1. Home
  2. ガジェット
  3. スマートウォッチ
  4. Amazfit Balance スマートウォッチのレビュー!6衛星測位システム搭載!

Amazfit Balance スマートウォッチのレビュー!6衛星測位システム搭載!

Amazfit_Balance_215.jpg

今回は6衛星測位システム&デュアルバンド円偏波GPS搭載の最新スマートウォッチAmazfit Balanceについてのレビューを書きたいと思います。Amazfit Blanceは業界をリードする6衛星測位システムに対応し、高精度に測位が可能になったほか、1.5インチAMOLEDディスプレイを搭載し、より見やすいデザインになっています。

Amazfit Blanceの通常販売価格については41,900円ですが、現在Amazonのページ内の4190円割引のクーポンを使うことで37,710円で購入することが出来ます!ぜひこのチャンスをお見逃し無く!

Amazfit balanceのセール情報!

Amazfit Balance スマートウォッチ 高度計 気圧計 5atm防水 丸型 腕時計(ミッドナイト) Amazfit Balance スマートウォッチ(サンセットグレー)

クーポン:AmazfitShop
割引金額:4190円
割引後価格:37,710円

Amazfit balanceのクーポンについてですが、Amazonのページ内にある4190円クーポンを使うことができます。割引後価格は37,710円と、通常よりも4000円お安く購入可能です!ぜひこのチャンスをお見逃しなく!

Amazfit balanceのレビュー

Amazfit_Balance_201.jpg Amazfit Balance スマートウォッチ 高度計 気圧計 5atm防水 丸型 腕時計(ミッドナイト) Amazfit Balance スマートウォッチ(サンセットグレー)

洗練されたクラシックなデザイン

丸みを帯びたメタリックのクラシックなデザインは、どんな服装にもスタイリッシュにマッチ。わずか35g(ストラップ含まず)と軽量で、空気力学に基づいたアングルを採用。伝統的な腕時計のような操作リュウズで、簡単に操作できます。

1.5インチAMOLEDディスプレイ

73.4%スクリーン対ボディ比、解像度が480x480に向上し、最大1,500nitsの明るさを実現。明るい屋外でもディスプレイの細部が見やすい。

24時間健康管理

心拍数(高心拍数、低心拍数の異常検知アラート搭載)、睡眠(睡眠ステージと日中の仮眠モニタリング)、ストレスモニタリング(高ストレスレベルアラート)、月経周期トラッキングなどを活用し、色々な角度からの健康管理が可能です。睡眠スケジュール機能が追加され、ウォッチかZeppアプリでご自身の睡眠習慣(昼夜問わず)に合わせた睡眠スケジュールを作成できます。また、ワンタップで4つの主要な健康データの測定が可能です。

デュアルバンド円偏波GPS

業界をリードするデュアルバンド円偏波GPSアンテナは、密集した都市でも強力で正確な測位を提供します。L1&L5衛星信号をピックアップし、信号の安定性を向上させます。

仕様

サイズ
46x46x10.6mm
重量
バンドなし35g、シリコンバンド含む52g
本体素材
アルミニウム金属ケース、強化繊維ポリマーボトムシェル
防水性能
5ATM
バッテリー
475mAh
充電時間
2時間
動作時間
通常14日間、省電力モード25日間
ディスプレイ
AMOLED 1.5インチ 480x480 323PPI
タッチスクリーン
強化ガラス+指紋防止コーティング+アンチグレアガラスベゼル
GPS
6衛星測位システム(GPS、GLONASS、Galileo、BeiDou、QZSS、NavIC)
通信
Wi-Fi 2.4GHz, Bluetooth 5.0
センサー
加速度センサー、ジャイロスコープ、地磁気センサー、気圧センサー、環境光センサー、温度センサー
技適マーク
203-JN1339

Amazfit_Balance_200.jpg

箱はシンプルな白を基調とした箱で、Amazfit Balanceが大きく描かれたデザインになっています。

Amazfit_Balance_202.jpg

箱の裏面には簡単な説明などが英語で書かれています。箱の下側には技適マークなどの認証マーク類も書かれていました。

Amazfit_Balance_204.jpg

外箱を外して箱を開けるとこのような感じになっています。

内容物

Amazfit_Balance_205.jpg

内容物は以下のとおりです。

  • Amazfit Balance
  • 説明書
  • 保証書
  • USB充電ケーブル

説明書

Amazfit_Balance_206.jpg

説明書はグローバル展開しているだけあって様々な言語に対応質得ます。日本語ももちろん用意されています。サポートカードにはZepp AppのQEカードやSNSの情報が載っています。

充電ケーブル

Amazfit_Balance_207.jpg

USB充電ケーブルです。amazfitのロゴが入っています。充電台は磁石でAmazfit Balanceとくっつくようになっています。

Amazfit Balance

Amazfit_Balance_208.jpg

Amazfit Balance本体です。バンド部分が内側に向いたスタイルで、形が固定されているので机に広げて置くとこのように本体部分が浮きます。

Amazfit_Balance_209.jpg

大画面のAMOLED 1.5インチを搭載しています。

Amazfit_Balance_223.jpg

右側にはダイヤルとボタンが1つずつついています。

Amazfit_Balance_210.jpg

裏面はセンサー類と充電用の磁石がついています。

Amazfit_Balance_211.jpg

肌に優しいシリコンバンドです。ベルト部分の金具側です。バンド抑えは2つついています。

Amazfit_Balance_212.jpg

穴は18個ほど空いており、任意にサイズ調節が可能です。

Amazfit_Balance_220.jpg

横からの画像です。本体の厚さはそこそこありますが、装着した状態ではそれほど厚くは感じません。

Amazfit_Balance_219.jpg

正面からの画像です。

Amazfit Balanceの機能について

Amazfit_Balance_216.jpg

標準のウォッチフェイスは上記のものになります。秒針がなめらかに動くデザインで、今までのスマートウォッチとは一味違うかっこいい大人なデザインとなっています。

ウォッチフェイス

Amazfit_Balance_261.jpg

ウォッチフェイスは標準でも色々と入っていますが、Zeppアプリでダウンロードして追加することも可能です。

Amazfit_Balance_263.jpg

時計以外にも様々表示が同時に可能になっています。

Amazfit_Balance_264.jpg

方位計と時計を同時に表示するデザインも可能です。

Zepp OS 3.0

Amazfit_Balance_214.jpg

Amazfit Balanceのスマートウォッチ側のOSはZepp OS 3.0を採用しています。UIはとてもわかり易く、操作性もとても良いです。設定も色々と変更できる他、Zeepアプリからアプリを追加インストールできる点も良いですね。標準で搭載されている以外の機能がほしい場合は、任意に追加可能です。

機能一覧

Amazfit_Balance_259.jpg

機能一覧はアイコンを一覧で表示することができます。アイコンを理解していればこちらの表示のほうが早いです。ちなみに通常のリスト表示も設定で変えると可能です。

Amazfit_Balance_217.jpg

上からスワイプすると簡易設定の表示画面が表示されいます。

Amazfit_Balance_218.jpg

左からスワイプするとAmazonAlexaやMusicなどの簡易ウィジェット画面になります。

Amazfit_Balance_225.jpg

下からスワイプすると通知画面になります。通知画面は文字も大きく見やすくなっています。

運動

Amazfit_Balance_260.jpg

運動には150以上のスポーツモードが入っています。以下の8種類のスポーツなら、運動が自動検出に対応しており、時計をつけてアクションを起こすだけで、自動的に記録してくれます。

  • ランニングマシン
  • ランニング(屋外)
  • エリプティカル
  • サイクリング(屋外)
  • ウォーキング(屋内)
  • ローイングマシン
  • ウォーキング
  • 水泳(プール)

アクティビティ

Amazfit_Balance_232.jpg

アクティビティとして歩数、起立、脂肪燃焼時間などを表示できます。

Amazfit_Balance_226.jpg

週間レポートをスマートウォッチ単体で確認できます。

Amazfit_Balance_227.jpg

曜日別も表示できます。

Amazfit_Balance_228.jpg

平均歩数や総距離も表示できます。

Amazfit_Balance_229.jpg

平均脂肪燃焼時間も表示できます。

Amazfit_Balance_230.jpg

平均起立も確認できます。

歩数計

Amazfit_Balance_233.jpg

歩数計を表示できます。一日のグラフも表示できます。

脂肪燃焼

Amazfit_Balance_234.jpg

脂肪燃焼時間が表示できます。1日のグラフでの表示も

起立

Amazfit_Balance_235.jpg

起立の回数が表示されます。椅子から座ったり立ったりはもっとしているはずなんですが、ここの精度は少し低そうです。

運動状態

Amazfit_Balance_237.jpg

運動状態の表示もできます。運動後の回復時間の表示もできます。

Amazfit_Balance_236.jpg

運動状態の一覧表示もできます。

VO2 MAX

Amazfit_Balance_238.jpg

VO2 MAXの表示もできます。

運動記録

Amazfit_Balance_241.jpg

運動記録です。過去の運動記録もしっかり表示できます。

Amazfit_Balance_242.jpg

トレーレニング効率と、有酸素運動、無酸素運動の運動負荷についても表示できます。

Amazfit_Balance_243.jpg

ランニングのルートはGPSによってスマートウォッチに記録されます。スマホのアプリを使えばもっと詳細な地図を見ることができます。

睡眠測定

Amazfit_Balance_245.jpg

睡眠の測定が可能です。睡眠スコアも表示してくれます。

Amazfit_Balance_246.jpg

REM睡眠、深い眠りなどのグラフも出してくれます。

Amazfit_Balance_247.jpg

浅い眠り、覚醒も時間表示してくれます。

心拍数

Amazfit_Balance_248.jpg

心拍数も24時間記録可能です。

Amazfit_Balance_249.jpg

安静時の心拍数、心拍数の範囲なども表示してくれます。

Amazfit_Balance_250.jpg

心拍ゾーンとして、リラックス、ライト、インテンシブに分けて表示されます。

血中酸素

Amazfit_Balance_252.jpg

血中酸素料も24時間計測できます。

ストレス

Amazfit_Balance_253.jpg

ストレスの状態を24時間モニタリングできます。

Amazfit_Balance_254.jpg

ストレスの範囲は、リラックス、通常、中程度、重度に分けて表示されます。

Amazfit_Balance_255.jpg

過去7日分の表示も可能です。

温度計

Amazfit_Balance_256.jpg

温度計です。スマートウォッチで温度計を搭載しているのは珍しいと思います。アウトドアなどでは活躍しそうな機能ですね。

日の入と日の出

Amazfit_Balance_257.jpg

日の入と日の出の時間を表示してくれます。日の出に合わせて山に登るなどの時に活躍しそうですね。

Amazfit_Balance_258.jpg

月の出る時間、沈む時間も表示できます。

Zeppアプリについて

Amazfit_Balance_270.png

スマートフォンにはZeppアプリをGoogle PlayかApp Storeからインストールして、Amazfit Balanceと連携して使用します。データを自動的に同期して詳細を記録してくれます。過去のデータなども詳細に見ることができます。スマートウォッチで見れない細かい部分などもスマホ側からは確認することができます。

データを見ることはもちろんですが、ウォッチフェイスをダウンロードして追加したり、MP3ファイルなどの音楽をスマートフォンからAmazfit Balanceへ転送などもこのアプリから行えます。それ以外にもスマートウォッチ上での表示の順番や表示の有無、など細かいカスタマイズはアプリ上から行えます。

運動記録

Amazfit_Balance_271.png

運動記録についてもスマートウォッチ上で見る以上のデータを見ることができます。地図の表示はもちろんですが、高度の表示や勾配分布、ストライド、1kmごとのペースなどの詳細などもアプリからは確認できます。

睡眠記録

Amazfit_Balance_273.png

睡眠記録についても詳細なデータを見ることができます。睡眠スコアはもちろんですが、深い眠り、REM睡眠、覚醒、仮眠、心拍数、呼吸の質までデータを記録してくれています。

150以上の追加アプリ

Amazfit_Balance_272.png

Zeepアプリからは追加アプリのインストールができます。アプリ自体は結構たくさんあります。ゲームなども豊富に用意されており、ちょっとした時間を潰す際にもスマートウォッチ単体で遊ぶこともできます。

6衛星測位システムについて

Amazfit_Balance_213.jpg

従来の5衛星測位から6衛星測位になり、より制度の高いGPS記録が可能になりました。普通にランニングの記録においては個人的には5衛星測位でも十分な精度だと思っているのですが、6衛星測位により今までよりもズレが少なくなったように感じました。例えば、片側1車線の道の反対側の歩道に移動したものもちゃんと記録として残っていますし、道を挟んで反対側に移動したのがちゃんと分かります。ここまでしっかり分かるので、正直これだけの精度があればランニングの記録としては十分でしょう。

個人的にはランニングを開始前の、GPSの初期測位に時間がかかることのほうが気になっています。この測位に1~3分程度かかります。この時間は準備運動として割り切っていますが、これがもうちょっと高速に行ってくれるとありがたいですね。

今回の個人的感想&まとめ

今回は6衛星測位システム&デュアルバンド円偏波GPS搭載の最新スマートウォッチであるAmazfit Blanceについてのレビューを書きました!Amazfitのスマートウォッチについては過去にいくつかレビューをしてきましたが、ランニングをする人にはめっちゃおすすめのスマートウォッチとなっています。高精度GPSやスマートウォッチ単体での音楽再生なども可能で、Bluetoothイヤホンと連携してスマホ無しで音楽も楽しめるのも良いですね!それ以外にも方位計、温度計、気圧計なども搭載しているので山登りやアウトドア用途にも最適です!

今回のAmazfit Blanceは従来の5衛星測位システムから6衛星測位システムへ対応衛星数が増えたことによって、より高精度にGPSの記録が可能になりました。場所によっては衛星数が多いほうが測位精度があがりますので、そういったところをよく走るような人に6衛星測位がおすすめです!逆に言えばそういう場所以外では、普通に5衛星でも十分な高精度となっているので、従来モデルも選択肢としては十分になりですね。

今回からはAmazfit Blanceは通常のシリコンストラップ以外にもナイロンストラップを選ぶことができるようになっています。シリコンストラップが好みではない場合や、よりカジュアルなファッションで使いたい時にはナイロンストラップが良いですね!

Amazfit Blanceはかっこいいデザインで内部性能までどれも高いレベルで、1つ購入しておけば間違いないスマートウォッチに仕上がっています!ランナーの人はぜひ購入してみてはいかがでしょう?

  • メタリックミドルフレーム、防眩ガラスベゼルでかっこいい
  • 6衛星測位システム&デュアルバンド円偏波GPS搭載
  • 1.5インチ大画面AMOLEDディスプレイを搭載
  • 方位計、温度計など搭載でアウトドア用途にも最適

Amazfit Balanceを購入する!

Tag

    パソコンやスマホなどのガジェットに興味があり、大学で情報工学の勉強してシステムエンジニアに。ブログ歴は15年以上。ITの専門的な知識はそこそこあり、国家資格の情報処理技術者試験のスキルレベル4「情報セキュリティスペシャリスト」や「ネットワークスペシャリスト」などを取得。

    Related article

    COMMENT TO THIS ENTRY