1. Home
  2. ガジェット
  3. 生活家電
  4. パナソニック食器洗い乾燥機 プチ食洗NP-TCR4のレビュー!低価格ながらも必要十分!

パナソニック食器洗い乾燥機 プチ食洗NP-TCR4のレビュー!低価格ながらも必要十分!

Panasonic_NP-TCP4_026.jpg

今回はパナソニックの食器洗い乾燥機 プチ食洗 ホワイト NP-TCR4についてのレビューを書きたいと思います。パナソニックのプチ食洗NP-TCR4は、国内メーカーながら3万円台という低価格で販売している食洗機です。怪しい中華食洗機を選ぶならパナソニックの方がいいと思い、プチ食洗NP-TCR4を選択しました。

NP-TCR4の購入価格についてですが37000円で購入しました。NP-TCR4はすでに型落ちとなっており、現行ではNP-TCR5としてマイナーチェンジモデルが販売されています。本体サイズや機能自体もほぼ変わっていませんので、安い方を購入しましょう。

パナソニック NP-TCR5とNP-TCR4の違い

パナソニック 食器洗い乾燥機 洗うと同時に食器の除菌「ストリーム除菌洗浄」 (ホワイト) NP-TC

パナソニックのNP-TCR5とNP-TCR4の違いについてですが、基本的にサイズや仕様などはほぼ一緒で、NP-TCR5では食器の除菌ができる「ストリーム除菌洗浄」が追加されたマイナーチェンジモデルという感じです。簡単に行ってしまえば中身はほぼ一緒です。どちらを購入するか悩んでいる人は安い方を購入すればいいと思います。

パナソニック 食器洗い乾燥機 SOLOTA NP-TML1-W タンク式 工事不要 コンパクトタイプ

今回のNP-TCR4は3人用の食洗機となっています。1人で使う場合は1人用のSOLOTA NP-TML1-Wがおすすめです!

パナソニック食器洗い乾燥機 プチ食洗NP-TCR4のレビュー!

Panasonic_NP-TCP4_005.jpg

長いピンで食器がセットしやすい「ワイヤーカゴ」を採用し、水筒やどんぶり鉢もセットしやすいデザイン。熱に弱いプラスチック食器も洗える「低温ソフトコース」。汚れをしっかり溶かして除菌 「バイオパワー除菌」など、きれいに洗える機能を多数用意しています。

パナソニック 食器洗い乾燥機 プチ食洗 ホワイト NP-TCR4-W

仕様

品番
NP-TCR4
庫内容積
約24L
食器点数
18点
消費電力量
約600Wh
標準使用水量
約9L
運転時間
約99分/約94分(50Hz/60Hz)
本体サイズ
470×460×300mm
重量
約12kg
電源コード
約1.9m
運転コース
標準コース、スピーディコース、低温ソフトコース、乾燥のみコース
運転音
約41dB/約43dB(50Hz/60Hz)

Panasonic_NP-TCP4_000.jpg

かなり大きめの箱で届きました。

Panasonic_NP-TCP4_001.jpg

箱は上だけ取れるタイプになっています。本体が重いのでこのタイプの箱は、ユーザーにとってありがたいです。

Panasonic_NP-TCP4_002.jpg

このような感じで箱の中から重い食洗機を持ち上げて出す必要がありません。この仕組みの箱は洗濯機などでも採用されているものですが、重いものだと本当にありがたいです。

内容物

Panasonic_NP-TCP4_004.jpg

付属品の内容物は以下のとおりです。

  • 給水ホース
  • 排水ホース
  • クリップ
  • 固定用吸盤
  • 説明書
  • 試供品洗剤

食洗機本体

Panasonic_NP-TCP4_005.jpg

食洗機本体です。白を貴重としたシンプルなデザインになっています。

Panasonic_NP-TCP4_015.jpg

横からの画像です。以前使っていた食洗機に比べてかなりスリムな横側になっています。

Panasonic_NP-TCP4_007.jpg

フロントパネルには「コース」「スタート・一時停止」「切」「入」の4つのボタンだけのシンプル構成です。

Panasonic_NP-TCP4_008.jpg

台所用液体洗剤は使えませんという注意書きのシールが付いていました。

Panasonic_NP-TCP4_009.jpg

開閉用のボタンは大きめのものがついています。

Panasonic_NP-TCP4_010.jpg

フタを開けるとこのような感じです。

Panasonic_NP-TCP4_011.jpg

このようにワイヤーカゴを前に引き出すことができます。お皿を入れやすくなっています。

Panasonic_NP-TCP4_021.jpg

ワイヤーカゴの箸入れです。3段構成になっています。

Panasonic_NP-TCP4_022.jpg

洗剤入れです。粉洗剤をここに入れて使用します。

Panasonic_NP-TCP4_012.jpg

ワイヤーカゴを取り外すとこのような感じになっています。細かいゴミはここに集まる仕組みになっています。

Panasonic_NP-TCP4_013.jpg

2つの回転洗浄ノズルがついています。

Panasonic_NP-TCP4_014.jpg

上部は排気口となっています。

Panasonic_NP-TCP4_017.jpg

背面の給水口と排水口です。

Panasonic_NP-TCP4_018.jpg

電源ケーブルです。L字型のコンセントになっています。

Panasonic_NP-TCP4_024.jpg

排水ホースと給水ホースを取り付けた状態です。

Panasonic_NP-TCP4_025.jpg

ホースはこの様に内側を這わせることができます。後ろ側にホースが出ないようになっているのは良いですね。

実際に設置してみました

Panasonic_NP-TCP4_026.jpg

実際に食洗機を設置してみました。食洗機の奥行きは30cmで、棚の奥行きは27cmで窓のサッシ部分も入れても29cmでしたが、食洗機の台座部分は少し窪んでいるデザインなのでちょうどよく収まりました。食洗機の高さは46cmなので、上の余裕は12cmくらいしかありませんでしたが排気も大丈夫そうです。

プチ食洗 NP-TCR4のデザインは前開きなので、前にはある程度の余裕が必要ですが、上にはそれほど空きがなくても大丈夫です。我が家のように置く場所に高さ制限がある場合には、NP-TCR4のような高さが低いタイプは助かります。他のモデルは65cmとか高さがあって入らないんですよね。

実際に食洗機を使用してみました

Panasonic_NP-TCP4_020.jpg

3人用となっていますが、頑張れば4人分がギリギリで入ります。パナソニックのワイヤーカゴの作りが良いのか、以前使っていたこれよりも大きいサイズの食洗機よりも皿の量が入っています。皿自体を詰めて入れることができるので、かなりの枚数が入ります。慣れてくるとこれに追加してさらに皿を入れることも可能です。コンパクトながらもこれだけ入ってくれれば十分ですね。

動作音については41dbということで、以前使っていた食洗機に比べて静かなのでとても良いです。普通に動かしていてもそこまで気にならないレベルです。油汚れに関しても問題なく落ちてくれます。やっぱり食洗機用の洗剤は、普通に手洗いする用に比べても強力なものなので、きれいに落ちます。ご飯が固まっていたりするとさすがにそのまま落とすのは難しいですが、洗う前にお湯につけておけばしっかり落としてくれますね。

やはり全自動で全部洗って乾燥までしてくれるのは本当に便利です。終わったら棚にお皿をしまうだけで終わりです。皿洗いってなにげに時間を取られる作業なので、これが毎日10分ほど時短になるだけでも、年間では3650分の差になります。つまり年間で60時間の節約になります。水道代や光熱費についても、普通に洗うよりもお湯の量を減らせるので経済的です。

蛇口に取り付ける分岐水栓について

GreenLife_SJC-03_018.jpg グリーンライフ コネクター シャワー付き蛇口コネクター混合水栓用 二又タイプ 泡沫水栓対応 5.3×

分岐水栓にはグリーンライフのSJC-03を取り付けました。蛇口に取り付けるタイプの分岐水栓は、水道工事の必要なく手軽で誰でも取付可能というメリットが良いです。価格も2000円とそれほど高くありません。ただし、この分岐を使用すると問題もあります。たまに間違えて水道を締めてしまうことがあるのですが、その際に水を給水できずにエラーで警告音がなります。その場合は動作を継続できずに最初から洗い直しとなります。

これについては、エラーで警告を出すのは良いのですが、なぜボタンを押して動作再開できるようにしてくれなかったのか開発者に問い詰めたいところです。このせいでたまに最初からやり直しになり、無駄な水道と電気代と時間がかかります。Panasonic製品ってこういう部分の作りやUIが微妙で、ちゃんと考えられてないものが多いのが本当にもったいないです。動作検証とかテストしたときに誰も何も気が付かないんですかね?

今回の個人的感想&まとめ

今回はパナソニック 食器洗い乾燥機 プチ食洗 ホワイト NP-TCR4のレビューでした。以前は中華メーカーの分岐水栓が必要ないタンク式のものをつかっていたのですが、そちらが故障したのでちゃんとしたメーカーの食洗機で値段が手頃なものということでNP-TCR4を購入してみました。価格は37000円くらいでした。

実際に使ってみた印象としては、正直これで十分かなという感じです。サイズ感は大きくなく、3~4人くらいの食器であれば入ります。動作音に関してもそれほどうるさいわけではないので良かったです。洗い残しはほとんどありません。もちろん、ごはんがこびりついて固くなった状態でそのまま入れたりすると残ったりすることはありますが、少しお湯につけてから入れればそういう問題はありません。油がついているような皿でもしっかりきれいに落としてくれています。

サイズ感が前の食洗機よりも小さくなったので置く場所がスマートになったのもプラスです。実はこのNP-TCR4以外にもいくつか選択肢もあったのですが、こちらは上に開閉するタイプで置く場所の高さが足りず諦めました。前に飛び出す分には全然問題ないのですが、上に開閉で場所をとるタイプはマジでやめて欲しいですね。

あと一つだけ文句があるとすれば、私の家では蛇口に分岐水栓が締められていることによるエラー時の動作だけですね。これだけは本当に改善して欲しいですね。それ以外についてはほぼほぼ満足できています。低価格の食器洗い乾燥機を探している人は、NP-TCR5かNP-TCR4はおすすめです!

  • Panasonicの低価格な食器洗い乾燥機
  • 3~4人の食器を洗うことができる
  • 油汚れもしっかり落としてきれい
  • エラー時には最初からやり直しになる

パナソニックのNP-TCR4かNP-TCR5を購入してみてはいかがでしょうか? パナソニック 食器洗い乾燥機NP-TCR4

プロフィールアイコン

パソコンやスマホなどのガジェットに興味があり、大学で情報工学の勉強してシステムエンジニアに。ブログ歴は15年以上。ITの専門的な知識はそこそこあり、国家資格の情報処理技術者試験のスキルレベル4「情報セキュリティスペシャリスト」や「ネットワークスペシャリスト」などを取得。

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY