1. Home
  2. ガジェット
  3. 周辺機器
  4. 完全防水IPX7&360度のTribit StormBox bluetoothスピーカーを使ってみた!
Article

完全防水IPX7&360度のTribit StormBox bluetoothスピーカーを使ってみた!

ガジェット > 周辺機器 
Tribit_StormBox_011.jpg

今回は完全防水IPX7に対応したBluetoothスピーカーであるTribit StormBox bluetoothスピーカー BTS30を紹介したいと思います。お風呂場などで使用可能なIPX7に対応しており、さらに今回のBluetoothスピーカーはなんと360度にサウンドが広がるスピーカーで全方位で音楽を楽しむことが出来ます。

以前に紹介したTribit MaxSound Plus Bluetoothスピーカーも完全防水で水に沈めても再生し続ける高品質&高音質なスピーカーだったので今回のTribit StormBox スピーカーも非常に期待しております。

Tribit StormBox bluetoothスピーカー BTS30のレビュー!

完全防水IPX7のTribit MaxSound Plus Bluetoothスピーカーを使ってみた!

Tribitのスピーカーは、以前に記事で書いた「完全防水IPX7のTribit MaxSound Plus Bluetoothスピーカーを使ってみた!」の記事もあるので興味があればぜひこちらもご覧ください。こちらは今回のTribit StormBox スピーカーよりもお安いですが、360度スピーカーではありません。しかし、Tribit MaxSound PlusもIPX7の完全防水対応なので、水に沈めても大丈夫なスピーカーとなります。

Tribit StormBox bluetoothスピーカー BTS30のレビュー!

Tribit_StormBox_001.jpg Amazon | Tribit bluetooth スピーカー ワイヤレススピーカー

北米で大人気

世界的に権威のあるアメリカの代表的日刊紙ニューヨーク・タイムズ(The New York Times)より紹介されたのTribit MaxSound Plus bluetooth スピーカーはおすすめ商品として人気メデイアに高評価されました。信頼できる人気メーカーの新型ブルートゥーススピーカーを是非お試しください。また安心なる18ヶ月保証、24時間カスタマーサポート、ご質問があれば、いつでもご連絡ください。

独自のX-Bass技術&クリアな音質

独自のX-Bass技術を採用し、重厚なサウンドを実現して、音楽ホールような強い臨場感が作られます。より原音に近いサウンド、室内だけではなく屋外でも満足度の高い音が聞き取れます。内蔵された高品質のマイクと、先端技術を採用されているので、重低音と迫力のある高音質が特徴です。また、低音を強化する先端技術を採用しているので、クリアな音質としっかりした低音を実現しています。

完全防水

IPX7相当の防水対応で、お風呂、キッチンだけでなく海やアウトドアでも安心して使える防水性能は、水深3mの水中にbluetooth スピーカーを最大30分間没しても浸水しない。どこでも音楽を楽しんで利用できます。

20時間連続再生&30mの通信距離

5200mAhの大容量バッテリーを搭載し、20時間の連続再生ができて、一日中音楽が聴くことが実現できます。Bluetooth4.2技術を搭載されたTribit 360度スピーカー は汎用性高くて、高速かつ途切れのないペアリングにより、iPhone、Androidなどの全ての機種に対応できます。また、Bluetoothの電波をさえぎる障害物のない、約30m以内の距離であれば接続可能です。

高級感のあるデザイン&携帯に便利

人間工学に基づいてデザインと表面加工は滑り止めマットを採用して、指紋も付きにくいです。手にしっくり馴染む曲面ボディが高級感を演出します。コンパクトで屋内はもちろん、屋外でも簡単に音楽を持ち運び可能です。

仕様

モデル
BTS30
Bluetooth仕様
Bluetooth 4.2
Bluetooth通信距離
約30メートル
連続再生時間
約20時間
本体重量
500g
外形寸法
約180.0x68.77x68.77(mm)
バッテリー
3.7V/5200mAh

パッケージ

Tribit_StormBox_002.jpg

箱は白とオレンジを基調としたかっこいいデザインの箱に入っています。

Tribit_StormBox_003.jpg

箱の裏面には仕様が書かれています。ちゃんと技適マークも記載されているので安心して日本国内で使用可能です。

Tribit_StormBox_004.jpg

箱の横側です。「Waterproof」「XBASS」「Speakerphone」「Long Battery Life」「Superior Sounds」と書かれています。

Tribit_StormBox_005.jpg

「Welcome to be Tribit Super User」とURLが記載されています。

Tribit_StormBox_006.jpg

箱を開けるとこんな感じにスピーカーが入っています。

内容物

Tribit_StormBox_007.jpg
  • スピーカー本体
  • microUSBケーブル
  • 説明書

説明書

Tribit_StormBox_009.jpg

説明書です。説明書は日本語や英語を含む6ヶ国語で説明が書かれています。

Tribit_StormBox_008.jpg

日本語でしっかり書かれているので安心ですね。

ケーブル

Tribit_StormBox_010.jpg

ケーブルはmicroUSBです。

スピーカー

Tribit_StormBox_011.jpg

スピーカー本体です。スピーカーは表側に+、○、-の3つが大きく描かれているポップで特徴的なデザインです。

Tribit_StormBox_012.jpg

Tribitのロゴが書かれています。表面は網目状になっています。

Tribit_StormBox_013.jpg

+、○、-はそれぞれボタンになっていおり、音量の調節や再生の停止・再開などが行えるようになっています。

Tribit_StormBox_014.jpg

裏面です。裏面にもボタン類が配置されています。

Tribit_StormBox_015.jpg

上が電源ボタン、真ん中がBluetoothボタン、一番下がXBASSボタンになっています。XBASSボタンを有効にすると低音が強くなります。

Tribit_StormBox_018.jpg

電源を入れると青く光ります。XBASSが有効の場合は白く光ります。

Tribit_StormBox_016.jpg

AUXとDC 5Vの端子部分です。普段は防水のためにキャップされています。

Tribit_StormBox_017.jpg

蓋を開けるとこんな感じになっています。AUXが搭載されていますが、この部分は防水ではないので有線での使用は水がない時のみに限られます。

Tribit_StormBox_019.jpg

上部にはストラップがついています。ちなみにTribit MaxSound Plus Bluetoothスピーカーにもストラップがついていました。しかし、あちらは水を吸ってしまうものでしたが、こちらはしっかりと水に濡れても問題ないストラップになっていますね。上にもTribitのロゴも書かれています。

Tribit_StormBox_020.jpg

基本的にスピーカーは立てて使用します。

Tribit_StormBox_021.jpg

こんな感じになります。なかなかかっこいいです。

Tribit_StormBox_022.jpg

正面からはこんな感じです。

比較

Tribit_StormBox_023.jpg

Tribit製スピーカーのTribit StormBox bluetoothスピーカーとTribit MaxSound Plus Bluetoothスピーカーの比較です。どちらも出力24WでIPX7対応の完全防水対応なのは一緒なのですが、Tribit StormBox bluetoothスピーカーは360度スピーカーで立てて使用できるという特徴があります。さらにTribit StormBox bluetoothスピーカーは2台をペアリングしてデュアルスピーカーとしても使用できるのでおすすめです。

Tribit_StormBox_025.jpg

サイズ感はほとんど一緒です。

Tribit_StormBox_026.jpg

Tribit StormBox bluetoothスピーカーを横にした際の高さもほぼ一緒です。

Tribit StormBox bluetoothスピーカーの防水テスト

このスピーカーでみなさんが一番気になるのは防水性能ですね。IPX7ということで防水性能としては上位の性能を有しているので、ちょっと水をかけたくらいでは全く問題ありません。防水性能のテストとしてシャワーをかけたり、水に沈めてみた状態を動画で撮影してみました。

以前のTribit MaxSound Plus Bluetoothスピーカーも水に沈めても全然問題ありませんでしたし、今回のTribit StormBox bluetoothスピーカーも全く問題ありませんでした。シャワーをガンガンかけても普通に再生し続けますし、水の中に沈めてみてもそのまま再生し続けてくれました。これだけ水につけた状態でも問題ないので安心して使うことが出来ますね。水につけると音が聞こえにくくなるので、水の中での使用の際には少し音量を上げたほうが良いかもしれません。

ちなみにですが表現上は水と書きましたが、実際は40℃程度のお湯を使用して防水テストをしています。お湯をかけても沈めてみても問題ないので、お風呂場での使用でも安心して使うことが出来ると思います。

Tribit2020年新春初売りセールを期間限定で開催!

Tribit_StormBox_050.png

現在Tribit2020年新春初売りセールとして期間限定でTribit製品が値引きされています。また、クーポンコードを使用することでさらに20%OFFで購入可能ということでTribit製品を購入するチャンスです!ぜひこの機会に購入してみてはいかがでしょうか?

Tribit Japan | 公式ウェブサイト

セール開催期間:2020/01/04(土)~2020/01/08(水) セール対象製品は最大1200円OFF!

『Tribit StormBox』

販売価格:6880円 セール価格:5880円 20%off割引コード:2020BTS30

『Tribit MaxSound Plus』

販売価格:5999円 セール価格:4799円 20%off割引コード:SS9NRF4H

『TribitX1イヤホン』

販売価格:3499円 セール価格:2799円 20%off割引コード:9EEBA858

『Tribit XFree move ヘッドホン ピンク』

販売価格:3499円 セール価格:2799円 20%off割引コード:2020XFREE

『Tribit XFree Color bluetoothイヤホン』

販売価格:2999円 セール価格:2799円 20%off割引コード:2020BTH31

今回の個人的感想&まとめ

今回は完全防水IPX7&360度のTribit StormBox bluetoothスピーカー BTS30のレビュー記事でした。デザインはポップですが、かなりしっかりとしたスピーカーとなっています。前回Tribitのスピーカーは水に沈めてみたりしていろいろ試してみましたが、水に入れても普通に音楽が再生可能で素晴らしいスピーカーでした。今回のTribit StormBox スピーカーも同様で素晴らしいですね。

防水性能は間違いないですし、それに加えてこちらは360度全方位サウンドで音楽を楽しむことができるのが良いです。そして音がパワフルなので大音量で音楽を楽しみたい時にも大活躍します。モバイルスピーカーでこれだけの大音量が出せるのだからすごいです。音量はAndroidで下から4番目(全体の1/3以下)でもかなり大きいレベルの音が出せますので、出力には余裕がありそうです。

今回は1つのスピーカーしかなかったので試せませんでしたが、これをデュアルでペアリングしてデュアルスピーカーとして使えるのも面白いです。予算に余裕があればデュアルスピーカーとして使うのもありですね。一つでも360度スピーカーなので全方位に音が出せますので一つでの使用も問題ありません。デュアルスピーカーにすればより音楽を楽しむことが出来るという感じでしょう。

スピーカーとしてはTribit MaxSound Plus Bluetoothスピーカーの上位互換といった感じです。Tribit MaxSound Plus Bluetoothスピーカーより少し値段が上がりますが、Tribit StormBox bluetoothスピーカーは縦置きや360度スピーカー、ペアリングしてデュアルスピーカーとして使えるのでおすすめですね。

Tribit StormBox bluetoothスピーカーの評価

総合評価
4.5
おすすめ
5
デザイン
4.5
価格
3.5
性能
5
  • IPX7の完全防水でお風呂場でも使える
  • 2台のスピーカーでペアリングできる
  • デザインがかっこいい
  • 24Wの大迫力サウンド

ぜひ防水のBluetoothスピーカーに興味のある人は購入してみてはいかがでしょうか? Tribit StormBox bluetoothスピーカーを購入する!

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

Most Popular

Now loading...

NetaGear RSS News

Now Loading