1. Home
  2. ガジェット
  3. タブレット
  4. ALLDOCUBE iPlay60のレビュー!筆圧4096段階でお絵かき可能なタブレット!

ALLDOCUBE iPlay60のレビュー!筆圧4096段階でお絵かき可能なタブレット!

Alldocube_iPlay60_025.jpg

今回は最新タブレットのALLDOCUBE iPlay 60についてのレビューを書きたいと思います。ALLDOCUBE iPlay 60の性能については、11インチIPSディスプレイ(2000x1200)、4096段階ペン対応、メモリ4GB(+8GB仮想)、ストレージ128GB、18WPD急速充電対応7000mAhバッテリー、カメラは16MP+2MP+2MP/5MPとなっています。

ALLDOCUBE iPlay 60の通常販売価格は24900円ですが、Amazonページ内クーポンの4000円(16%Off)と記事掲載の極秘クーポンを合わせて購入すると、なんと16919円で購入可能です。筆圧4096段階検知でお絵かき可能なAndroidタブレットしては破格なのでお見逃しなく!

ALLDOCUBE iPlay 60のクーポン情報について

2024最新発 ALLDOCUBE iPlay 60 11インチAndroid 13 タブレット16

通常販売価格:24900円 極秘クーポンコ一ド:CUBEiPlay60 コード割引金額:3981円 割引後の価格:16919円 有効期限:2月25日23:59分まで

Amazonページ内クーポンの4000円(16%Off)と極秘クーポン3981円オフを合わせて購入すると、通常24900円ところがなんと16919円で購入可能です。筆圧4096段階検知のスタイラスペン付きのAndroidタブレットしては破格です!

2月25日23:59分までと期間が短いので、欲しい人はぜひお早めにゲットしておきましょう!

ALLDOCUBE iPlay 60のレビュー

Alldocube_iPlay60_003.jpg

筆圧4096段階スタイラスペン対応

iPlay 60は4,096段階の筆圧に対応するペン入力ができます。様々な筆記・描画アプリと互換性があるので快適に描画、テレワークをしています。※別売りオプションでタッチペン、レザーケース(自立可)も用意しています。

背面カメラは3レンズ

Android タブレット iPlay 60は背面に16MPのメインに、2MP(広角)、2MP(マクロ)の3眼カメラを搭載し、オートフォーカスやマクロ 撮影などが利用可能です。前面には5MPカメラを搭載し、クリアなビデオ通話やオンライン会議・授業、チャットなどに活用できます。カメラを活用することで、誰でも簡単に書類をスキャンしてPDFファイルで保存できます。

11インチ大画面のフルHD液晶

10.95インチで解像度2000 x 1200ドットのフルビューIPS ディスプレイを搭載しています。輝度300nit、1600万色の明るく色鮮やかなフルHD液晶で、10点マルチタッチ操作や画面分割にも対応しています。くっきりと鮮やかな画質で映画やドラマ、ゲーム、読書、音楽、ビデオ通話を楽しむことができます。

また、DRM(デジタル著作権管理)技術「Widevine L1」に対応です。NETFLIX、Hulu、Prime Vedeo、Disney+などの対応する動画配信サービスで、1080Pの高画質な映像を視聴できます。エンターテインメント愛好家にとって理想的なタブレットです!

クアッドスピーカー

スマートPAアンプ内蔵のクアッドBOXスピーカーを搭載し、高音質なステレオ サウンドを再生することが可能です。ALLDOCUBE iPlay 60は、厚さわずか7.95mmというスリムさが際立っています。これは、前世代のiPlay 50(厚さ8.2mm)よりも明らかに薄いです。

サイズは163.7mm×259.1mm、厚さはわずか7.95mm、重さは520g。このスリムなデザインは、美しさを向上させるだけでなく、携帯性と日常使用時の快適性をも高めています。 繊細な金属製のボディで高級感を感じられるような仕上がり。狭いベゼルが人間工学に基づいたデザインをさらに際立たせています。

12GBRAM(4+8仮想)+128ROM

Unisoc T606 プロセッサを搭載しています。12nmプロセスで製造された8コア、最大1.6GHz駆動のCPUで、Antutuベンチマーク総合で約23万を記録しています。また、4GB メモリを搭載し、最大12GBまで拡張することが可能。ストレージは128GBで、microSDカードで最大1TBまで拡張できます。

そのほか、OSにAndroid 13を搭載。テーマ別の新しいアイコンデザイン、不要なアプリもすぐに停止できる新しいクイック設定、音楽でデザインが変化する新しいメディアコントロール機能、アプリごとの言語設定などの新機能が利用できるようになっています。

18WPD急速充電対応

7000mAh バッテリー搭載で、約8時間の駆動が可能です。Type-Cポートを介した18W急速充電も利用できます。(※18Wの急速充電に対応しますが、標準付属のACアダプターは10Wです。)

SIMフリーの4G LTE VoLTEで外出先でも接続を維持し、クリアな通話と安定したインターネット接続を実現します。また、デュアルバンド802.11ac Wi-Fiを搭載し、屋内外を問わず高速で信頼性の高いワイヤレス接続を提供します。Bluetooth 5.0によるワイヤレス接続、3衛星測位に対応したGPSナビゲーションも利用できます。そのほか、

仕様

サイズ
163.7 259.1 x 7.95mm
重量
520g
OS
Android13
SoC
Unisoc Tiger T606
メモリ
4GB + 8GB(仮想)
ストレージ
128GB
画面
10.95インチ IPSディスプレイ 2000×1200
カメラ
リアカメラ16MP+2MP+2MP フロントカメラ5MP
ネットワーク
Dual SIM 4G LTE
Bluetooth
Bluetooth 5.0
Wi-Fi
802.11 ac/a/b/g/n 2.4GHz/5GHz
SIMスロット
nanoSIM x2 + microSDカード(排他スロット)
GPS
GPS/Beidou/Glonass
スピーカー
4スピーカー (BOX), Smart amplifier AW88394
バッテリー
7000mAh 18W PD高速充電
技適マーク
219-239286
GSM
B2/3/5/8
WCDMA
B1/2/5/8
FDD
B1/2/3/4/5/7/8/20/28A/B
TDD
B38/40/41

Alldocube_iPlay60_002.jpg

箱は白を貴重としてALLDOCUBEのブランドロゴが描かれたシンプルなパッケージになっています。

Alldocube_iPlay60_004.jpg

裏面には、SNSのQRコードや認証マークなどが書かれています。

Alldocube_iPlay60_006.jpg

箱を開けるとこのような感じでタブレットが入っています。

内容物

Alldocube_iPlay60_007.jpg

内容物は以下の通りです。

  • iPlay 60
  • USB Type-Cケーブル
  • ACアダプター
  • SIMピン
  • 説明書
  • スタイラスペン
  • マグネットプレート

説明書

Alldocube_iPlay60_008.jpg

説明書です。日本語以外にも色々な言語で書かれています。

Alldocube_iPlay60_009.jpg

中身はシンプルにタブレットのボタンなどの各部位の名称などが各言語で書かれているだけです。

USB Type-C

Alldocube_iPlay60_010.jpg

充電用のUSB Type-Cケーブルです。

ACアダプター

Alldocube_iPlay60_011.jpg

ACアダプターです。

Alldocube_iPlay60_012.jpg

付属のACアダプターは出力が5V=2000mAhなので、18W PD高速充電を行うには別途対応充電器が必要になります。

SIMピン

Alldocube_iPlay60_013.jpg

SIMピンです。SIM/microSDカードスロットを開けるのに使います。

本体

Alldocube_iPlay60_016.jpg

iPlay60本体です。本体には保護フィルムが用意されており、このフィルムを剥がすと最初から保護フィルムが貼られています。

Alldocube_iPlay60_017.jpg

裏面です。メタリックでマットな仕様で高級感があります。

Alldocube_iPlay60_018.jpg

カメラはトリプルカメラとLEDライトも付いています。

Alldocube_iPlay60_021.jpg

横からの画像です。スピーカーが2個ついています。

Alldocube_iPlay60_022.jpg

反対側にも2個のスピーカーがついています。

Alldocube_iPlay60_023.jpg

充電用のUSB Type-Cとマイクもついています。

Alldocube_iPlay60_019.jpg

電源ボタンとボリュームボタンです。

Alldocube_iPlay60_020.jpg

タブレットの上部にはSIM/microSDカードスロットがあります。nanoSIM x2かnanoSIM x1とmicroSDカード x1を排他で選択することができます。

Alldocube_iPlay60_024.jpg

厚さは7.95mmとかなり薄いです。

Alldocube_iPlay60_025.jpg

IPSディスプレイなので視野角も広くかなりきれいです。

保護ケース

Alldocube_iPlay60_027.jpg

別売りの保護ケースです。

Alldocube_iPlay60_028.jpg

このような感じで覆うタイプになっています。

Alldocube_iPlay60_029.jpg

タブレットを立てて使うことも出来ます。

Alldocube_iPlay60_032.jpg

保護ケースとカバーはマグネットでくっついているだけなので、簡単に取り外しも可能です。

スタイラスペン

Alldocube_iPlay60_015.jpg

別売りのスタイラスペンです。黒いペンで、電源ボタンとLED、充電用のUSB Type-Cがついています。芯は交換可能です。

ALLDOCUBE iPlay60 タブレット専用タッチペン Alldocube_iPlay60_014.jpg

マグネットプレートです。スタイラスペンをタブレットに磁石で固定するためのもので、両面テープでプレートをタブレットに貼り付けることができます。

ALLDOCUBE iPlay60のカメラについて

Alldocube_iPlay60_110.jpg

iPlay60の16MP+2MP+2MPのトリプルメインカメラを使って風景写真をいくつか撮影してみました。

Alldocube_iPlay60_101.jpg Alldocube_iPlay60_102.jpg

雰囲気の良い感じの写真も撮れます。

Alldocube_iPlay60_109.jpg Alldocube_iPlay60_103.jpg Alldocube_iPlay60_104.jpg

一眼のように手前にピントを合わせて背景をぼかすことも可能です。

Alldocube_iPlay60_105.jpg

逆光での写真です。

Alldocube_iPlay60_107.jpg

梅を撮影してみました。かなり近づいたのでAFモードではピントが合わなかったので、手動でMacroで撮影しています。

Alldocube_iPlay60_100.jpg

+8GBの仮想メモリ拡張について

Alldocube_iPlay60_026.jpg

現状は設定を確認してもメモリの拡張の設定を変更できる場所がありませんでした。これについてはALLDOCUBE公式に問い合わせを行ったところ、今後のファームウェアのアップデートで対応するとのことなので、メモリの拡張についてはファームウェアの更新をしばらく待つ必要があるようです。

ALLDOCUBE iPlay 60で実際に絵を描いてみました

Alldocube_iPlay60_033.jpg

実際にALLDOCUBE iPlay 60でスタイラスペンを使って絵を描いてみました。最初はアプリはクリスタをインストールしてみてのですが、メモリ不足なのか「アプリが停止しました」という表示が頻繁に出てしまったので、ibisをインストールして描いてみました。ibisでは、トラブルもなく普通にお絵かきができました。たぶん仮想メモリのファームウェアの更新が来たらクリスタの動作も安定すると思われます。今現在はアップデート待ちですね。

Alldocube_iPlay60_031.jpg

試しに落書きでフリーレンを描いてみたのですが、ペンと描き具合にズレなどは特に感じず、使い勝手は良かったです。ペンに角度をつけた状態でも特に違和感はなかったです。これなら普通にお絵かき用のタブレットとしても十分使えそうです。

iPlay60のベンチマーク

ベンチマーク

ベンチマークとして有名なAntutuベンチマーク、3D Mark、Geekbenchを計測してみました。iPlay60の性能の指標として参考になれば幸いです。

Antutuベンチマーク

Alldocube_iPlay60_050.png

スマホのベンチマークといえばAntutuベンチマークですね。今回もAntutuベンチマークを計測してみました。結果は254222ということで25万を超えるスコアでした。この数値はユーザーの1%を上回っているとのことで、一般的なデバイスと同等の性能があると言えます。

タブレットとしては普段遣いでも問題ない性能だと思います。ただし、GPU性能が22544と低めなので、3Dゲームなどの用途には向いていません。

3DMark

Alldocube_iPlay60_053.png

3DMarkのWild Lifeのスコアが416、Average frame rate(FPS)は2.50と低めで、全体のデバイスと比べてもかなり低いです。

GeekBench

Alldocube_iPlay60_051.png

CPU性能についてはシングルコアスコアが382、マルチコアスコアが1347となっています。 Alldocube_iPlay60_052.png

GPUのOpenCLスコアは447でした。

今回の個人的感想&まとめ

今回は筆圧4096段階検知のスタイラスペン付きAndroidタブレットのALLDOCUBE iPlay 60のレビューでした。ALLDOCUBE iPlay 60については、クーポンを使うと16919円で購入可能ということで、こういった筆圧検知可能なAndroidタブレットとしてはかなり破格の価格設定となっています。Alldocube純正のスタイラスペンは別途4999円で購入する必要がありますが、iPadやPCで液タブを購入するよりも圧倒的に初期コストが安くできるのが良いですね。

ちなみにiPadの価格は68,800円、それに加えてアップルペンシルは19,980円ですからね。合計するとそれだけで9万円近くになってしまいます。さすがに趣味でちょっと絵を描くだけのためのデバイスに9万円はハードルが高すぎると感じる人は多いでしょう。ALLDOCUBE iPlay 60とスタイラスペンなら、タブレットとペンを合わせて購入しても21,918円とだいぶお安いです。

この価格ならばちょっとしたお絵かき用のタブレットやセカンドデバイスとしての選択肢としてありだと思います。ibisで軽くイラストを書いてみましたが、問題なく描くことができました。しっかり筆圧も検知してくれるので線に強弱もつけることができます。

性能についてはAntutuベンチマークが25万ということで一般的なAndroid端末よりも性能は1%ほど上回っています。普段遣いでも十分な性能がありますね。ただし、3D性能はかなり低めなので3Dゲーム用途には向いていません。Widevine L1に対応しているのでAmazonプライムビデオやNetflixなどの動画配信サイトでフルHDの動画を再生できるので動画用のタブレットとしても使えます。クアッドスピーカー搭載なので、映画も迫力のある音で楽しめます。

個人的に良いと思ったのは18WのPD高速充電に対応している点です。タブレットのバッテリーは7000mAhと大容量なので、通常の充電では時間がかかってしまいます。その点を高速充電に対応していることで素早くフル充電できるのはありがたいですね。

実際に使ってみてもストレスはありませんでしたし、16900円という価格でこの性能なら破格と言えるでしょう。低価格なお絵かき用Androidタブレットが欲しい人におすすめです!

  • 4096段階の筆圧検知可能なAndroidタブレット
  • 20000円以下のコスパの良いタブレット
  • 11インチIPSディスプレイ(2000x1200)とトリプルカメラ搭載
  • 3D性能は低めなのでゲーム用途には向かない

ぜひお絵かき用のタブレットが欲しい人は購入してみてはいかがでしょうか? ALLDOCUBE iPlay 60を購入する!

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY