮性能が高い次世代画像フォーマットの「WebP」を使おう!

PNGやJPEGより圧縮性能が高い次世代画像フォーマットの「WebP」を使おう!

一般的なWebサイトに用いられている画像はPNGやJPEGがほとんどですが、今回はWebサイトにおける次世代画像フォーマットのWebP(ウェッピー)の話をしたいと思います。WebPはG...

NetaGear RSS News

Now Loading

Article

Windows 7のラインアップは6エディションと発表!

 Google 
windows7_edition_001.png

Microsoftは、開発中の次期OS「Windows 7」のエディションが6つになると発表した。主要エディションが2つで、そのほかに顧客の要望を反映し、4つのエディションを用意する。

2つの主要なエディションに「Windows 7 Home Premium」と「Windows 7 Professional」を用意。この他に特殊なニーズに合わせ「Windows 7 Enterprise」、「Windows 7 Home Basic」、「Windows Starter Edition」という3つのエディションがあり、すべてのWindows機能が欲しい人のために「Windows 7 Ultimate」が用意される。

Windows 7の各エディションの解説


Windows 7の特徴としてエディション間の互換性の高さがある。それぞれのバージョンは別のバージョンのスーパーセットであり、別のエディションにアップグレードしても、前のバージョンの機能はそのまま使えるとしている。

Home Premium


一般消費者向けエディション。PCの機能をフルに体験することができ、エンターテインメントから各種デジタルデバイスの利用まで、一般ユーザーがPCを使用する上で必要な機能とリッチなビジュアル環境を備える。

Professional


中小企業での利用やSOHO向けエディション。Windows Vista Businessはこのエディションに移行することを推奨。Home Premiumの機能に加え、セキュリティや生産性が重視されるビジネス環境向けの機能を装備する。

Enterprise


ソフトウェアアシュアランスを購入している大企業向けエディション。パッケージ販売やPCにプリインストールするOEM販売は行わない。高度なデータ保護機能、低コストによるコンプライアンス対応、PC維持管理費を削減するためのITツールなどが用意されている。

Home Basic


新興市場向けエディション。新興国市場のニーズに応え、低価格PCにおける入門レベルのWindowsを提供するために用意されたもの。フル機能のPCで動くWindowsへのエントリポイントとなる。

Windows Starter


機能が限定されるPC向けに一部OEMで提供されるエディション。

Ultimate


全部入りエディション。すべての機能を使いたいPCファンと、Enterprise Editionが搭載するBitLockerなどの高いセキュリティ機能を使いたいハイエンドユーザー向け。


Windowsの次世代OSの主要エディションはHome PremiumとProfessionalになったなわけですが、基本的な選択肢としてはHome PremiumかProfessionalとWindowsは説明するのに相反して6種類のエディションが存在している。これはVistaの時もそうだったがエディション数が多すぎる気がする。ここまでの種類が本当に必要なのかという疑問だ。VistaのHome Basicは本当に何も付いていなかったし、あんなエディションはいらないと私は思いますけどね。価格を抑えるにしてもバックアップ関連の機能などはしっかりつけて欲しいところです。

Windows 7はなかなかよさげという噂ですし、発売は来年なのでとりあえず期待したいですね。
Tag

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

またSP出るまで待機かな

5251

選ぶのが大変ですね><

5258

Windows 7だけにエディションが7個なんだね(海賊版w

5260

Vistaへ乗り換える気は微塵もありませんでしたがパソコンの買い替えのついでに
windows7へ乗り換えてみましょうかね…。

5264

i7関連が安くなってSP1が出たら買いだな。

5274

普通に考えたらpremiumとultimateの二択のはずだが。

5289

俺xpでいいや

5396

私はwindows xp sp3とwindows 7 beta1
切り替え方式で使つていますよ プロダクトid
も 無料でもらつたよ

5404

Most Popular

Now loading...

Social Links

Sponsored Link

Popular Article

Access Ranking

Now Loading...

当ブログにリンクしていているサイトの中でアクセス数の多いサイト上位15位が表示されます。今ならリンクするだけで簡単に上位に表示されます。