1. Home
  2. ガジェット
  3. 周辺機器
  4. ドライブレコーダーAPEMAN C550を内装を剥がしてミラココアに取り付けてみた!
Article

ドライブレコーダーAPEMAN C550を内装を剥がしてミラココアに取り付けてみた!

ガジェット > 周辺機器 
APEMAN_C550_040.jpg

私の母の車にはドライブレコーダーがついていないので今回はAPEMAN C550という5000円以下で購入可能な激安ドライブレコーダーを自分で取り付けてみました。こういうのもプロに取り付けを依頼すればお金がかかってしまいますが、DIYすれば無料なのでとりあえずやってみるという気持ちが大事です。

自分で取り付けるのもやり方を知ってしまえばそんなに難しいことはないのです。特にシガーソケットから給電するタイプは取り付けが簡単なので、ドライブレコーダーを自分で取り付けるのに興味のある人はぜひ試してみることをおすすめします。

ドライブレコーダーAPEMAN C550のレビュー

APEMAN_C550_002.jpg コスパ最高なドライブレコーダーAPEMAN C550を使ってみた!

先日書いたAPEMANのドライブレコーダーC550のレビューです。5000円以下で購入可能なドライブレコーダーで高画質な録画可能な機種として非常にコスパの高い製品です。今回車に取り付けたドライブレコーダーもこのAPEMAN C550です。APEMANはコスパの良い激安なドライブレコーダーを多数販売しているメーカーなのでおすすめです。

ドライブレコーダーAPEMAN C550の取り付け方

取り付け方

今回は私が実際にドライブレコーダーAPEMAN C550を内装を外して取り付けたときの記録を説明していきたいと思います。用意するものは以下の通りです。

用意するもの

  • ドライブレコーダー
  • 内装剥がし
  • 軍手
  • スポンジ
  • 結束バンド
パワーシード Powseed 内張り剥がし

内装剥がしについては、あれば楽ですが無くてもできないことはありません。私は今回はなしでやりました。ちなみにスポンジはバックカメラの位置を調節するためとバックドアとガラスの隙間でケーブルを抑えるために使いました。ホームセンターで100円くらいで売っているものです。車によっては必要ないと思います。

取り付けに関しての注意点としては、とにかくケーブルが見えないように心がけることです。ケーブルが見えてしまうと見栄えが非常に良くないので、ケーブル類はできる限り内装の中にいれるようにしましょう。

APEMAN_C550_041.jpg

まずはドアを開けて水を避けるためのゴム部分を外します。

APEMAN_C550_030.jpg

このように上の内装のリベットを引っ張って外します。内装剥がしがあれば中に差し込んでテコの原理で簡単に外せますがない場合は慎重に指を入れて剥がします。

APEMAN_C550_031.jpg

シガーソケットに給電用コードを差し込みます。

APEMAN_C550_033.jpg

ケーブルを這わせてグローブボックスの裏側からケーブルを入れます。

APEMAN_C550_032.jpg

さらにグローブボックスから最初に内装を剥がした横のところに、裏側からケーブルを通していきます。

APEMAN_C550_040.jpg

ドライブレコーダーをフロントガラスに両面テープを使って貼り付けます。ケーブルは上の内装の中に入れてあげて見えないように内側に這わせます。余ったケーブルは先程剥がした内装の部分に結束バンドなどで固定しておきましょう。

APEMAN_C550_034.jpg

次はバックカメラを取り付けます。今回はバックドアに取り付けました。位置の関係で高さをかさ増ししないとうまく映らなかったのでホームセンターで100円くらいのスポンジを買ってきてそれを切って取り付けました。

APEMAN_C550_035.jpg

ケーブルはガラスとバックドアの隙間に入れて中にスポンジを入れて抑えています。

APEMAN_C550_036.jpg

ちなみにスポンジはNRスポンジというやつです。100円以下で購入できます。こんな感じで細く切ってケーブルを抑えています。

APEMAN_C550_037.jpg

バックドアも同様にゴムを取り外していきます。

APEMAN_C550_038.jpg

そして先程と同様に内装を軽く剥がしてケーブルを中に通していきます。このあとは同じ様に横のドアのゴムを外して上の内装の隙間にケーブルを通していき、前のドライブレコーダーまでケーブルをうまく隠しながら繋げます。

APEMAN_C550_039.jpg

バックドアにバックカメラを設置したらこんな感じになりました。これなら運転中もじゃまにならないです。

APEMAN_C550_042.jpg

ケーブルの途中に膨らんでいる部分があったため、中に隠せない部分もありました。ですが、この部分とシガーソケットの部分以外は完全に内装の中にケーブルを隠すことができたので、見た目的には全く気にならなくできました。最初は難しいかと思っていましたが、やってみると簡単にできたので自分で設置するのはおすすめです。

今回の個人的感想&まとめ

今回はちょっと今までとは違ったドライブレコーダーの取り付け方法という珍しい記事でした。本当は途中の写真ももっと撮影していたのですが、ミスって画像がちゃんと保存されていなかったというショックな事件が起きてしまいました。途中の画像が抜けていますが、やっていることはゴムパッキンを外して内装を剥がしてケーブルを通すだけと手順は一緒なので問題ないとは思いますが、記事が少し中途半端な感じになってしまいましたね。

車の内装を剥がすというのはやったことはなかったのですが、手順さえ知ってしまえば私のような素人でもできてしまいました。自分で設置すれば工賃は無料ですし、時間のある人は自分でドライブレコーダーを取り付けるという選択肢は十分ありでしょう。母も喜んでくれたので良かったです。

ぜひ興味のある人はドライブレコーダーを自分で設置してみてはいかがでしょうか? 【令和最新版】APEMAN ドライブレコーダー 前後カメラ 32GB SDカード付きを購入する!

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

Most Popular

Now loading...

NetaGear RSS News

Now Loading