1. Home
  2. ガジェット
  3. 周辺機器
  4. IPX7防水でコスパの良いアクションカメラAKASO Brave 7 LE!
Article

IPX7防水でコスパの良いアクションカメラAKASO Brave 7 LE!

ガジェット > 周辺機器 
akaso_brave7le_020.jpg

今回はコスパの良いアクションカメラのAKASO Brave 7 LEを紹介したいと思います。アクションカメラと言えば、手ブレ補正や防水機能がある小さいカメラなのですが、AKASO Brave 7 LEは防水ケースなしで本体だけでもIPX7の防水機能を持つ高性能なアクションカメラとなっています。

価格はAmazonで15980円で販売されています。Amazonのページ内に1500円オフのクーポンがあるので、それを適用することで14480円で購入することができます!

AKASO Brave 7 LE アクションカメラのレビュー!

akaso_brave7le_027.jpg 【2020進化版/本機防水】AKASO Brave 7 LE アクションカメラ 4K WiFi IPX7

本機防水できる全天候型

AKASO BRAVE 7 LE アクションカメラは全天候型であり、多様な撮影シーンに適用しますから、ビデオ記録の体験をもっと簡単で便利にします。また、IPX7防水設計は、雨、雪、水しぶきからアクションカメラをよく保護できます。そして、このアクションカムはダイビング機能を搭載、防水ケースを装着すると、水中カメラをとして40Mまで防水可能です。

デュアルカラーディスプレイ

革新的なデュアルカラースクリーンの設計により、背面と前面の間でフレーミングとモニタリングのビューを変更できます。また、鮮やかなフロントスクリーンはセルフィーのニーズを満たし、高感度の2インチのバックタッチスクリーンはこれまで以上に使いやすくなっています。

超広角レンズ&4Kビデオ録画

自転車やバイクの走行風景、ダイビングやスキーなどのスポーツのプレーヤー視点など、臨場感あふれる映像を残す最適なアクションカメラ(ウェアラブルカメラ)です。また、170°広角レンズと画角が調整できたりズーム機能がついて、さらに撮影の幅は広がります。

進化版EIS2.0手ぶれ補正付き

信頼性高いCPU配置とジャイロを内蔵して、振動の激しいシーンで映像のぶれを減らしすっきりとした動画を撮影することが可能です。登山、水泳、サーフィン、ダイビングなど動きのアウトドアスポーツの様子を真実的に記録します。

1350mAhの長時間撮影

Gopro Hero 8のオリジナルな電池(1220mAh)より高い容量、4K/30fpsの撮影モードにすると、約180minの撮影時間を維持することができます。セットには2つのバッテリを付属して、バッテリーが電量不足で切れることを心配する必要が全然なく、長時間の撮影を快適にすることができます。

Wi-Fi共有とリモコン遠隔操作

Wi-Fiよりカメラに保存した動画や映像をスマホで直接にSNS(Facebook/Line/Youtubeなど)にアップロードしてお友達にシェアすることができます。なお、10Mの遠隔操作を実現できるリモコンコントロールによって、カメラ使いの便利さを更にアップされます。

akaso_brave7le_001.jpg

箱は白い箱にアクションカメラの紙が巻いてあるというだけのかなりシンプルなデザインになっています。

akaso_brave7le_005.jpg

箱を開けるとアクションカメラと外側よりもこだわったデザインが印刷されています。

akaso_brave7le_006.jpg

AKASOを選んでくれてありがとうということが書かれています。文章はすべて英語で書かれています。

内容物

akaso_brave7le_007.jpg

箱の中には1,2,3と数字の書かれた袋が入っています。

akaso_brave7le_008.jpg

内容物は以下のとおりです。

  • アクションカメラ
  • 防水ケース
  • ベルト
  • マジックテープ
  • バッテリー
  • 充電台
  • microUSBケーブル
  • 結束バンド
  • ワイヤー
  • 取り付けアダプター
  • 遠隔操作用リモコン
  • クロス
  • 説明書

ベルト

akaso_brave7le_009.jpg

固定用のベルトっぽいのですが結構短いです。腕に巻いて使うくらいの長さしかありません。

マジックテープ

akaso_brave7le_010.jpg

マジックテープです。こちらも長さは短めです。

マウントアダプタ

akaso_brave7le_011.jpg

マウントするためのアダプタ類です。自転車やバイクに取り付けたり両面テープで固定したり、色々な固定方法が選べます。

その他

akaso_brave7le_013.jpg

アクションカメラを落としたりしないように結束バンドやワイヤーも付属されています。高所や絶対に落とせない環境での撮影には、。

説明書

akaso_brave7le_012.jpg

説明書は文字が書かれていないタイプで、非常にシンプルで必要最低限のことのみが書かれています。

遠隔操作用リモコン

akaso_brave7le_014.jpg

遠隔操作で録画や写真を取ることができるリモコンです。時計型なので腕につけておくことですぐに使えて非常に便利です。リモコンはmicroUSBケーブルで充電して使用することができます。

バッテリー

akaso_brave7le_016.jpg

バッテリーは1350mAhの容量で標準で2つ付いています。

バッテリー充電台

akaso_brave7le_015.jpg

バッテリー充電台では付属されているバッテリーを2台まで同時に充電可能です。ちなみにバッテリー代を用いなくても、アクションカメラ本体にmicroUSBケーブルを挿すことで充電は可能です。

アクションカメラ本体

akaso_brave7le_019.jpg

アクションカメラ本体です。フロントにも画面が搭載されているモデルとなっています。

akaso_brave7le_022.jpg

裏面は液晶になっています。液晶自体はタッチパネルになっており、ボタン以外にもタッチでの操作にも対応しています。

akaso_brave7le_021.jpg

上には2つのボタンが付いています。Mがメニューのボタンで○が録画ボタンになっています。

akaso_brave7le_025.jpg

電源ボタンは横についています。

akaso_brave7le_024.jpg

こちらの側にmicroUSB端子とmicroHDMI端子があります。通常は防水のために蓋がされています。

akaso_brave7le_026.jpg

裏面にはカメラの三脚などで使用できる1/4ネジ穴が付いています。

akaso_brave7le_028.jpg

このように開けるとバッテリーとmicroSDカードの氏ロットが用意されています。

防水ケース

akaso_brave7le_017.jpg

防水ケースです。AKASA Brave 7 LEについてはIPX7の本体防水がありますが、ケースを付けることでより強固で防水性能を高めることができます。

akaso_brave7le_018.jpg

ケース自体に防水のパッキンが付いているので水が入る心配がありません。

防水性能について

akaso_brave7le_030.jpg

AKASO Brave 7 LEについてはケースに入れることで水深40mまで耐えることができるようになります。ケースは頑丈なので、細かい砂などが入る心配もなくなるので、特に理由がないのであれば水に入る前提ではケースに入れておいたほうが安心できます。

akaso_brave7le_031.jpg

ケースなしでも本体の防水性能はIPX7なので問題なく水場で使用することができます。このようにカメラをオンにした状態で水に入れても全く問題ありません。

スマホと簡単に連携できるWiFi機能も搭載

AKASO Brave 7 LEはWi-fiでスマホと連携して、撮影した動画や画像を簡単に転送したりできます。スマホとの接続にはAKASOのアプリをダウンロードしてインストールしておく必要があります。撮影した動画をすぐにアップしたいとかそういうときにもスマホがあれば簡単に行なえます。また、リアルタイムで動画をスマホ画面に映すこともできます。これにより簡単に遠隔で動画を撮影することも可能となっています。

ただし、接続はWifiを用いてるため、川などに鎮めると電波が届かなくなるので川の中の映像をリアルタイムで見たいというときには使用できません。

AKASO Brave 7 LEのレビュー動画

今回もAKASO Brave 7 LEのレビュー動画を作成しました。興味のある人はぜひこちらもご覧ください。よろしければ高評価とチャンネル登録もよろしくお願い致します。

手ブレ補正

手ブレ補正単体の動画も用意しました。AKASO BRAVE7 LEとiPhone6sを同じ機材で固定して動画を撮影して手ぶれ補正の効果がどれくらい出ているのか検証しました。手ブレ補正だけ気になる人はこちらの動画をご覧ください。

4K水中撮影

実際に川に行って水の中にカメラを入れてみましたが、思っていたよりもきれいに撮ることができましたし、魚も結構いてちょっとした水槽のような癒やしの動画を撮影することができました。上から見るとそんなに魚はいるようには見えなかったのですが、水に入れてみるとかなりいて驚きました。

アクションカメラは通常では撮影できないようなところでも撮影できるのが良いですね!川での使用も全く問題ありません。

今回の個人的感想&まとめ

今回はコスパの良いアクションカメラAKASO Brave 7 LEのレビューでした。アクションカメラというのを初めて使ってみたのですが、1つ持っていると色々と面白いですね。アクションカメラということで手ブレ補正機能があって、動いているシーンでも活躍するのはもちろんのことですが、水中で使用できるカメラというのは初めてだったので非常に面白かったです。

ケースに入れて使うと防水なのはもちろんですが、ケース無しで本体にもIPX7の防水に対応しているのはすごいですね。アクションカメラの代表格GoProも近年のモデルでは本体の防水機能もついているのですが、AKASOは1/3以下のこの価格で同様の機能がついていますからね。素晴らしい企業努力だと思います。

画質も4Kに対応して折り非常に高画質な動画を取ることができます。4Kは非常に綺麗でよいのですが、動画サイズが大きいのがネックですね。4Kで2時間撮るだけで64GBのmicroSDカードがほぼ一杯になりますからね。長時間の撮影にはかなり大容量のmicroSDカードが必要になりますね。また、それ以外にもmicroSDは高速な書き込みができるモデルでないと4Kでの撮影はできないのも注意が必要です。

AKASO Brave 7 LEの評価

総合評価
4.6
おすすめ
5
デザイン
4.5
価格
4
性能
5
  • 15000円で買えるコスパ最強アクションカメラ
  • ケースなし本体だけでIPX7の防水性能
  • デュアルスクリーン搭載
  • 手ブレ補正はEIS2.0を搭載

ぜひ興味のある人はAKASO Brave 7 LEを購入してみてはいかがでしょうか? アクションカメラAKASO Brave 7 LEを購入する!

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

Most Popular

Now loading...

NetaGear RSS News

Now Loading