1. Home
  2. ガジェット
  3. タブレット
  4. コスパ最高10インチタブレットDragon Touch MAX10のレビュー!
Article

コスパ最高10インチタブレットDragon Touch MAX10のレビュー!

ガジェット > タブレット 
Dragon_Touch_MAX10_002.jpg

今回紹介するのはコスパ最高の10インチタブレットのDragon Touch MAX10です。Dragon Touch MAX10はオクタコアCPU、メモリ3GB、ストレージ32GB、Android 9.0、10.1インチIPS液晶、解像度1920x1200というスペックで13000円で購入できる超コスパの良いタブレットです。

低価格帯のタブレットとしてはかなり高性能なスペックを持っており、10インチの少し大きめのタブレットを安く欲しい人にはものすごくおすすめです。

Dragon Touch MAX10のレビュー!

Dragon_Touch_MAX10_001.jpg Dragon Touch タブレット 10.1インチ Android 9.0 RAM3GB/ROM3

強力なシステム

SC9863AオクタコアCPU、高速IMG8322GPU、3GB RAMと最大1.6 GHzのAndroid 9.0システムを搭載しており、非常にスムーズなゲームと迅速なマルチメディア体験を実現します。

見事なIPSスクリーン

高解像度の10.1インチ1920x1200のIPSディスプレイ搭載、178度の視野角で迫力の映像と臨場感溢れる音を満喫できます。アニメや動画などのFlashコンテンツを含めたWebページや、ブラウザゲームもすごく楽しめます!

大容量なメモリー

RAM3GBとROM32GBのNANDフラッシュは、タブレットに豊富なムービー、電子書籍、ゲーム、音楽をダウンロードできます。最大128GBまでのマイクロSDカードの拡張可能なストレージにより、より多くのスペースを楽しむこともできます。

多機能のタブレット

プリインストールされたGoogle PlayはFacebook、Twitter、YouTube,line、Instagramなど人気アプリ対応できます。2MPのデュアルカメラ、2.4G-5GWiFi接続機能とGPS機能付き。

仕様

ブランド
Dragon Touch
モデル番号
MAX10
OS
Android 9.0
重量
549 g
プロセッサ
SC9863A Octa-core 64bit 最大1.6GHz
メモリ
3GB
ストレージ
32GB + microSD 128GB 拡張ストレージ
ディスプレイ
10.1インチ 1200*1920 IPS液晶
タッチパネル
5点マルチタッチスクリーン
無線LAN
IEEE 802.11 b/g/n/ac (2.4g-5g)+BT4.2+FM+GPS
カメラ
2MP
スピーカー
8Ω/1W × 2内蔵
イヤホン
3.5mm ステレオミニジャック
USB
Micro USB × 1
サイズ
約240.8*167.5*8.7mm
バッテリー
3.7V/5000mAH

Dragon_Touch_MAX10_001.jpg

箱は白を貴重としたシンプルなデザインです。

Dragon_Touch_MAX10_003.jpg

裏面には技適マークなどが書かれています。通常裏面にはスペックや仕様などが書かれていることが多いのです、Dragon Touchはシンプルで特に何も書かれていません。

Dragon_Touch_MAX10_004.jpg

箱を開けるとこんな感じでタブレットが入っています。

内容物

Dragon_Touch_MAX10_005.jpg

内容物は以下の通りです。

  • タブレット本体
  • ACアダプター
  • USB Type-C
  • 説明書
  • 保証書

保証書

Dragon_Touch_MAX10_006.jpg

Drangon Touchの保証書です。24ヶ月間の保証期間があります。

説明書

Dragon_Touch_MAX10_007.jpg

説明書です。英語、日本語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語の6ヶ国語で書かれています。

USB Type-Cケーブル

Dragon_Touch_MAX10_008.jpg

USB Type-Cケーブルです。Type-Cは両面どちらでもさせるので充電する際に向きを気にしなくていいので良いです。最近はType-Cケーブルが普及してきているのでType-Cを採用してくれているのはありがたいですね。

ACアダプター

Dragon_Touch_MAX10_009.jpg

ACアダプターは黒で、USBポートが一つ付いています。ACアダプターの出力は2Aとなっています。

タブレット本体

Dragon_Touch_MAX10_010.jpg

タブレット本体です。このような感じに注意事項が書かれています。

Dragon_Touch_MAX10_011.jpg

タブレットには標準で保護フィルムがついています。Step2となっているところから剥がすと、予め保護フィルムがきれいに貼られた状態になっています。

Dragon_Touch_MAX10_012.jpg

Dragon_Touch_MAX10_013.jpg

タブレットの電源を入れた状態です。Dragon Touch MAX10はピュアAndroidに近く、デフォルトでは邪魔な初期ゴミアプリなどは入っていません。必要なアプリはGoogle Play Storeからダウンロードして使う一番良いタイプです。

Dragon_Touch_MAX10_014.jpg

フロントカメラはタブレットの中心の上部に搭載されています。フロントカメラは500万画素とこの価格にしては結構画素数の高めなカメラが付いています。

Dragon_Touch_MAX10_015.jpg

真横からの画像です。タブレット自体はそこそこ薄めデザインに鳴っています。下側には1Wx2のデュアルスピーカーが搭載されています。

Dragon_Touch_MAX10_016.jpg

タブレットの右側には電源ボタンと音量ボタン、マイク、3.5mmのイヤホンジャックがついています。

Dragon_Touch_MAX10_017.jpg

上部分には充電用のUSB Type-Cポートもあります。充電がType-Cなのはありがたいです。

Dragon_Touch_MAX10_018.jpg

裏面にはDRAGON TOUCHというブランドロゴが入っています。裏面は表面とは異なり、光沢がないマットな感じになっています。その他には技適マークなどの認証マークも書かれています。

Dragon_Touch_MAX10_020.jpg

この上部にはMicroSDスロットも用意されています。フタを外すとMicroSDカードスロットを挿すことができます。

Dragon_Touch_MAX10_031.jpg

液晶自体はIPS液晶なので発色がよく、普通に使う上では十分なきれいさです。解像度も1920x1200と10インチタブレットとしては良い方の液晶を搭載しているので全く問題ありません。

Dragon_Touch_MAX10_032.jpg

視野角についてもIPS液晶を採用しているので広いです。このように横からの閲覧にも十分耐えられます。

Dragon_Touch_MAX10_033.jpg

完全に真横からの画像です。タブレット自体はかなり薄型なので、スタンドを使って立ててもかっこいいです。

バッテリー

Dragon_Touch_MAX10_041.jpg

Dragon Touch MAX10のバッテリーは5000mAh搭載しています。試しに待機時間がどれくらい行けるのか検証するためにWi-fiがオンの状態で15日間ほどタブレットを放置していましたが、なんとバッテリー切れせずに21%を残して使える状態でした。一度フル充電しておけば使わない状態でも2週間以上余裕で持つようです。このバッテリーの持ちはすごいですね。

Antutuベンチマーク

Dragon_Touch_MAX10_042.jpg

Antutuベンチマークは約91000となっています。13000円で買えるタブレットしてはかなり高い数値が出ています。1万円くらいのタブレットだと大体スコアは50000以下がいいところなのですが、Dragon Touch MAX10はかなり優秀ですね。

激安10インチ中華タブレットのALLDOCUBE iPlay10 Proを使ってみた!

ちなみに以前レビューで紹介したALLDOCUBE iPlay10 Proも同価格帯で購入できるタブレットで、1万ちょっとで買えるのですが、こちらは45000と約半分のスコアしかでませんでしたからね。そう考えるとDragon Touch MAX10は2倍近いスコアが出ているので、CPUスペック的にもかなり差があります。Dragon Touch MAX10は価格が安いのに非常に優秀ですね。

Dragon Touch MAX10の使用感について

Dragon_Touch_MAX10_030.jpg

Dragon Touch MAX10の使用感についてですが、普通にネットを使ったり、動画を見たりするのには十分すぎる性能があります。動画に関してもデュアルスピーカー搭載なので音もそこそこの出力で出してくれます。画面が綺麗で解像度も1920x1200あるので、電子書籍用途で使うのもありです。

ゲームについてですが、普通のゲームは余裕で動きますが、3D系のものはちょっと厳しいですね。動かないわけではありませんが、品質を下げたりする必要はあると思います。ALLDOCUBE iPlay10 Proでは明らかにカクつく場面でもDragon Touch MAX10なら普通に動いてくれます。Antutuも90000以上ということで3Dゲーム以外の普段遣いではストレスになる場面はほとんど無いでしょう。この15000円以下という価格帯でこれだけのスペックで発売してるメーカーの努力はすごいと思います。

Dragon Touch MAX10の動画レビュー

Dragon Touch MAX10の動画レビューを撮影しました。こちらの動画では同価格帯のALLDOCUBE iPlay10 Proと比較しつつ使用感をレビューしています。興味のある方はぜひこちらも御覧ください。また、動画レビューがよかったらチャンネル登録と高評価を押して頂けると幸いです。

Dragon Touch K10について

[進化版]Dragon Touch タブレット 10.1インチ Android 9.0 RAM2GB Notepad K10 Android Tablet公式ページ

ちなみにMAX10よりも性能が下がりますが、価格は10000円で購入可能なDragon Touch K10もあります。こちらは解像度が1280x800でCPUもクアッドコアとだいぶ性能が落ちますが、それでも格安なタブレットを探している場合はこちらも選択してとしてはありです。ただし、スペック的に3Dゲームなどの用途には向かないので、ネット閲覧、動画再生、電子書籍をメインに使用するタブレットとなります。

Dragon Touch

Dragon Touchでは今回紹介したタブレット以外にも、コスパに優れた様々な製品を取り扱っています。興味のある人はぜひ公式サイトを覗いてみてはいかがでしょうか?

今回の個人的感想&まとめ

今回はコスパ最高の10インチタブレットのDragon Touch MAX10のレビューでした。Dragon Touch MAX10ですが、あのスペックでなおかつAntutuで90000以上のスコアを出しているのに15000円以下で購入できるのは本当にすごいですね。私が購入した当時はAmazonのページ内クーポン使用で13000円で購入することができました。

やはりantutuも50000以下のスコアのタブレットでは、使っていると所々でスペック不足を感じることがあり、そういう細かい部分でストレスがたまるのですが、Antutuも90000以上のスコアがあれば普段使いではそういうことはほとんど感じません。

このタブレットでもちょっとしたゲームなら余裕で動きますが、3Dゴリゴリのゲームには向きません。プリコネくらいのゲームなら普通にできますので、そういったちょっとゲームをするくらいの使い方の場合にはコスパがかなり良くてとてもおすすめです。

Dragon Touch MAX10の評価

総合評価
4.1
おすすめ
4.5
デザイン
3
価格
5
性能
4
  • 15000円以下で買えるコスパの良い10インチタブレット
  • 非常に安い価格の割にスペックは高め
  • Antutuベンチマークで91000
  • 3Dバリバリのゲーム用途には向かない

ぜひ興味のある人はDragon Touch MAX10を購入してみてはいかがでしょうか? コスパ最強10インチタブレットDragon Touch MAX10を購入する!

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

Most Popular

Now loading...

NetaGear RSS News

Now Loading