1. Home
  2. ガジェット
  3. 周辺機器
  4. 新色ブルーが発売!Tribit StormBoxスピーカーを2台ペアリングして使ってみた!
Article

新色ブルーが発売!Tribit StormBoxスピーカーを2台ペアリングして使ってみた!

ガジェット > 周辺機器 
Tribit_StormBox_106.jpg

ちょっと前の記事で完全防水IPX7&360度のTribit StormBox bluetoothスピーカーを使ってみた!という記事でTribit StormBoxスピーカーについてのレビュー記事を書きました。今月よりTribit StormBox bluetoothスピーカーの新色ブルーが発売され、Tribit様よりそのサンプルをご提供していただいたのでそのレビューを書きたいと思います。

Tribit StormBox bluetoothスピーカーはAmazonで定価6880円ですが、クーポンを使用すると1000円オフで購入可能です。新色のブルーに関しては定価7,299円ですが、こちらもクーポンを使用すると1000円オフで購入できます。

ブラックのレビューも書いています!

完全防水IPX7&360度のTribit StormBox bluetoothスピーカーを使ってみた!

今回の新色であるブルー以外にもスタンダードな色合いのブラックのレビューも以前に書いています。ブラックに興味のある人は是非こちらの記事もご覧ください。

Tribit StormBoxスピーカーの防水性能!

Tribit StormBoxスピーカーの最大の特徴はIPX7に対応した完全防水のBluetoothスピーカーであるという点です。StormBoxスピーカーを音楽再生した状態でシャワーを掛けたり、水に沈めたりしても全く問題ありません。お風呂場で使っても大丈夫な防水性能があります。Tribit StormBoxスピーカーの防水性能については、過去に実際に沈めた動画を撮影しているのでそちらの動画をご覧ください。

Tribit StormBoxスピーカー(ブルー)のレビュー!

Tribit_StormBox_102.jpg

北米で大人気

世界的に権威のあるアメリカの代表的日刊紙ニューヨーク・タイムズ(The New York Times)に紹介されたTribit MaxSound Plus bluetooth スピーカーはおすすめ商品として人気メデイアに高評価されました。Tribit StormBoxスピーカーはそのMaxSound Plusの上位製品で2台のスピーカーでペアリング可能なスピーカーになっています。安心なる18ヶ月保証、24時間カスタマーサポート。

独自のX-Bass技術&クリアな音質

独自のX-Bass技術を採用し、重厚なサウンドを実現して、音楽ホールような強い臨場感が作られます。より原音に近いサウンド、室内だけではなく屋外でも満足度の高い音が聞き取れます。内蔵された高品質のマイクと、先端技術を採用されているので、重低音と迫力のある高音質が特徴です。また、低音を強化する先端技術を採用しているので、クリアな音質としっかりした低音を実現しています。

完全防水

IPX7相当の防水対応で、お風呂、キッチンだけでなく海やアウトドアでも安心して使える防水性能は、水深3mの水中にbluetooth スピーカーを最大30分間没しても浸水しない。どこでも音楽を楽しんで利用できます。

20時間連続再生&30mの通信距離

5200mAhの大容量バッテリーを搭載し、20時間の連続再生ができて、一日中音楽が聴くことが実現できます。Bluetooth4.2技術を搭載されたTribit 360度スピーカー は汎用性高くて、高速かつ途切れのないペアリングにより、iPhone、Androidなどの全ての機種に対応できます。また、Bluetoothの電波をさえぎる障害物のない、約30m以内の距離であれば接続可能です。

高級感のあるデザイン&携帯に便利

人間工学に基づいてデザインと表面加工は滑り止めマットを採用して、指紋も付きにくいです。手にしっくり馴染む曲面ボディが高級感を演出します。コンパクトで屋内はもちろん、屋外でも簡単に音楽を持ち運び可能です。

仕様

Bluetooth仕様
Bluetooth 4.2
Bluetooth通信距離
約30メートル
連続再生時間
約20時間
本体重量
500g
外形寸法
約180.0x68.77x68.77(mm)
バッテリー
3.7V/5200mAh

Tribit_StormBox_101.jpg

箱は以前のブラックと同じものの様ですね。外観の違いなさそうです。

Tribit_StormBox_103.jpg

裏面を見るとSKU:E02-1566N-38(Blue)となっていました。

Tribit_StormBox_104.jpg

開けてみるとしっかり青いスピーカーが入っていました。

内容物

Tribit_StormBox_105.jpg

内容物は以下の通りです。

  • スピーカー本体
  • microUSBケーブル
  • 説明書

スピーカー

Tribit_StormBox_106.jpg

スピーカー本体です。スピーカー自体は青かなり際立つ派手な色合いです。ド派手なスピーカーが欲しい、青が大好きという人におすすめですね。

Tribit_StormBox_107.jpg

Tribitのロゴも小さくですが入っています。

Tribit_StormBox_108.jpg

3つのボタンがあり、プラスとマイナスが音量ボタン、丸が再生・一時停止ボタンとなっています。

Tribit_StormBox_109.jpg

裏面です。裏面には電源ボタンなどがついています。

Tribit_StormBox_110.jpg

上から電源ボタン、4つのライトによるバッテリー残量、Bluetoothボタン、XBASSボタンとなっています。

Tribit_StormBox_112.jpg

電源を入れるとこの様に光ります。バッテリー残量は箱を開けた初期状態で3/4でした。

Tribit_StormBox_111.jpg

下の方にはAUXとDC 5Vが用意されています。IPX7の防水性能を得るために基本的にケーブル類はフタで隠されています。

Tribit_StormBox_113.jpg

開けるとこんな漢字です。充電はmicroUSBケーブルで行います。AUXも用意されているので、3.5mmのケーブルを挿すことで外部からの音声を再生することもできます。AUXを使うには3.5mmのケーブルは別途購入する必要があります。

Tribit_StormBox_114.jpg

上部にもTribitのロゴが入っています。短いトラップも付いているので持ち運びもしやすいです。

立てた状態

Tribit_StormBox_117.jpg

Tribit StormBoxスピーカーは基本的にこのように立てて使用します。

Tribit_StormBox_116.jpg

正面からの画像です。

ブラックとの比較

Tribit_StormBox_119.jpg

ブラックとの比較です。基本的にカラー以外は基本使用は全て一緒です。

Tribit_StormBox_121.jpg

上部はこんな感じです。

ノートPCの横に

Tribit_StormBox_123.jpg

ノートPCの左右に置いてみました。カラーが違うので少し違和感がありますが、2台置くといい感じになります。2台並べて使用する前提であれば、カラーは揃えたほうがかっこいいと思います。

Tribit_StormBox_124.jpg

やはり2台置いたほうがバランスがいいですよね。スマホのスピーカーとして使う以外にもノートPCなどのスピーカーとしてもおすすめです。

2台をペアリングしてデュアルスピーカーにする方法!

ペアリングの方法や再生などは動画を作成したのでそちらをご覧ください。簡単な手順は下記にも記しておきます。

スピーカー同士のペアリングを行う方法についてですが、スピーカーの電源を2台とも入れます。1台目のスピーカーのBluetoothボタンを5秒位長押ししてペアリングモードにします。続いて2台目のBluetoothボタンを押すとペアリングされます。2台のペアリングが成功すると1台目だけ電源ボタンが点滅している状態になります。あとは1台目のスピーカーとスマホなどをペアリングしてあげると両方のスピーカーから音が出るようになります。

※スピーカーのペアリングに関しては、音を聞いた感じでは2台連携することでステレオ再生できるわけではないようです。いわゆるスピーカー同士が同期して同時再生しているようです。

2回目以降

一度2台でのペアリングが完了してしまえば、次回からは電源を入れるだけで2台でデュアルスピーカーとして使用可能となります。なので、毎回2台でペアリングするなどの面倒な作業はしなくても大丈夫な様になっています。これはありがたいです。電源を入れるだけなので2台で使うときも気軽に使うことができます。

操作

2台でペアリングしている状態での操作性についてですが、ペアリングしていると片方の電源を切るともう一つの電源が自動で切れます。これはすごいですね。こういう細かいところまで考えられているのはありがたいです。音量なども同期されているので片方で下げると両方の音量が下がります。2台のボタンを押して音量調整する必要がないので楽です。逆に言うと、片方だけ大きくするというような使い方はできないので注意が必要です。

大迫力

Tribit StormBoxスピーカーは1台でも24Wと持ち運び可能なBluetoothスピーカーとしてはかなりの出力なのですが、これが2台になるとものすごい大迫力です。Tribit StormBoxスピーカーの音質がいいのは前のレビューでも書きましたが、それに加えて据え置きのスピーカーのように大迫力なサウンドを楽しむことができます。360度スピーカーなので、向きなどを気にしなくてもOKですし、。低音強化機能であるXBASSを有効にすると、低音もめっちゃ出ますし、Bluetoothスピーカーとは思えない音を楽しむことができます。

Tribit StormBoxスピーカーのクーポンコード!

Tribit_2020_spring_002.png Tribit Japan | 公式ウェブサイト

現在Tribitは2020/03/25(水)~2020/03/29(日)の限定期間で新発売製品Tribit『StormBox-ブルー』を購入すると、¥1300円off!StormBox-ブラック』を購入すると、¥1000円off!となるクーポンコードを公式サイトで配布しています。また、対象商品『StormBox-ブルー』と『StormBox-ブラックー』を2点同時購入で割引価格よりさらに¥279円offの特別価格でてにはいります。 合計¥2579円引!( レジでプロモーションコードNSJ2ZL2Tを入力してください。 )

Tribit_2020_spring_001.png Tribit StormBox-ブルー

販売価格:¥7,299円 セール価格:¥5999円

¥1300円off割引コード:LBK4IXYT

Tribit StormBox-ブラック

販売価格:¥6880円 セール価格:¥5880円

¥1000円off割引コード:WNOYZTDZ

今回の個人的感想&まとめ

今回はTribit StormBoxスピーカーの新色であるブルーをTribit様よりご提供していただきました。ありがとうございました。今回のレビューではTribit StormBoxスピーカーの新色ブルーのレビューと2台でペアリングして再生してみましたが、Bluetoothスピーカーで2台をペアリングして再生できるというのは初めてだったのでとてもおもしろかったです。

無線なのに2つのスピーカーから同じ音が出てるというのはちょっと不思議な感じがしましたね。今まで使ってきたBluetoothスピーカーは1台で使うものばかりでしたので。当然のことではありますが、スピーカーの台数が増えているので音の迫力も2倍になっています。動画では2台の位置をかなり近い状態で再生していましたが、離れた位置で再生したほうがよりその効果を実感できます。Tribit StormBoxスピーカー自体が1台でも十分パワフルなスピーカーなのですが、それが2台になるとものすごいです。

Bluetoothスピーカーは1台でも持っていると便利ですが、2台合わせて使えるというのは選択肢が広がって良いですね。ちょっと持ち運んで使いたいときは1台を持って、広い場所でみんなで音楽を楽しみたいときは2台を持ってという感じで使えます。

Tribit StormBoxスピーカーの評価

総合評価
4.1
おすすめ
4
デザイン
4.5
価格
3
性能
5
  • 防水性能が高く、お風呂場でも使用可能
  • 2台でペアリングできてデュアルスピーカーとして使える
  • 24Wで大迫力なサウンドを楽しめる
  • 360度スピーカーなので音の広がりが良い

ぜひ興味のある方はTribit StormBoxスピーカーを購入してみてはいかがでしょうか? Tribit Bluetooth スピーカー (12W Bluetooth4.2 24時間連続再生) 低音強化/IPX7防水/デュアルドライバー (blue BTS30)

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY

Most Popular

Now loading...

NetaGear RSS News

Now Loading