1. Home
  2. コンピュータ
  3. PCパーツ
  4. WD_BLACK SN850 NVMe M.2 SSDのレビュー!PCIe Gen4で最大7000MB/s!

WD_BLACK SN850 NVMe M.2 SSDのレビュー!PCIe Gen4で最大7000MB/s!

WD_BLACK_SN850_SSD_011.jpg

今回はWestan Digitalのハイエンドm.2 SSDであるWD_BLACK SN850 NVMe SSD WDS100T1X0Eのレビューを書きたいと思います。SN850はWD_BLACKシリーズで、Westan Digitalの販売するSSDとしては最上位モデルで、読み込み速度と書き込み速度が高速なSSDとなっています。

今回私が購入したSN850の1TBモデルですが、現在は最新モデルのSN850XがAmazonでは16,222円で販売されています。2TBモデルが26,545円なので、こちらのほうがお得度が高いです。

WD_BLACK SN850 NVMe SSD とSN850Xとの違い

WD_BLACK 1TB SN850X NVMe 内蔵型ゲーミングSSD ソリッドステートドライブ

WD_BLACK SN850 NVMe SSDとSN850Xとの違いについてですが、SN850Xの方が新型となり、書き込み速度と読み込み速度が上昇しています。今購入するならSN850Xを購入したほうが良いでしょう

WD_BLACK 1TB SN850X NVMe 内蔵型 ゲーミング SSD ソリッドステートドライ

ちなみにSN850とSN850Xにはヒートシンク搭載モデルとヒートシンク非搭載モデルがあります。マザーボードにm2SSD用のヒートシンクが付いている場合はヒートシンク非搭載モデルがおすすめです。マザーボードにヒートシンクがない場合は、ヒートシンク搭載モデルを購入しましょう。

WD_BLACK SN850 NVMe SSDのレビュー!

WD_BLACK_SN850_SSD_002.jpg WD_BLACK 1TB SN850X NVMe 内蔵型ゲーミングSSD ソリッドステートドライブ

次世代PCIe Gen4テクノロジーは、トップクラスのゲームに最適化されました。(NASやサーバー環境には不向き)。 無理に高速の読み取り/書き込み速度は最大7000/5300MB/秒(1TBモデル)、最大1,000,000 IOPS (1TBおよび2TBモデル)。最大2TBの容量で、お気に入りのバトル対応ゲームを収納できます。ダウンロード可能なWD_BLACK Dashboardソフトウェアで、ゲーム体験をカスタマイズしてコントロールできます。コンパクトなフォームファクタ設計で接続が簡単。

仕様

本体寸法
80 x 22 x 2.38 mm
重量
7.5±1g
シリーズ
WD Black SN850
フォームファクター
M.2 2280
インターフェース
PCIe Gen4 x4
プロトコル
NVMe
シーケンシャル読み取り
7,000MB/s
シーケンシャル書き込み
5,300MB/s
耐久性(TBW)
600
動作時の温度範囲
0 ~ 70 ℃
非動作時の温度範囲
-55 ~ 85 ℃

WD_BLACK_SN850_SSD_005.jpg

箱は黒を基調としたシックなデザインになっています。

WD_BLACK_SN850_SSD_006.jpg

裏面です。製品の仕様などが英語で書かれています。

WD_BLACK_SN850_SSD_007.jpg

箱を開けるとこの様な感じでSSDが入っています。

内容物

WD_BLACK_SN850_SSD_008.jpg

内容物は以下のとおりです。

  • SN850
  • 説明書

説明書

WD_BLACK_SN850_SSD_009.jpg

説明書です。

WD_BLACK SN850 NVMe SSD

WD_BLACK_SN850_SSD_011.jpg

WD_BLACK SN850 NVMe SSD本体です。黒を基調としたデザインでかっこいいです。

WD_BLACK_SN850_SSD_012.jpg

裏面です。

以前のSSDをクローンしてみました

WD_BLACK_SN850_SSD_015.jpg

以前のPC環境をコピーするためにクローンソフトを使ってSSDをクローンしました。m.2 SSDからm.2 SSDへのコピーだったのでめっちゃ早くて驚きました。

WD_BLACK SN850 NVMe SSDの速度について

WD_BLACK_SN850_SSD_020.png

WD_BLACK SN850 NVMe SSDの速度のベンチマークをCrystalDiskMarkで測ってみました。シーケンシャルリードが7000MB/s以上、書き込みも5000MB/s以上とスペック通りの速度が出ています。

WD_BLACK_SN850_SSD_021.png

ちなみに大昔にm2がまだ日本であまり普及していない時代に、海外から輸入して購入したSumsung SM951のベンチマークを参考値として載せておきます。当時はこれでも爆速で2.5インチSATA SSDの3倍の速度でめっちゃ早いと思っていたのですが、時代の流れは残酷ですね。4倍以上もWD_BLACK SN850 NVMe SSDの方が高速という結果になっています。

SABERTOOTH X99でSamsung SM951 M.2SSD 256GBにWindowsをインストールしてみました! WD_BLACK_SN850_SSD_023.png

ちなみに高速といえばRAMディスクです。メモリ上を仮想ドライブとして使う機能で、とても高速に動作するので一時ファイルなどを置くのに使っているのですが、なんとシーケンシャルに関してはWD_BLACK SN850 NVMe SSDがRAMディスクを勝っています。ランダムアクセスはさすがにRAMディスクのほうが高速ですが、最近のm2 SSDの速さはすごいですね。

ただ、ここまで早くなっているのにもかかわらず、起動時の体感速度などはSumsung SM951からそれほど変わりません。HDDからSSDの時に感じた感動はありません。もはやSSDが性能のボトルネックにならない時代なんでしょうね。もちろんファイルの転送などは早いので、高速なSSDを導入するメリットはしっかりあります。

今回の個人的感想&まとめ

WD_BLACK SN850 NVMe SSDのレビューでした。実際にWD_BLACK SN850 NVMe SSDを購入したのは2年前なのでもうだいぶ前となるのですが、今のところ高速で安定して動作してくれています。現行だと新型のWD_BLACK SN850X NVMe SSDが主流で販売されていますね。

PCI-Express Gen4に対応ということで、読み込み速度については圧倒的に速いですね。10年前くらいに輸入して購入したsumgsungと比べるとシーケンシャルの書き込みも読み込みも4倍くらい速いです。ただし、それだけ高速だったとしても速度を実感できるかと言われると難しいですね。

HDDからSSDに変わった時はかなりの変化を感じましたが、古いm.2 SSDが新しいm.2 SSDに変わって速度が4倍になったとしてもほとんど違いがわかりません。もはやSSDが速度的にネックになることはほぼなく、大容量ファイルの読み込みとかコピー時くらいしかその速さを感じる場面はないんでしょうね。

PCI-Express Gen4は発熱がすごいという話をよく聞きますし、SSD自体は熱に弱い傾向があるので、ヒートシンクがしっかり用意したほうが良いでしょう。マザーボードに最初から用意されているもので問題ありません。もし、マザーボードにm2用のヒートシンクがなければヒートシンク搭載モデルを購入しておいたほうが安心ですね。

  • 7000MB/sの超高速なM.2SSD
  • 次世代PCIe Gen4対応で超高速な読み込みと書き込み
  • 黒を基調としたかっこいいデザイン
  • 高速な分だけ発熱はあり

WD_BLACK SN850X NVMe SSD

プロフィールアイコン

パソコンやスマホなどのガジェットに興味があり、大学で情報工学の勉強してシステムエンジニアに。ブログ歴は15年以上。ITの専門的な知識はそこそこあり、国家資格の情報処理技術者試験のスキルレベル4「情報セキュリティスペシャリスト」や「ネットワークスペシャリスト」などを取得。

Related article

COMMENT TO THIS ENTRY